スキーにはまっています。


by 幸田 晋

北海道から沖縄まで約100か所のフライトエリアと1万524人(フライヤー会員登録者数)の愛好家がいる

パラグライダーの原型はNASAが開発した、
宇宙船回収用のパラフォイル(柔軟翼)である。


スポーツとしてのパラグライダーは、1978年頃、
フランスのスカイダイバーが山の斜面から
スクエアーパラシュート(四角いパラシュート)で下りたのが始まりとされる。

日本で普及し始めたのは1986年から。

当初は滑空性能が低くスキー場のゲレンデを斜面と並行に滑空を楽しむ程度のもので飛行時間にして約3〜5分程度であった。



日本のファルフォーク社が楕円翼を採用して飛躍的に性能向上を計ることに成功してハンググライダーのようなソアリング(上昇気流による長時間フライト)が可能になった。その後、各社とも研究が進み性能の向上は続き、現在では一般のフライヤーでも2〜3時間の在空時間や地上2000m程度までの上昇ができるまでになっている。

1988年に、
NHK教育テレビで
「パラグライダー講座」が放映され
一般に知られるようになった。


1992年12月28日に日本人パイロット峰岸正弘が南アフリカ共和国クルマン地区において当時としては驚異的な263.18kmの直線飛行に成功し世界記録を樹立した。1995年にはパラグライダー世界選手権が九州でおこなわれ日本チームは地の利を生かし5位に食い込む大健闘を果たした。

競技者人口が1万人を超えたあたりからスカイスポーツというジャンルが確立されたとみなされ国民体育大会の競技種目に加わるまでに至った。2008年から新たな取り組みとして、アジアオリンピック評議会、日本オリンピック委員会と連携しオリンピックの競技種目にパラグライダーを加えてもらえるよう働きかけを進られており、その一環としてアジアオリンピック評議会が主催する2008年 第1回 バリ(インドネシア)アジアビーチ競技大会では競技種目に加えられた。

2010年現在、
北海道から沖縄まで約100か所の
フライトエリアと

1万524人(フライヤー会員登録者数)の愛好家がいる。


a0043276_4441795.jpg
a0043276_444338.jpg
a0043276_4444733.jpg
a0043276_445027.jpg
a0043276_4451677.jpg
a0043276_4452873.jpg

by kuroki_kazuya | 2011-10-04 04:11 | 写真 | Comments(0)