スキーにはまっています。


by 幸田 晋

パラグライダー 日南海岸 堀切峠 (5月) 0003

パラグライダー 

日南海岸 堀切峠 (5月)


飛行には気象条件が大きく影響し、雨のとき、風速6m/s以上の風が吹くとき、離陸場正面からの風が入らないとき、気流が大きく乱れているときなどは離陸しない様指導されている。

日本の航空法では航空機ではないため、国家資格は必要としないが、

民間航空規約では航空機とされ、単独飛行に際しては、技術と知識が必要なため、スクールやクラブに入り、飛行技術と航空理論、法規および気象学の教習を受ける必要がある。

実際に管理されたフライトエリアにおいてフライトするのには、日本ハング・パラグライディング連盟が発行する技能証(パイロット証)とフライヤー登録(第三者賠償責任保険)が有効でなければフライトすることはできない。

おおむね運転免許証と自賠責保険の関係のようなものと理解してよい。

また、海外でのフライトを行うには国際航空連盟が発行するIPPI技能証が必要となる。

日本国内では航空法に基づき、

ハンググライダーまたはパラグライダーを飛行させる空域によっては、飛行させることが禁止される場合、または飛行させる場合に事前に国土交通大臣への届出が必要な場合がある。

a0043276_32048.jpg
a0043276_321498.jpg
a0043276_322738.jpg
a0043276_323950.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-06-18 05:03 | 写真 | Comments(0)