スキーにはまっています。


by 幸田 晋

本日も、当ブログへお出で頂きまして 大変ありがとうございます

今日は、メーデー。

万国の労働者団結せよ!

働く者の日とされるメーデー、
5月1日には全世界の労働者達が
一斉に労働者の権利と政治的要求を掲げてデモンストレーションを行ないます。

ヨーロッパの歴史的文化において、もともと春を祝う日であった5月1日(メーデー)が
労働者の日となったのは、

1886年にアメリカ合衆国の労働者が
1日8時間労働を求めて立ちあがったことに由来します。
(1日8時間は労働のため、
8時間は休養のため、
8時間は自分のための時間)


1886年、連日の10時間以上労働に耐えかねた、
ニューヨーク、シカゴ、ボストンの労働者38万人以上
(事業所数は15000を超える)がストライキを敢行、いったん8時間労働を勝ち取りました。

しかし、労働者の闘いに対して経営者と国家権力は4名の労働者の射殺(シカゴ5月3日※警察官による)、爆弾を投げたこと(でっちあげ)を理由とした組合指導者の逮捕と公開絞首刑(!)
および多数の投獄で応え、8時間労働の約束は反故にされました。

このアメリカ合衆国における、時短を求めた5月1日の闘いがあった4年後の
1890年。フランス革命100周年を記念してパリに集まった
各国の労働組合・労働団体・社会主義者の代表が、
第2インタナショナルがを結成した際、

アメリカ総同盟の呼びかけにより5月1日を
アメリカの労働者と連帯し
世界中の労働者が一斉に
デモンストレーションを行うことが決められ、
そして実行されました。


この時以降、今日まで5月1日は労働者の国際的連帯行動の日「メーデー」としてありつづけているのです。

(だから、メーデーは5月1日に行わねばならす、
大企業の労働組合などのように5月1日が平日の場合、
労働者の貴重な休暇をメーデーに充てるのは、その趣旨に反します)

8時間労働の実現についていえば、
1917年のロシア革命による影響もあり、
1919年に持たれた第1回ILO(国際労働機関)総会によって、
1日8時間週48時間労働として実現したのです
(ただし日本は当時ILO未加入で長時間労働が続いていた)。

また、日本の現実は、
いまでも8時間以上労働が蔓延し、
残業賃金が支払われない会社も多くあります。


この意味からいっても
現在の日本において、
メーデーの意味は大きいといえます。


 
by kuroki_kazuya | 2014-05-01 00:05 | 日誌 | Comments(0)