スキーにはまっています。


by 幸田 晋

自民の報道批判 民主主義への挑戦だ

自民の報道批判 

民主主義への挑戦だ


東京新聞 【社説】 2015年6月27日より一部

 自民党議員からまた「暴言」が飛び出した。広告主に働き掛けて自分たちの意に沿わない報道機関を懲らしめるのだという。民主主義の根幹をなす言論の自由への重大な挑戦であり、看過できない。

 その発言は二十五日、安倍晋三首相に近い自民党若手議員が党本部で開いた勉強会であった。出席議員が、安全保障法制を批判する報道機関について「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人、民間の方々が経団連に働き掛けてほしい」などと、講師として招いた作家の百田尚樹氏に呼び掛けたのだ。

 勉強会は冒頭以外は非公開だったが、本紙を含めた報道を受けて安保法制関連法案を審議する衆院特別委員会でも問題視された。浜田靖一委員長が発言はあったと確認し、「甚だ遺憾」と述べた。

 発言の背景には安保法案への反対が依然、国民の多数を占めることへのいら立ちがあるのだろう。

 しかし、「憲法違反」と指摘される法案を国民に理解しろということ自体、無理がある。法案に批判的な報道機関に責任転嫁するような愚を犯すのではなく、なぜ自らの非を認めようとしないのか。

 報道機関の重要な収入源である広告の出稿を、広告主に要請して止めれば、報道側が音を上げ、権力が意のままに操れる。そう考えているのなら勘違いも甚だしい。

表現や言論、報道の自由は
民主主義社会の根幹をなす。

権力による
言論統制や言論弾圧が
日本を破滅的な戦争へと導いたことを
忘れてはなるまい。

自民党に限らず、
政治に携わる者すべてが
歴史を学び直すべきである。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-06-28 06:35 | 反動 | Comments(0)