スキーにはまっています。


by 幸田 晋

政治家秘書の悪事はこの国の政治の悪さのあわせ鏡である

みなさま、時間のアル時に
是非、「『天木 直人の公式ブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

政治家秘書の悪事は
この国の政治の悪さのあわせ鏡である


「天木 直人の公式ブログ」  2016年4月7日より転載

 民進党の山尾政調会長があっさりと秘書のガソリン代不正支出を認めた。

 安倍自民党政権に対する追及の出鼻をくじかれた格好だ。

 これが、安倍自民党側の野党潰しの仕業であるかどうかは知らないが、安倍自民党側は国家権力を使ってあらゆる情報を入手できる立場にあるから、スキャンダル合戦になると野党に勝ち目はない。

 しかし、私がここで言いたい事はスキャンダル合戦の事ではない。

 なぜ政治家の秘書に悪事を働くものが後を絶たないのかということだ。

 今度のガソリン代不正支出疑惑についても、山尾議員の秘書がやったことだという。

 しかも私設秘書ではない。

 先輩議員から引き継いだ公設秘書であるという。

 つまり秘書業を渡り歩いたプロの秘書だ。

 そして、今回の事件に限らず、およそ報じられる政治家のスキャンダルの多くは、もちろん秘書が政治家と結託して行った不正もあるが、今回のように政治家の目の届かないところで秘書が行った不正が実に多い。

 繰り返して問う。

 なぜ政治家の秘書には、犯罪まがいの不正を行う者が後を絶たないのか。

それは政治家秘書には
ろくでもない者が集まるようになっているからだ。

それだけ簡単に秘書になれ、
秘書をやったらやめられないほど
ううま味のある稼業だからだ。

国民の血税である政治資金を
ちょろまかせるからである。


 そして、それはそっくりそのまま、この国の政治のいい加減さ、政治家の質の悪さの、合わせ鏡なのである。

 いまの政治はまともな人間がする稼業ではない。

 だからといってまともな人間が政治に関与できないなら、政治家や秘書たちのやりたい放題だ。

 まともな人間が政治の中に入って彼らを監視、追及するような政治がどうしても必要なのである。

 しかし、それは困難な事だ。

 なぜなら、与野党をと問わず、既存の政党、政治家が結束し、新規参入を許さないしくみが出来ているからだ。

 政治こそ最大の障壁で守られている業界である。

 血税を食い物にしているだけ悪質である。

 既存の政党、政治家を全否定し、まったく新しい政治をつくらなければ、国民の為の政治などできるはずがない(了)
by kuroki_kazuya | 2016-04-08 06:05 | 政治・議会 | Comments(0)