スキーにはまっています。


by 幸田 晋

帰還少なく定住進む 本県への福島避難者

帰還少なく定住進む 

本県への福島避難者


茨城新聞クロスアイ 2/17(金) 4:00配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000002-ibaraki-l08

東京電力福島第1原発事故で福島県から県外への避難者が減少傾向にある中で、本県に避難している人たちは福島に帰還する動きが少ないと指摘されている。福島と隣接し、太平洋に面した気候も似ていることから、定住先とする人も増えている。避難者支援も新たな段階に入っている。

復興庁などによると、
福島から県外への避難者は
3万9818人(1月時点)で、
昨年同月と比べて3452人減った

今年1月時点で本県には3702人おり、都道府県別で東京の5223人、埼玉の4029人に次いで多かった。1年前と比べ、東京や埼玉が400~500人規模で減ったのに対し、茨城は22人減にとどまっている。

避難者が一時最多だった山形は、ピークだった1万3033人(2012年1月下旬)から今年1月には2652人まで減少。
本県の
ピーク時(4023人)からの減少幅は
わずか321人だ


本県の避難者が減らない背景について、茨城大の原口弥生教授(社会学)は、避難指示区域からの避難者が多い本県特有の事情を挙げる。16年春に実施したアンケートでは、回答した避難者約340人の8割以上を占めた。

避難指示区域以外からの自主避難者は山形などに多かったが、今春で避難先住宅の無償提供が打ち切られる。一方、避難指示区域では避難長期化を見込んで帰還を断念する人も増えたという。

さらに、原口教授は本県について、福島に隣接し東京も近い▽人気が高いいわき市の住宅不足が深刻で、流入してきている-との事情も指摘する。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-02-18 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)