スキーにはまっています。


by 幸田 晋

3.11からまもなく6年。福島第一原発はようやく廃炉の「入り口」に立っただけ

3.11からまもなく6年。

福島第一原発は
ようやく廃炉の「入り口」に立っただけ


週プレNEWS 2/23(木) 6:00配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00080517-playboyz-soci

東京電力福島第一原子力発電所事故から間もなく丸6年。

その節目を迎えるにあたり、東京電力が福島第一原発構内を報道陣に公開した。

同発電所の内田俊志(しゅんじ)所長が6年間の取り組みをふり返る。

「今まで労働環境の改善、汚染水の対策と、燃料の取り出しには直接関係ないところを一生懸命やってきた。ようやく山の登山口が見えてきて、今、山を登り始めたというところです」

原発事故後、本誌記者が構内取材に入るのは今回で6回目。確かに敷地内の空間線量も下がり、約9割の場所が一般服で作業できるエリアになるなど、現場の労働環境が当初より改善されていることは間違いない。

しかし、30年から40年かかるとされる廃炉作業には、まだまだ未知の領域が残されている。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-02-24 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)