スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<東電>再建なお壁高く 他社、提携に消極的

<東電>再建なお壁高く 

他社、提携に消極的


毎日新聞 3/22(水) 23:00配信 より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000127-mai-bus_all

 東京電力ホールディングス(HD)は、22日発表した事業再生計画「新々総合特別事業計画」(新々総特)の骨子で、送配電や原発など事業ごとに他社との再編を目指す方針を改めて打ち出した。だが、他の大手電力は、巨額の福島第1原発事故処理費の負担を抱える東電との提携に消極的だ。収益改善の柱と位置づける柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働も見通せず、経営再建へのハードルは依然として高いままだ。

 「送配電や原発も再編統合を目指し、企業価値を向上させる」。22日、東京都内で記者会見した東電HDの文挟誠一・常務執行役は、こう宣言した。

 東電は新々総特で、2020年代初頭に他電力大手と送電線網を一体で運営する共同出資会社などの設立を目指すと明記。まずは広域運営や資材の共同調達など送配電事業の課題について「認識を共有する場」を早期に設けるとした。原発も時期は明示しなかったが、同様に事業再編を目指す。

 他の大手電力の間では、国が議決権の過半数を握る東電と資本提携などをすれば、福島第1原発事故の処理費用の一部を負担させられかねないとの不安が根強くある。そこで共同出資会社などでは、得た収益をどれだけ配当や投資に回すかなどの経営方針について、「会社の経営に国がどこまで関与するかというルールを整備する」などと明記した。

 ただ、それでも他の大手電力の警戒は強く「具体的な方針を示してもらわないと、本当にアリ地獄に巻き込まれないか不安で信用できない」(幹部)との声が少なくない。
実質国有化が
19年度まで続く見込みとなったことも
「いつまで国が後ろに控えるんだと、不安は増した」(同)
と打ち明ける


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-03-23 06:53 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)