スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中部電協力金、残高10億円 住民に使途未公開

中部電協力金、残高10億円 

住民に使途未公開


東京新聞 2017年8月23日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082302000138.html

 中部電力が浜岡原発(静岡県御前崎市)1~4号機を建設するのに伴い、地元の住民組織に支払った総額約三十億円の寄付金のうち十億円以上が、組織の役員以外の住民に知らされないまま現在もプールされていることが分かった。住民は寄付金の残高以外に使途についても詳細を知らされておらず、透明性を求める声が上がっている。

 中部電からの寄付金は、原発建設に伴う「協力金」として1号機を着工した一九七一(昭和四十六)年当時から複数回に分けて支払われた。旧浜岡町(御前崎市)の佐倉地区対策協議会(佐対協)が保管し、4号機建設時までに少なくとも三十億円を受け取ったことが、本紙の取材で分かっている。

 佐対協は二千二十八世帯、計四千八百七十四人(今年六月現在)が暮らす佐倉地区の代表ら十七人のメンバーで構成。保管している寄付金の残高は住民に公表していないが、平林和丸会長は本紙の取材に「十億円くらいはある」と答えた。

 関係者によると、積み立てた寄付金の詳細な使途は、佐対協の役員が各年度の決算書にまとめているが、住民にはおおまかな内容が回覧板で伝えられるだけだという。
本紙が入手した決算資料には、
二〇一六年度の支出として
「防犯灯の工事」「研修費」「役員報酬」などとして
計約三千六百万円が記載されている


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-24 06:35 | オンブズマン | Comments(0)