スキーにはまっています。


by 幸田 晋

尿酸値高いとメタボの恐れ

尿酸値高いとメタボの恐れ 先行指標に活用も
8月5日8時0分配信 産経新聞より

 血液中の尿酸値が高い人は、生活習慣病につながる
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすいことを
虎の門病院健康管理センターの辻裕之医長ら研究グループが突き止め、
4日、大阪市内で開かれた
「高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム」で発表した。
人間ドックの健診データを解析したもので、
メタボリックシンドロームを予測する因子として病気の予防、診断に役立ちそうだ。

 辻医師らは昨年、同病院で8年間に人間ドックを受診した
男性約1万4500人のデータを統計的に解析した。
BMI(体重を身長の2乗で割った値)が25以上の肥満者で
高血圧、高血糖など危険因子を複数持つメタボリックシンドローム該当者と
尿酸値、尿のpHの関連を調べたところ、初診時に尿酸が7・1mg/dl以上か
尿のpHが5・5未満で酸性が強いと、メタボリックシンドロームに陥ることが分かった。
今回の発表は、約7100人の女性について調べたもので、
尿酸値が5・1mg/dl以上で有意な関連があることが示された。

 辻医師は「性別、年齢と関係なく、
尿酸値が高まれば、メタボリックシンドロームの状態になる可能性があるので
先行指標に使えることが分かった」と話している。
by kuroki_kazuya | 2007-08-06 04:09 | 日誌 | Comments(0)