スキーにはまっています。


by 幸田 晋

麻生内閣支持、17%に激減 時事世論調査

麻生内閣支持、17%に激減
「党首力」小沢氏が逆転-時事世論調査

12月19日15時4分配信 時事通信より

 時事通信社が12~15日に実施した12月の世論調査によると、
麻生内閣の支持率は16.7%と前月から22.1ポイントも激減、
不支持は前月比28.2ポイント増の64.7%に上昇した。

「首相にふさわしい政治家」を問う質問でも、
麻生太郎首相を挙げた人は23.9%にとどまり、
34.8%の小沢一郎民主党代表に引き離された。

内閣支持率が2割の大台を切ったことで、
衆院解散・総選挙の時期や自民党内の「麻生離れ」の
動きに影響を与えるのは必至。

今後、首相は一段と厳しい政権運営を強いられる。

 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。
有効回収率は66.3%だった。

 政党支持率では、自民党は前月比5.2ポイント減の18.6%。

一方、民主党も同0.9ポイント減らして13.4%にとどまり、
同党が依然として自公政権に代わる受け皿になっていないことを示した。

このほか、公明4.3%(同0.1ポイント増)、共産2.0%(同0.6ポイント増)、
社民1.1%(同0.3ポイント増)。
支持政党なしの無党派層は、同6.0ポイント増えて58.2%となった。 
by kuroki_kazuya | 2008-12-20 16:57 | 政治・議会 | Comments(0)