スキーにはまっています。


by 幸田 晋

小泉進次郎 世襲の資金力

郵政民営化の劇場型選挙で大勝した小泉純一郎
親バカです、と・・・。憲法改悪の安倍晋三も晋太郎から
数億円の世襲政治団体を・・・
自民党が今回の衆議院議員選挙で負けた要因の一つでもあろう・・・


小泉進次郎氏:団体収入の99%は元首相側の寄付
毎日新聞 2009年9月18日より

 8月の衆院選神奈川11区(横須賀市など)で
初当選した自民党の小泉進次郎氏(28)

を後援する政治団体「小泉進次郎同志会」の総収入の約99%は、
父純一郎元首相の資金管理団体の寄付だったことが、
県選挙管理委員会が18日公表した08年政治資金収支報告書から分かった。

一方、対抗馬となった民主党の横粂(よこくめ)勝仁氏(28)は
党支部のために自腹を切っており、
世襲候補との資金力の格差が浮き彫りになった形だ。【木村健二】

 小泉進次郎同志会は08年10月に県選管に設立の届け出があり、
08年の収入は355万円だった。
うち350万円は同10~12月に3回に分けて純一郎氏の資金管理団体「東泉会」が寄付し、
残る5万円は個人献金だった。

 さらに進次郎氏は08年秋、
純一郎氏の後継として自民党県第11選挙区支部の代表にも就任。

支部には繰越金約2630万円のほか、08年は約2533万円の収入もあった。
政治団体の代表交代は名義変更だけで、相続税などは課税されない。


 一方、横粂氏は愛知県出身で11区にとっては落下傘候補。
代表を務める民主党県第11区総支部に08年12月、借入金として100万円を拠出した。
総支部の他の収入は党本部からの交付金100万円、党費など約36万円しかなく、
収入の約42%を自己負担して選挙準備に臨んでいた。

 11区は進次郎氏が15万893票を獲得、横粂氏に5万票以上の大差をつけて当選した。
比例南関東ブロックで復活当選した横粂氏は「新人の中でも政治資金には苦労してきたと思う。
将来は企業・団体献金を禁止し、インターネットなどによる小口の個人献金を増やすべきだ」と話す。
民主党は衆院選のマニフェスト(政権公約)に
国会議員の世襲禁止や政治資金を取り扱う団体を親族に引き継ぐ行為の禁止をうたっている。
by kuroki_kazuya | 2009-09-22 05:46 | 政治・議会 | Comments(0)