スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:九電労組( 1014 )

<玄海原発>
来年3月上旬の4号機再稼働
 

九州電力が表明


毎日新聞 9/12(火) 20:26配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000083-mai-soci

 ◇原発4基態勢を目指す

 九州電力の瓜生道明社長は
12日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)について、
来年3月上旬の再稼働を目指す方針を明らかにした。

また、1月中を目標にしていた
玄海3号機の再稼働時期については
1月上旬と想定した

既に再稼働している川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)と合わせて原発4基態勢を目指すが、原子力規制委員会の使用前検査が状況次第で長引くこともあり、実際の再稼働時期は九電の想定よりずれ込む可能性もある。

 玄海4号機は、再稼働に必要な「工事計画」を規制委が審査中で認可されていない。ただ、既に工事計画が認可された3号機と同じ構造であるため、4号機の認可には長い時間がかからないと判断した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-13 06:58 | 九電労組 | Comments(0)
原発40年超運転の反対陳情採択 

いちき串木野市議会


MBC南日本放送 9/12(火) 18:58配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00025280-mbcnewsv-l46

川内原発の40年を超える運転に反対し、意見書の採択を求める陳情の審査が12日、いちき串木野市議会の委員会で行われ、賛成多数で趣旨採択されました。
今後、意見書案がまとめられ最終本会議に提案されます。

国は原発の運転について、「原則40年」と定めていますが、国の審査に合格すると最長20年運転延長が可能です。
川内原発では40年までに1号機があと7年、2号機があと8年に迫っていて、今後、運転延長が認められるかどうかが焦点になってくるとみられます。

12日は、いちき串木野市議会の総務委員会が開かれ、川内原発の40年を超える運転に反対し、意見書採択を求める陳情の審査が行われました。

委員からは「原発の劣化を考えれば40年運転のルールを守るべき」などの意見が出され、
陳情は、
賛成多数で趣旨採択されました


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-13 06:48 | 九電労組 | Comments(0)
<関西電力>
高浜・大飯原発同時事故訓練 

複数被害想定は初


毎日新聞 9/12(火) 22:17配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000116-mai-soci

 関西電力高浜原発(福井県高浜町)と大飯原発(同おおい町)で12日、同時に重大事故が発生したとの想定による訓練があり、関電社員ら約340人が参加した。新規制基準に合格した複数の原発の事故に備えた訓練は初めて。被害状況が異なる二つの原発に対応し、情報収集や指揮命令系統が機能するかを確認するのが目的で、住民や自治体は参加していない。

人員が手薄な休日に大規模地震が発生し、
高浜3、4号機と、
東に約14キロ離れた大飯3、4号機が
運転中に全ての電源を失ったとの想定。
「誤解を生む」として震度や震源などの想定はしていない


 大飯原発から北東に約27キロ離れた関電原子力事業本部(同美浜町)に緊急時対策本部を設置し、岩根茂樹社長が陣頭指揮をとった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-13 06:43 | 九電労組 | Comments(0)
<九州電力>3期連続で黒字確保へ 

18年3月期の業績予想


毎日新聞 9/12(火) 21:35配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000108-mai-bus_all

 ◇玄海原発3、4号機再稼働を織り込む

 九州電力は12日、2018年3月期連結決算の業績予想を発表した。玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働を織り込み、これまで未定としていた利益予想について経常利益は前期実績比31.0%減の650億円、最終(当期)利益は36.9%減の500億円とし、3期連続して黒字を確保すると見込んだ。また未定としていた配当は6期ぶりに中間配当を復活し、普通株式1株当たりの年間配当予想は20円(前期実績は15円)とした。

売上高は
前回予想を据え置き、6.4%増の
1兆9450億円を見込む

経常利益は
玄海原発3、4号機の再稼働で150億円収支が好転する一方

20年予定の発送電分離による分社化のためのシステム改修費などコスト約270億円を織り込んだため、前期実績に比べて減益となる見通し。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-13 06:35 | 九電労組 | Comments(0)
電力 業種越え再編 

首都圏向け販売新会社


東京新聞 2017年9月8日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201709/CK2017090802000124.html

 中部電力と大阪ガスは、首都圏向けに電気・都市ガスを販売する新会社を来年春にも設立する方向で調整に入った。
小売りの自由化で地域独占体制が崩れる中、
電気・ガス需要の三~四割を占める首都圏に
進出して生き残りを図る。

日本のエネルギー業界の
再編を加速させる
大型の提携構想が浮上した


 複数の関係者によると、両社は年内にも新会社設立で基本合意する構え。出資額は未定。新会社は、中部電が東京電力と設立した火力発電会社JERA(ジェラ)から電気を仕入れ、家庭向けの低圧、企業向けの高圧・特別高圧の両方を扱う。都市ガスは大ガスが東電、石油元売り最大手のJXTGと川崎市に新設する施設で製造するとみられる。東電とは電気・ガスの販売でライバル関係になるが、それぞれの製造については協力を得る。

 中部電と東電の火力発電所が二〇一九年度にJERAに統合することで、中部電は関東でも豊富な電源を得るが、営業拠点が少ない首都圏では自前での顧客開拓が難しい。大ガスと組むことでスケールメリットを発揮し、営業を強化する狙いがある。世界最大級のエネルギー会社で発電コストが安いJERAの受け皿となることで、電気料金の低減も見込める。

 一方の大ガスは、家庭向けガス販売に参入した関西電力に二十万件もの契約を奪われ、収益が圧迫されている。昨年販売を始めた電気も、原発再稼働による関電の値下げで先行きが見通せない。電気を分け合うパートナーを探す中部電と、関西以外で収益の柱をつくりたい大ガスの思惑が一致した。中部電は既に首都圏で電気を販売しているが、大ガスは電気・ガスともに首都圏で新規参入となる。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-09 06:33 | 九電労組 | Comments(0)
玄海原発、国の防災訓練終了 

離島からの避難検証
 

佐賀

佐賀新聞 9/5(火) 11:38配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00010001-saga-l41

 地震によって九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で重大事故が発生したとの想定で行われた原子力総合防災訓練は最終日の4日、原発から半径30キロ圏内の住民避難を中心に手順を確認した。地震で予定していたルートが通行できず迂回(うかい)路を避難する訓練のほか、離島では悪天候で島外へ避難できない場合を想定し、放射線防護対策施設への屋内退避も行った。

 2日目は玄海4号機の炉心損傷で放射性物質が放出し、半径5~30キロの緊急防護措置区域(UPZ)の一部住民に避難指示が出たとの想定で訓練した。

 県内にある七つの離島では、県と協力協定を結ぶ県旅客船協会、水難救済会などの船舶や自衛隊のヘリによる島外避難のほか、悪天候で島外に避難ができない想定で放射線防護対策施設への屋内退避も行った。大きなトラブルはなかったが、現実に即した内容での訓練を求める声や避難を案内する防災無線が聞こえにくいとの指摘もあった。

2日間で
佐賀県内では3905人、
福岡、長崎県などと合わせると約6500人が参加。

事前の屋内退避訓練を含めると約3万人以上に及んだ


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-06 06:48 | 九電労組 | Comments(0)
離島住民、ヘリで避難

=事故想定で広域訓練
―玄海原発


時事通信 9/4(月) 18:14配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000083-jij-soci

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町、停止中)の事故を想定した政府の原子力総合防災訓練は2日目の4日、離島の長崎県壱岐市の住民が空路で福岡県に避難するなど、県境をまたいだ広域訓練が行われた。
 
 玄海原発の半径30キロ圏は佐賀、長崎、福岡3県に及ぶ。圏内には離島が17あり、避難方法や県を越えた受け入れ体制の整備が課題となっている。

 壱岐市の住民10人は4日午後、
陸上自衛隊のヘリコプターで
北九州空港に到着

陸路で福岡県行橋市の体育館に移動した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-05 06:53 | 九電労組 | Comments(0)
<玄海原発>重大事故想定…

防災訓練が始まる


毎日新聞 9/3(日) 20:24配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000062-mai-soci

 再稼働が来年1月に計画されている九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)での重大事故を想定した国と佐賀、福岡、長崎3県の防災訓練が3日、始まった。玄海原発は周辺に多くの離島を抱え避難の課題が指摘されているが、参加者からは避難計画の実効性への不安も聞かれた。

 東京電力福島第1原発事故(2011年)後、玄海原発事故を想定した国と3県の合同訓練は初めてで、再稼働前の訓練は最後になる見通し。訓練は最大震度7の地震で玄海原発4号機の炉心が損傷し、放射性物質が放出されたという想定。

・・・(途中略)

 3日は主に原発から5キロ圏の予防防護措置区域(PAZ)の避難訓練のほか、玄海町に隣接する唐津市の離島、加唐(かから)島で、医師が不在となる週末に船が使えない状況を想定して、陸上自衛隊のヘリコプターで医師と医薬品を運ぶ初の訓練があった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-04 06:55 | 九電労組 | Comments(0)
玄海原発の訓練一部中止

=政府、北朝鮮核実験で


時事通信 9/3(日) 15:39配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000058-jij-pol

 政府は3日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町、停止中)で重大事故が起きたと想定し、原子力総合防災訓練を開始した。

 北朝鮮の核実験を受け、首相官邸で午後に予定していた安倍晋三首相の緊急事態宣言や、関係閣僚会議の訓練は中止。一部は代役を立てて進め、現地の避難訓練などは続けた。

訓練には
内閣府や原子力規制委員会、
地元自治体、周辺住民ら計約6500人が参加し、
4日まで2日間行う


玄海3、4号機は規制委の審査に事実上合格。九電は3号機について、来年1月の再稼働を目指している。

 訓練は3日午前7時半、佐賀県北部を震源とする最大震度7の地震が発生し、4号機の原子炉冷却材が漏れたと想定。首相官邸などに対策本部を設置したり、現地に内閣府副大臣らを派遣したりする手順を確認した。午後も収束に向け、関係機関の対応確認を続けた。

 佐賀、福岡、長崎3県の訓練は予定通り続行。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-04 06:45 | 九電労組 | Comments(0)
<玄海原発3号機>
1月再稼働計画
 

規制委、9月から検査


毎日新聞 8/28(月) 21:07配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000078-mai-sctch

 九州電力は28日、長期停止している玄海原発3号機(佐賀県玄海町)について来年1月中に再稼働し、2月に営業運転へ移行する計画を発表した。3号機が再稼働すれば、九電管内で稼働する原発は川内(せんだい)原発1、2号機に続き、3基目となる。ただ、今後の原子力規制委員会の検査状況次第で、ずれ込む可能性もある。玄海4号機の再稼働時期は未定。

 九電は同日、玄海3号機の再稼働に向けた使用前検査を規制委に申請した。検査は今年9月11日から始まる見込み。

 規制委は原子炉等規制法に基づき、九電の申請通りに原子炉などの設備が機能するかを現地で工程ごとに確認する。検査対象は新規制基準への対応で新設した設備が中心となる。

九電は
玄海3号機で
ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使う
「プルサーマル発電」を実施する方針


九電の計画によると、
12月にMOX燃料を含む核燃料193体を
原子炉に装着する。

来年1月に核分裂を抑える制御棒を引き抜き、
原子炉を起動させる。

再稼働から2、3日後に発電を始め

一般家庭などに電気を送る予定。

 玄海3号機は2010年12月に、4号機は11年12月にそれぞれ定期検査で停止した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-29 06:58 | 九電労組 | Comments(0)