スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:対米 従属( 693 )

落下ヘリ窓、重さ7・7キロ 

米軍、同型機の飛行中断


東京新聞 2017年12月13日 21時19分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017121301001710.html

 沖縄県宜野湾市の小学校運動場に米海兵隊普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの部品が飛行中に落下した事故で、県警は13日、落下物の重さは7・7キロと発表した。アクリル製とみられる割れた透明板が現場で散乱しており、
防衛省沖縄防衛局は、
操縦席左側の窓が
枠ごと落ちたと明らかにした


 学校などによると、運動場には約60人の児童がおり、窓は約90センチ四方で一部が欠けた状態で透明板が残っていた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-14 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
<すぐそこに米軍 首都圏基地問題>
横田空域の返還求めず
 

羽田新ルートで政府


東京新聞 2017年12月10日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121002000147.html

 東京都心上空を初めて通る羽田空港(東京都大田区)の新飛行ルートが在日米軍が管制権をもつ横田空域を一時的に通過する問題で、
日本政府が
通過空域の返還を求めない方針
であることが、
国土交通、外務両省や
米軍への取材で分かった

日米は管制業務の分担について協議を続けている。(皆川剛)

 新飛行ルートは二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向け、羽田空港の国際線の発着枠を増やすために導入される。東京湾の上を通って離着陸するこれまでの原則を変え、都心上空を通過することになる。その際、横田空域の東端をかすめることになり、国交省と米軍の実務者間で対応を協議してきた。

 現在、羽田を利用する民間機は横田空域を避けて航行しており、新ルートに合わせて〇八年以来となる空域返還の可能性も取り沙汰された。しかし、国交省管制課と外務省日米地位協定室は本紙取材に、「横田空域の削減(返還)は求めない」との見解を示した。

 国交省の担当者は「〇八年の削減で当面の航空需要には対応できており、これ以上の削減を求めるのは米軍の運用上も難しい」と説明した。

 在日米軍司令部も「横田空域のいかなる部分に関しても、永久的な返還の実質的な交渉は行っていない」と文書で回答した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:55 | 対米 従属 | Comments(0)
米ヘリ部品か 保育園に落下 

園児遊ぶ庭まで50センチ


東京新聞 2017年12月8日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017120802000125.html

 沖縄県宜野湾(ぎのわん)市で保育園に円筒状の物体が上空から落下したトラブルで、同じ時間帯に米軍のCH53大型輸送ヘリコプターが付近を飛行していたことが七日、分かった。政府関係者が明らかにした。防衛省や沖縄県警は、米海兵隊が落とした可能性が高いとみて詳しく調べる方針。

 県や県警によると、落下物はプラスチック製のようなもので、長さ約九・五センチ、直径約七・五センチ、重さ二百十三グラム。ヘリの回転翼に異常がないかを検出する計器のカバーとよく似ているという。表面に英語で「飛行前に取り外す」などと書かれていた。けが人はなかった。

 関係者らによると、七日午前十時十五分ごろ、同市野嵩二丁目の「緑ケ丘保育園」から約三百メートル西の米軍普天間(ふてんま)飛行場でCH53が離陸。約五分後、保育園で「ドン」という音がし、屋根を確認すると円筒状の物体が落ちていた。CH53は離陸後、保育園の方角に向かって飛んでいたという。米海兵隊は「われわれはこの報告を真剣に受け止め、事案を調査している」とコメントしたが、落下物の詳細を明らかにしなかった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-09 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
沖縄保育園の落下物、
米軍ヘリか 

防衛省、県警が調査


東京新聞 2017年12月7日 19時56分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017120701001466.html

 沖縄県宜野湾市で保育園に円筒状の物体が上空から落下したトラブルで、
同じ時間帯に
米軍のCH53大型輸送ヘリコプターが
付近を飛行していたことが7日、分かった


政府関係者が明らかにした。防衛省や沖縄県警は、米海兵隊が落とした可能性が高いとみて詳しく調べる方針。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-08 06:35 | 対米 従属 | Comments(0)
5発全て外れた?

中東に配備のPAC-3、
弾道ミサイルの迎撃に失敗か


BUSINESS INSIDER JAPAN  12/7(木) 12:10配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00010001-binsider-int

・サウジアラビア当局は、
首都リヤドの国際空港に向けて発射された
弾道ミサイルをPAC-3で迎撃したと述べた。
しかしニューヨークタイムズの最新記事は、
迎撃に失敗したとの見方を示した


・PAC-3の信頼性が疑問視されるなか、
サウジアラビアに敵対する武装勢力は
さらなるミサイル攻撃をほのめかしている


イランの支援を受けたイエメンの武装勢力フーシ派(Houthi)は11月、サウジアラビアの首都リヤドの国際空港に向けて弾道ミサイルを発射した。

サウジアラビア当局はこの弾道ミサイルを感知し、アメリカから購入したPAC-3からパトリオットミサイル5発を発射、これを迎撃したとしている。

PAC-3は日本や韓国でも、北朝鮮によるミサイル攻撃に備えて配備されているミサイル迎撃システムだ。

「我々のシステムがミサイルを撃墜した」とトランプ大統領。

「我々の実力が示された。我々が作っているものは、他の誰にも作れない。世界中に売っていく」

しかし、ニューヨークタイムズは最新記事で、ミサイルが空港に当たらなかったのは幸運なだけで、5発の迎撃ミサイルはすべて外れたとしている。

すなわち記事は、空港近くに落ちた弾道ミサイルの破片から判断すると、PAC-3から発射された迎撃ミサイルは弾頭には当たらず、弾頭をすでに切り離した後の、ミサイルの胴体部分に当たったとしている。

弾頭はほぼコースを維持したまま、妨害を受けずに飛行し、空港の外側で爆発したようだ。目撃者らは爆発音を聞いており、ニューヨークタイムズが公表した衛星画像によると、爆発を受けて緊急車両が出動したようだ。

今回、フーシ派が使用したのは旧型のスカッドミサイルの派生型。目標に対して、約1キロの誤差が生じる可能性がある。スカッドミサイルは古く、エラーも多い。フーシ派は古く、安価なミサイルを使用している。

一方、アメリカが開発したPAC-3の費用は
数億ドル、
アメリカ国防総省は
世界で最も先進的なシステムとアピールしている


「5発発射して、全て外れた? 衝撃的だ」と、憂慮する科学者同盟(Union of Concerned Scientists)の専門家ローラ・グレゴ(Laura Grego)氏はニューヨークタイムズに語った。

「このシステムは正常に機能するはずだった」

イエメンの武装勢力フーシ派は、以前にもサウジアラビアに向けてミサイルを発射している。先週末には、アラブ首長国連邦のアブダビの原子力発電所に向けて巡航ミサイルを発射したと声明を出した。アラブ首長国連邦はこれを否定している。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-08 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
元側近の捜査協力で
動き出すトランプ米大統領への捜査


立岩陽一郎 調査報道NPO「ニュースのタネ」(旧iAsia)編集長 12/3(日) 13:53 より一部

https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20171203-00078851/

「モラー特別検察官の凄いところは、
連邦検察官を退官して
巨額の富を得られる立場の有力弁護士を
ごっそりと捜査チームに引き入れたところだ。
彼らは数百万ドルもの年収を手放して
関わるわけだから、
捜査は徹底して行われるのだろう」

米国ジャーナリズム界の大御所の一人で、
現在、アメリカン大学で
ジャーナリズムを教える
チャールズ・ルイス教授はそう語った


ルイス教授の話を裏付けるような展開だ。12月1日、ロバート・モラー特別検察官の捜査に、トランプ米大統領の国家安全担当特別補佐官だったマイケル・フリン氏が罪を認めた。FBIの捜査に対して嘘の証言をしたというものだ。

公表された訴追資料などから見て、フリン氏の捜査協力はトランプ政権は勿論、トランプ大統領自身にとっても極めて深刻な事態が起こりえる。トランプ大統領自身が捜査対象になることがほぼ間違いない状況となったからだ。

フリン氏はトランプ政権発足前の去年12月に駐米ロシア大使と接触した際、オバマ政権による対ロシア制裁に対して報復を行わないよう求めたとされる。当時、オバマ政権はロシアによる大統領選挙への関与への対抗措置として大使館員の国外追放などが検討されていた。これに対してロシア政府は報復措置を明言していたが、実際に制裁が科された後、プーチン大統領は報復を行わないことを明言、大統領就任前のトランプ氏はプーチン大統領を賞賛している。

訴追資料からは明確ではないが、
少なからぬ米国人が、
ロシア政府が報復をしなければ
トランプ政権が制裁を解除するとの確約を
していたのではないかと疑っている。

フリン氏の
ロシア大使との接触が明らかになった際、
NBCテレビのキャスターは、
一連の流れを説明した上で、
「そう考えるのが自然ではないか?」
と口にしている。

仮にそうだとなると、
その指示を出せるのは
制裁を解除する権限を有する人物ということになる。

ここが、この問題の根幹であり、
今後の捜査の核心となる


トランプ大統領は、そのフリン氏を捜査していたFBIのジェームズ・コミー長官に捜査を止めるよう求め、それが聞き入られないとわかった後に解任している。仮にフリン氏に指示したのがトランプ氏だったとなれば、極めてわかりやすい構図となる。そして、トランプ大統領の行為は司法妨害ということになる。

公共放送NPRのデスクは、捜査がトランプ大統領に及ぶのは避けられないとの認識を語った。

「なぜコミーFBI長官を解任したのか?その問いに答えを出せるのはトランプだけだ。すでに、モラーはコミー前長官から十分な資料を得ているとの情報もある。モラーはその方向で捜査を組み立てているとみてよいだろう。大統領による司法妨害は許されざる行為だ」

勿論、
大統領には
免責特権があるので、
モラー特別検察官は
トランプ大統領を訴追することはできない。

しかし、
司法妨害が認定されると、
議会は弾劾の手続きに入る可能性が高い。

与党共和党の議員と言えども、
特別検察官の捜査結果を無視することは難しい。
議員としての資質が問われる行為だからだ


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-12-04 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
中国、
北米全域射程の
新型ICBMを近く配備か


読売新聞 11/27(月) 20:02配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00050066-yom-int&pos=1

 【北京=竹内誠一郎】中国中央テレビは26日、中国軍が開発を進めてきた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風(DF)41」が来年前半にも配備されるとの見通しを伝えた。

 核弾頭10個を搭載可能で北米全域を射程に収めるという。トランプ米政権が進める最終段階高高度地域防衛(THAAD(サード))の在韓米軍配備などに対抗する狙いがあるとみられる。

 DF41の射程は従来より数千キロ・メートル長い1万2000~1万4000キロ・メートルで、
命中誤差は100メートル程度

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-11-29 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
米軍輸送機が
沖ノ鳥島沖で墜落 

空母に艦載、3人不明


東京新聞 2017年11月22日 17時42分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017112201001390.html

 22日午後2時45分ごろ、東京・沖ノ鳥島の北西約150キロの公海上で、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機、C2輸送機が墜落した。米海軍第7艦隊によると、11人が搭乗していた。防衛省に入った連絡では8人が救助されており、3人が行方不明になっているとみられる。

・・・(途中略)

 第7艦隊によると、ロナルド・レーガンに向かう途中で墜落したという。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-11-23 06:43 | 対米 従属 | Comments(0)
在日米軍、
全兵士の飲酒を全面禁止


【那覇の飲酒死亡事故】


沖縄タイムス 11/20(月) 10:25配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00172596-okinawat-oki

 米海兵隊員の飲酒運転による死亡事故を受け、在日米軍は全兵士の飲酒を全面的に禁じる措置をとった。在沖海兵隊第3海兵遠征軍が公式ツイッターで明らかにした。在日米軍は、新たな通知を出すまで、全ての兵士を対象に飲酒と米兵への酒の販売を禁じるとしている。

 19日午前5時25分ごろ、那覇市の国道58号泊交差点で、米軍2トントラックと、対向車線から右折しようとした那覇市宇栄原の会社員の男性(61)の軽トラックが衝突し、男性が搬送先の病院で死亡した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-11-21 06:43 | 対米 従属 | Comments(0)
米イージス艦、
日本の民間船と接触…


けが人なし

読売新聞 11/19(日) 0:40配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00050003-yom-soci

 米海軍第7艦隊は18日、神奈川県・三浦半島沖約10キロの相模湾で、同艦隊所属のイージス駆逐艦ベンフォールドと日本の民間タグボートが接触する事故を起こしたと発表した。

・・・(途中略)

同艦隊では、
イージス駆逐艦2隻が
今年6月と8月に相次いで衝突事故を起こし、
乗組員が死亡している

by kuroki_kazuya | 2017-11-20 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)