スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:土建 赤字 無責任( 55 )

森友学園、
財務省の「交渉記録は残っていない」は
本当か


ダイヤモンド・オンライン 3/2(木) 6:00配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00119787-diamond-bus_all

 国有財産は国民の財産だ。火の車の財政を抱える財務省は切り売りして収入を確保しようと必死だ。少しでもいい値段で売る。それが役人の務めだろう。ところが大阪府の森友学園の一件には唖然とさせられた。

評価9億5600万円の土地が
1億3400万円で払い下げられた。
85%の値引き


 交渉経過を示す文書は「残されていない」(佐川宣寿理財局長)という。ところが、ある財務省OBは一笑に付す。「文書がないなどありえない」と。財務省は重要文書は「私的メモ」として公文書から外して保管している、というのである。一連の経過は、近畿財務局や本省理財局の担当者の手元にあるはず、というのだ。

それにしても今回の事件で
財務省の動きは不可解だ。
トンデモ売却の実現は、
財務官僚の手引きなしにできるものではない。
交渉経過が表に出ると困るのは誰なのか


● ほぼ同じ広さの隣地は14億円 財務省に何が起きたのか

 大阪府豊中市。伊丹空港の滑走路近くにある問題の土地8770平米は、騒音被害に悩む住民の家を大阪航空局が買い上げ更地にした。技術の進歩で騒音は減り、土地は売却されることになった。何件かの交渉は不調に終わり、2013年に大阪市内で幼稚園を経営する森友学園が小学校用地として名乗りを上げ、昨年6月近畿財務局と売買契約を交わした。

疑惑の発端は昨年9月、
豊中市の木村真市議が
起こした情報公開請求だ。
近畿財務局は「売却価格は開示できない」と拒否。
国有財産をいくらで売ったかは「原則公開」と
理財局長通達で決まっているのに、である


 市議は決定取り消しを大阪地裁に提訴。財務局は一転して1億3400万円という売却額を公開し、大騒ぎになった。

かつて7億円で買収を申し出た業者があったが、
財務局は「安すぎる」と一蹴した。
豊中市が買った
ほぼ同じ大きさの隣地は14億円だった。
この違いは何だろう?


 「値引き」の根拠とされた「地下埋設物の処理」に疑惑の眼は集まった。

 財務省は内規で、算定価格は不動産鑑定士など専門家の評価を参考にすることを決めている。9億5600万円は鑑定士によるものだったが、8憶2200万円という「値引き」は、外部の専門家がはじいたものではない。財務局に頼まれ大阪航空局が算出した。地下9.9メートルまで掘り返し、土盛りする経費として8億円余を計上したという理屈だ。

 敷地全体のゴミの掘り返しなど森友学園はしていなかったことが後に明らかになる。森友学園の籠池泰典理事長はテレビのインタビューで「校庭の土は入れ替えていない」と語った。処理費8億円のうち少なく4億円は「丸儲け」になったわけだ。

● ないはずがない交渉記録 巧妙に隠す財務省の“手口”

 「東西の ここ掘れわんわん 腐敗臭」

 朝日新聞に載った読者の川柳である。西の瑞穂の国記念小学校に腐敗臭が立ち上ったのは2015年の7月である。学校用地に鉛などで汚染された土がある、と学校を建設する森友学園が言い出した。「地下3メートルまで汚染土を除去した」とゴミ処理の支払いを請求。財務局は1憶3176万円を森友に支払った。

 ゴミが出ればカネになる、と思ったのだろうか。森友側は「地下にもっと大量のゴミがある」と言い出し、併せて土地の購入を申請した。そんな中で2015年9月4日、近畿財務局9階会議室で会議が開かれた。

 森友学園、近畿財務局、大阪航空局の三者が建設業者を交えて会合を持った。共産党の宮本岳士議員が内部資料をもとに参加者の実名を示し、予算委員会で質問した。

 財務省は佐川理財局長が「売却価格について森友側と交渉したことはない」と答弁していただけに、会議については「確認できていない」と突っぱねた。そして答弁は変わる。

 「個別の会議はたくさんあり交渉記録は残っていないと思われます」(同局長)

 財務省の行政文書管理規則は保存期間1年未満、保存期間は事案の終了までだという。2016年6月の売買契約締結をもって保存期間は終了した、文書は残っていない、というのだ。

この答弁に、
財務省の文書管理に詳しいOBは、
私の取材にこう語った。

「交渉記録を残しておかないと
あとで問題になった時、困る。
行政経験の積み上げという面からも
資料を残すことは大事だ」

ただ外部から覗かれるのは困る、
というのが財務省の基本的な立場である

決裁文書などは公文書として保管するが、経過や政治家など外部対応などが詳細に書かれた文書は「担当者の私的メモ」とする。情報公開の対象から外すための工作である。

 「私的メモ」といっても担当者個人が持っているのではない。関係者が共有できるファイルになっている。取り扱い区分は「私物」なので、捨てたり焼却しても法に触れない、という便利な扱いだ。

佐川局長は
「交渉記録はない」
「保存期間は終了している」と強調するが、
「廃棄した」とは言っていない


 文書はまだ残っているのだろう。本省も財務局も担当者は毎年のように変わる。いま問題が紛糾しているのだから、財務省にとって当時を知る大事な文書のはずだ。

 財務省は「私的メモ」を理由に公開を拒否するだろう。その際、国会は国政調査権を発動して文書を押さえることができるが、国政調査権の発動は与党の協力がなければできない。

 「ゴミ処理費」と称して8億円も値引きしながら、麻生財務相は「適正な価格によって処分を行った」と言い張り、ゴミは処理されたのか、と聞かれた理財局長は「確認していない。確認する必要もない」と木で鼻をくくった答弁を繰り返す。

 国会とは何なのか、と思う。国民の利益を代弁する議員が集まり国民主権を全うする場だというのに、与党はひたすら隠し事をしている。こうした中で、国民の財産が「格安」で得体の知れない学校法人に払い下げられたのである。

 ひどい話ではないか。財務省や国土交通省には立派な役人が沢山いる。こんな払い下げはまずいよ、と言う役人はいなかったのか。今になっても「適正に処理された」と言い張っている。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-03-03 06:35 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
小学校建設の国有地問題、解明へ 

売却の真相、弁護士団体が表明


東京新聞 2017年2月15日 20時44分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017021501001594.html

 大阪府豊中市で私立小学校建設を計画する学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に、
評価額の14%で払い下げた
国有地の売却額を国が非開示にした問題で

弁護士団体「自由法曹団」が15日、大阪市内で記者会見し、「売却経緯の真相を解明したい」と表明した。

 会見で村山晃弁護士は、「売り払う過程に不自然な点が多い」と強調。国が地下のごみ撤去に8億円余りかかると見積もり、評価額9億5600万円から差し引いたことについて「費用の算定根拠が示されていない」などと疑問を示した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-02-16 06:15 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
ゼネコン4社最高益、

リーマン後の不採算工事一巡


産経新聞 11/11(金) 21:42配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000588-san-bus_all

 ゼネコン大手の大林組、鹿島、清水建設、大成建設の平成28年9月中間連結決算が11日出そろい、4社とも中間期として過去最高益を更新した。通期の最終利益も大成建設を除く3社が過去最高を見込む。首都圏での再開発ラッシュなど活発な建設需要に加え、20年のリーマン・ショック後に受注した不採算工事がほぼ一巡し利益率が改善した。

 完成工事利益率は、鹿島が前年同期より5ポイント高い14・3%に向上するなど、4社が10%を上回った。利益の確実な「選別受注」を進めたことに加え、「施工のIT化など原価低減の努力も奏功した」(大林組の原田昇三副社長)という。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-12 06:15 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
司会の嵐にギャラ5千万円?
『24時間テレビ』、

「無償の愛」うたい出演者に高額報酬か


Business Journal 10月8日(土)12時50分配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00010003-bjournal-ent

 去る8月27~28日。例年のごとく『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が放送された。今年のテーマは「愛~これが私の生きる道~」。メインパーソナリティはジャニーズの人気グループのNEWS、チャリティマラソンのランナーは落語家の林家たい平が務めた。

 この『24時間テレビ』、テーマやパーソナリティは毎年変わるものの、基本的な構成はいつも同じだ。感動系のドラマが流れ、深夜にはバラエティ企画で節度を保ちながらもワイワイと騒ぎ立て、その合間に障害者の人たちが何かに挑戦する様子をカットイン、終盤には「負けないで」「サライ」などの曲をみんなで歌い、そして徳光和夫氏が泣く……。

 一切のブレがなく繰り返される様式美は、もはや夏の終わりを告げる日本の風景といっても過言ではない。それはそれで美しいのだが、近年取り沙汰されるのが出演者の高額ギャラ問題だ。『24時間テレビ』は、視聴者に「無償の愛」や「ボランティア精神の素晴らしさ」を説く一方、出演者は高額なギャラをもらっているとされている。

●海外のチャリティ番組はみなノーギャラ?

 しかし、海外のチャリティ番組では出演者が無報酬のケースが多いという。これは、アメリカで1966~2014年にかけて毎年放送されていた老舗チャリティ番組『レイバー・デイ・テレソン』を例にするとわかりやすい。

『24時間テレビ』の元ネタとなった同番組は、コメディアンの大御所で発起人のジェリー・ルイスが毎年司会を務めていたが、ギャラはゼロ。セリーヌ・ディオンなどの大物ゲストが出演しても、あくまでボランティアというスタンスだった。

 フランスにも同番組を模倣したような番組があるが、やはり出演者は無報酬。もちろん、世界的な傾向だからといって、チャリティ番組に出演する芸能人がギャラを受け取ること自体を否定するつもりはない。

 日本の民放テレビ局は、大災害でも起きない限り、CMスポンサーありきの番組づくりからなかなか逃れられないものだからだ。また、出演者のギャラを差し引いたとしても、募金で集めた多額のお金を然るべきところに寄付できるのであれば、それだけで十分有意義といえるだろう。

●自ら“テレビ離れ”を招く異常な高額報酬

問題にしたいのは、
視聴者の感覚からあまりに乖離したギャラの高さである。
例えば、
13年7月30日発売の「FLASH」(光文社)は、
同年放送の『24時間テレビ』のギャラについて、
メインパーソナリティの嵐が5000万円、
マラソンランナーの森三中・大島美幸が1000万円、
パーソナリティの上戸彩が500万円と報じている。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-10-09 06:25 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
室井佑月「黒いですね」

豊洲市場移転問題で


〈週刊朝日〉

dot. 9月29日(木)16時0分配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00000214-sasahi-soci

混乱する築地市場移転問題。
作家の室井佑月氏は
豊洲新市場にかかわる“どす黒い人たち”の
存在を指摘する。


*  *  *
 そもそもなんで市場を豊洲に移すことに決めたんだっけ? なんであそこにしなきゃならなかったの?

 豊洲市場は東京ガスの工場跡で、土地の売り主の東京ガスだって、土地に汚染が残っているってはじめからいっていた。

 実際に専門家が調べたら、環境基準の4万3千倍ものベンゼンや860倍ものシアン化合物が測定されたし。

 だけど、頑(かたく)なに豊洲でGO! 「汚染対策すれば大丈夫」とかなんとかいって。ほんで、土地代とは別に、汚染対策費用を850億円もかけたんだ。

 が、その対策もずさんなものであったのがバレた。

 主要となっている建物の下には、土壌汚染対策の盛り土が行われていなかった。青果棟の地下の一部ではコンクリートもなく、砕石層がむき出しになっていた。

 結局、莫大な血税をかけて、何をしたかったのか?

 まずはじめ、開場してから80年になる築地市場の老朽化が、危ないって話だった。

 建物の老朽化が問題だったら、補強作業をすればいい。移転より、建物補強のほうが金もかからない。

 だが、それだけが問題じゃないって話になった。今の築地は、衛生面で食の安全性を確保できない、って。

 じゃ、なぜ移転先に汚染されている土地を選ぶ?

あの土地が便利だったって話だけど、
食べ物を扱う市場なのに、
汚染されている土地ってどうよ? 

いちばん大切なその部分を
ないがしろにするって変じゃね? 

みなさん、理解できます? 
あたしにはさっぱりわからない。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-09-30 06:15 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
豊洲市場、落札率99.9% 

主要3施設、談合指摘も…

各工事応札 1企業体のみ


産経新聞 9月14日(水)7時55分配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000071-san-soci

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)で、土壌汚染対策の盛り土が行われていなかった水産卸売場棟など、主要3施設の建設工事の再入札の平均落札率が99・9%だったことが13日、都への取材で分かった。各工事の入札には、それぞれ1つの共同企業体(JV)しか参加しておらず、競争原理が働かなかったことが整備費の膨張を招いたとの指摘もある。

 落札率は、入札の上限となる予定価格に対する落札額の比率。落札率が高いほど、業者にとっては利益が大きいことになる。

 問題となっているのは、豊洲市場のメイン施設となる青果棟▽水産仲卸売場棟▽水産卸売場棟-の建設工事。青果棟(予定価格約259億4500万円)は鹿島など7社JVが約259億3500万円、水産仲卸売場棟(同約436億700万円)は清水など7社JVが約435億5400万円、水産卸売場棟(同約339億8500万円)は大成など7社JVが339億1500万円で落札した。

平成25年11月に行われた1回目の入札時の予定価格は、
3棟で合計約628億円だったが、応札がなく不調。

1カ月後の12月に発表された再入札では、
予定価格の合計は約407億円増え、
約1035億円に膨らんだ。


 共産党都議団の試算によると、1平方メートル当たりの単価は1回目が15万~17万円だったのに、予定価格を引き上げて行った再入札では27万~32万円に高騰。いずれの入札も予定価格は公開で行われていた。共産都議は「談合の疑いがある」などと指摘し、建設工事費の高騰の経緯や妥当性、談合疑惑について「徹底した検証を行い、公表することが急務だ」としている。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-09-15 06:15 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
2次補正予算案決定 

歳出3年ぶり100兆円超


東京新聞 2016年8月25日朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201608/CK2016082502000138.html

 政府は二十四日の臨時閣議で、今月二日にまとめた経済対策の第一弾を実行するための二〇一六年度第二次補正予算案を決定した。一般会計の追加歳出は四兆一千百四十三億円で、当初予算と合わせた歳出総額は百兆八十七億円になる。百兆円を超えるのは三年ぶり。財源不足を補うために二兆七千五百億円の建設国債を新たに発行する。補正予算の財源として国債を追加発行するのは四年ぶりになる。補正予算案は九月召集の臨時国会に提出する。

 補正予算案はインフラ整備や一億総活躍社会の実現に向けた施策を盛り込んだ。訪日外国人の受け入れや農林水産物の輸出を強化するための公共事業に一兆四千五十六億円を計上。家計支援として、住民税が非課税の低所得者二千二百万人を対象に一万五千円の給付金を支給する。総額は三千六百七十三億円で支給は来年春ごろになる見込み。

 国の信用を基に低金利で貸し付ける財政投融資を三兆六千二十二億円増やす。リニア中央新幹線の全線開業前倒しに向け、鉄道建設・運輸施設整備支援機構を通じてJR東海に一兆五千億円を融資する。整備新幹線の整備加速や駅のホームドアの設置、開かずの踏切対策も進める。

 政府の経済対策の事業規模は二十八兆一千億円で国の支出分は六兆二千億円。今回の投入額は特別会計の除染費用の支出なども合わせて四兆五千二百二十一億円になる。残りは一七年度当初予算案に盛り込む。

◆借金膨れ上がる懸念

 政府が二十四日に閣議決定した補正予算案で、二〇一六年度の一般会計の歳出総額は百兆円を超えることとなった。円安効果が薄れて税収が落ち込んだため、補正予算案の財源として借金である国債の追加発行を余儀なくされた。マイナス金利の導入など日銀が進める金融政策の限界が見え隠れする中、経済対策のための財政支出が増え続け、借金ばかりが膨れ上がる懸念が広がってきた。

 政府が今月二日にまとめた経済対策は、七月の参院選の勝利を追い風に「(経済政策である)アベノミクスを最大限ふかす」(安倍晋三首相)ために規模が膨らんだ。

 その第一弾となる補正予算案は、大型クルーズ船が着岸できる港湾改良など公共事業が中心。政府は「二十一世紀型のインフラ整備」とし、将来につながる投資だと強調する。だが、ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次氏は「与党内で要求額がどんどん膨れ上がっていた今回の経済対策は規模ありき。必要な事業かどうかは疑問が残る」と指摘する。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-08-26 06:15 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
リニア建設 

公費投入は妥当なのか


信濃毎日新聞 社説 8月20日 より一部

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160820/KT160819ETI090011000.php

 リニア中央新幹線計画の大阪開業の前倒しに向け、政府が財政投融資を活用して計3兆円をJR東海に貸し出す方針を決めた。

本年度と来年度に1兆5千億円ずつ融資し、
JR東海は40年間で返済するという。

東京・品川―大阪間の総工費は9兆円超の見通しで、財政投融資で調達する資金は3分の1を占める。

財政投融資の財源は、
国債の一種の財投債だ。
国が調達した資金を
長期、固定の超低金利でJR東海に融資する。


 JR東海は、民間で資金を調達するよりコストが下がることに加え、将来の金利上昇リスクを回避できるため、2045年に予定していた大阪開業を最大8年間前倒しできるという。

リニア計画は、
JR東海の民間事業だったはずだ。
なぜ今になって公費を投入するのか。

返済が前提だとしてもリスクは存在する。予定通りに返済できなくなれば、国民負担に直結する。

 人口減少と少子高齢化を解決する方策が見えない中、リニア計画には長期的な採算性があるのか。経済効果はどれほど期待できるのか。改めて検証して、国民に十分に説明することが必要だ。

 政府は国土交通省所管の独立行政法人を通じてJR東海に融資できるようにするため、9月召集の臨時国会に法改正案を提出する方針だ。国会は融資の是非から論議していくべきだ。

 JR東海は07年に「国家財政が厳しい中、財源を国費に依存すると整備が遅れる」として、自社負担で建設する方針を表明。国は14年10月に民間事業として工事実施計画を認可している。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-08-21 06:25 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
環境汚染の恐れ
知られざる「リニア新幹線」の
危ない計画


週刊女性PRIME 5月27日(金)11時0分配信より一部

 JR東海が計画するリニア中央新幹線。超強力な電動磁石で車体を10センチ浮上させ、時速500キロで、2027年に品川駅から名古屋駅までを40分で、 '45年には新大阪駅までを67分で結ぶ。「夢の超特急」と期待する人は多い。

 一方、計画沿線周辺の住民は「不安だ」と声をあげている。時速500キロの実現には直線走行が必要なため、名古屋までの286キロのうち86%は地下トンネルだ。

 その長大なトンネル工事で発生する膨大な残土を運ぶダンプカーが地域を10年間も走ること、地下水脈を断ち切ることでの水枯れ、ウランを掘り出す可能性。そして事故対策の不備。だが、いずれの問題にもJR東海は「影響は小さい」「今後検討する」と公表するだけで今年、いよいよ本格着工するかもしれない。

■乗客まかせの安全管理と対策

「お客さま同士で助け合っていただきます」

 JR東海のこの回答に、会場からため息が漏れた。

 市民団体『リニア新幹線沿線住民ネットワーク』の天野捷一共同代表は、リニアが抱える問題のひとつとして安全対策の不備を訴える。

「例えば、長大な地下トンネルでリニアが緊急停止する。このとき、全車両1000人の乗客を数人の乗務員でどう避難誘導するかまったくわからないんです」

 JR東海のホームページを見ると、都市部ではトンネルを円形に掘りその下半分を避難路とする。また、ルート沿いには平均5キロ間隔で枝道状に非常口が建設され、都市部の非常口にはエレベーターが設置される。

 だが、山間部ではどう避難誘導されるのか。これをある住民説明会で問われたとき、JR東海の回答が冒頭に書いたことだ。

 こんな事故があった。'15年4月3日、北海道と青森県を結ぶ青函トンネルで、6両編成の特急のモーター付近から煙が発生し、列車は旧竜飛海底駅から1キロ先で緊急停車した。

 幸い、青函トンネルには避難専用路があり、同駅には地上へのケーブルカーが設置されていた。この好条件でも、5人の乗務員が124人の乗客を避難させるのに6時間弱もかかったのだ。

「リニアの場合、山間部にはケーブルカーもエレベーターもない。高齢者も子どもも障がい者も、暗い地下を何キロも歩くしかない。やっと地上に出ても、そこは真冬の山岳地帯かもしれない。どう安全誘導するのでしょう」(天野さん)

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-05-28 06:53 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)
辺野古の民間警備費、
2年半で159億円 

陸と海で各1社独占


沖縄タイムス 2016年5月15日 05:02より一部

 名護市辺野古の新基地建設に伴う陸上、海上の民間警備費が2014年6月~16年12月の2年半で少なくとも159億円に上ることが分かった。日数で割ると1日2千万円を超える期間もあった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-05-16 06:35 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)