スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:政治・議会( 538 )

<「共謀罪」論戦検証>
(8)国会 

異論かき消す「一強」


東京新聞 2017年6月25日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201706/CK2017062502000129.html

 多くの論点が深まらないまま成立した「共謀罪」法。かつて三度、国会で廃案となった法案と実質的に変わりがないのに、今回成立した背景には「安倍一強」とも言われる政治状況がある。国会審議にも、その影響は明らかだった。

・・・(中略)

 与野党の構図で言えば、〇五年の審議時も現在と同じく衆参両院で自公両党が過半数の議席を占めた。衆院では、法案が参院で否決されても再可決して成立させられる三分の二以上を占めていたのも同じだ。

 異なるのは、与党内の様相だ。小泉純一郎首相の後継が取りざたされた当時と、安倍晋三首相を脅かす有力者不在の現在。首相の意向に公然と異を唱えても、同調の輪は広がりにくくなった。そして、与党内にあったはずの共謀罪への異論はかき消された。安全保障関連法など重要な法案の提出や政府の決定を前に、政府に多くの注文をつけてきた自公両党による「与党協議」も今回は行わなかった。

結末は、
参院委員会の採決を省略する「中間報告」による、
本会議採決の強行だった。

国会は国民の懸念に耳をふさぐように、
会期を終えた
。 
by kuroki_kazuya | 2017-06-26 06:45 | 政治・議会 | Comments(0)
<内閣支持率急落>
自民「厳しい」 

共謀罪や加計問題が影響


毎日新聞 6/18(日) 21:52配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000071-mai-pol

 17、18両日の毎日新聞の全国世論調査で、安倍内閣の不支持率が1年8カ月ぶりに支持率を上回った。自民、公明両党が「共謀罪」法を国会最終盤で強引に成立させたことに加え、学校法人「加計学園」の問題で早期幕引きを図る安倍政権の姿勢にも批判が向けられている。逆風は一過性なのか、それとも下り坂の始まりか。与党は世論の動向に神経をとがらせている。

 自民党の下村博文幹事長代行(党東京都連会長)は18日、支持率急落に「非常に厳しい数字だ。謙虚に受け止めなければならない」と語った。都議選(7月2日投開票)の告示が23日に迫っており、「都議選に影響が出ないよう最大限に努力しなければならない」とも述べた。

「共謀罪」の構成要件を改めて
「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法について、
与党は参院法務委員会での
採決を省略する「中間報告」を行い、
採決時の混乱回避を狙った。
都議選をにらんだ対応だったが、
今回の調査で「審議不十分」との回答は69%。
公明党幹部は「中間報告が裏目に出た」と認める


 安全保障関連法の国会審議中には、不支持率が支持率を最大で17ポイント(2015年8月調査)上回ったことがあるが、成立後に支持率は持ち直した。

 これに対し今回、支持率が下がった要因は「共謀罪」法への反発だけではない。
加計学園の獣医学部新設計画を巡っては、
安倍晋三首相の意向が働いたかどうかを
政府が真摯(しんし)に調査しようとしていない
という疑念が向けられている


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-06-19 06:25 | 政治・議会 | Comments(0)
志位和夫‏ツイッター
@shiikazuo
2017年6月18日, 日, 午後 02:37より転載


「公明新聞に広告190回/豊洲受注ゼネコン14社/8700万円(推定)“事実上献金”」
公明党が豊洲移転を推進してきた理由がはっきりした。
ゼネコンから事実上の献金をもらって巨大開発を推進する。
こんな党に「都政改革」を語る資格なし!


*****



吉岡正史‏ ツイッター
@masafumi_yoshi より転載

なるほど。汚染など関係なく、豊洲移転に熱心なわけだ。
「『公明新聞』が、豊洲新市場の工事を受注したゼネコン14社から
推定8732万円の広告料収入をえていたことが明らかになった」


*****
by kuroki_kazuya | 2017-06-19 06:15 | 政治・議会 | Comments(0)
落選を乗り越えた新潟県知事が救われた、
きれいなお姉さんたちとの合コン
「煩悩を持って人生を楽しむことも大切」


週プレNEWS 6/4(日) 6:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00085638-playboyz-pol

新潟県知事に当選した
米山隆一(よねやま・りゅういち)氏は、
東京大学医学部卒業後、
医者、弁護士を経て、
国政選挙で4度の落選という異色の経歴の持ち主だ


柏崎刈羽原発を抱える新潟の県知事として、その動向に注目が集まる米山知事を、軍事ジャーナリストの小峯隆生氏(こみね・たかお)が前編記事に続き、直撃インタビュー。

* * *

小峯 米山知事はこれまで、国政選挙に4回落選してきました。何度も落選するなかでどうやってモチベーションをキープされたのですか?

米山 僕は社会の仕組みとか、何か大きなものを変えたいと思う人間なんです。だから、医者でも弁護士でもなく、政治家という仕事が好きなんです。落選すると、人格全部を否定されたような気持ちになって落ち込みますが、それでもやはり政治をやりたいという消しえぬ炎みたいなものが自然と湧いてくるんですよ。

モチベーションを保つ最大のものは、
やはり、こうした自然に湧いてきて、
しかも消すことができない“好き”という気持ち
ではないかと思います


・・・(途中略)

米山 チャンスはいつ巡ってくるかわかりませんし、プロとしての能力を高めておけば、目標達成のために次にどうトライすればいいのか見極められますしね。

最後に、周りには冗談のように話していますが、モチベーションの維持にはやはり、おいしいご飯ときれいなお姉さんが大切です。

小峯 というと?(笑)

米山 実は僕、落選したあと、きれいなお姉さんたちと合コンに行ったんですよ。そのとき、こんなきれいなお姉さんに相手をしてもらうには、もっと頑張らなくてはいけない、とトライする意欲が湧いてきました。

やはり、煩悩を持って人生を楽しむことも大切なんだと思います。でないと、落ち込んだ状態から元に戻れないですから。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-06-05 06:15 | 政治・議会 | Comments(0)
<知らない議員 8都県チェック>(2)

海外調査 高額経費、
成果見えにくく


東京新聞 2017年5月30日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017053002000120.html

 約二年四カ月の任期中に計九回、総額二億四千万円の海外出張に赴き、「高額すぎる」と批判された舛添要一・前東京都知事。昨年六月の舛添氏辞職の直後、都議会の川井重勇(しげお)議長は「経費の高騰などに鑑み不適切」として、同年夏のリオデジャネイロ五輪へ二十七人の都議団を派遣する海外調査の中止を発表した。

 「全面中止は過剰反応だった」。ベテラン都議は批判する。当時、都議会は舛添氏を厳しく追及していただけに、六千二百万円の予算を計上した都議団のリオ派遣も都民の厳しい目にさらされた。それでも「開催地の運営を見なければ、東京五輪に何が足りないのか議論の材料が得られない」とこの都議は反論する。

 中止発表後、複数の都議が独自にリオへ飛んだ。うち一人は「いらぬ疑いをかけられたくない」と政務活動費を使わず、宿泊費二十万円や航空代三十五万円を自腹で捻出。「都市に暮らす多様な人に光を当てる演出に感心した。新しい視点を得られた」と成果を説きつつ「舛添氏の問題がなければ身銭は切らなかった」と恨み節も漏れた。

 地方議会の海外調査は「費用の割に効果が見えにくい」と指摘され、しばしば予算削減の対象になった。神奈川、千葉の県議会は財政上の理由で過去に予算を凍結したが、ともに二〇一三年に再開した。埼玉県議会では県議がタイで女性の接待を受けた不祥事があり、今も自粛する。

 地方議会に詳しい神戸学院大の上脇博之教授は「他国との制度や文化の違いまで踏まえ、成果を示した海外調査は少ない」と、効果の乏しさを指摘する。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-05-31 06:25 | 政治・議会 | Comments(0)
加計学園新学部文書
「書かれた内容 ほぼ事実」 

実名記載の北村元自民議員が証言


東京新聞 2017年5月19日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051902000119.html

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が、系列大学の獣医学部を国家戦略特区に新設する計画を巡る記録文書が存在した問題で、文書の一部に実名で登場する北村直人・元自民党衆院議員が十八日、本紙の取材に応じ、「文書の自分に関する部分はほぼ事実。昨年十月に文部科学省に伝えた内容だ」と証言した。 (小林由比)

 文書は、文科省が特区を担当する内閣府から「総理の意向だ」などと伝えられたことを示し、安倍首相の意向が同省の政策判断に影響を与えた可能性が出ている。民進党が入手し、菅義偉(すがよしひで)官房長官や文科省は文書を認めていないが、北村氏の証言により信ぴょう性が高まった。

 文書はA4判で八枚あり、北村氏は十月十九日付の一枚に登場。日本獣医師会顧問でもある北村氏が、学部新設を巡って三人の政治家の意見を聞き、文科省に伝えた内容をまとめた体裁をとっている。

 中身は(1)石破茂・元地方創生担当相から「党のプロセスを省くのはおかしい」と言われた(2)国家戦略特区を所管する山本幸三・地方創生担当相から「(新設のための)お金を心配している」と言われた(3)麻生太郎財務相から秘書を通じ「(やらない方向で)決着したと思っていた」と言われた-とされている。

北村氏は
取材に
「私の知る限りの情報を文科省に提供したものに、
ほぼ間違いない。
それを文科省がメモ書きしたものだろう」
と話した


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-05-20 06:35 | 政治・議会 | Comments(0)
「共謀罪」慎重な検討を 

宮崎県議会が意見書を可決 

自公も賛同し全会一致


東京新聞 2017年3月23日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201703/CK2017032302000129.html

 宮崎県議会は二十二日、「共謀罪」と趣旨が同じテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案について、慎重な検討を国に求める意見書案を全会一致で可決した。意見書は、現行法にもテロの準備行為を処罰する規定があると説明し、テロ等準備罪の新設は「さまざまな懸念が指摘されている」としている。

意見書は
民進・社民党系の会派が呼び掛け、
自民党や公明党などの会派が賛同した


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-03-24 06:25 | 政治・議会 | Comments(0)
室井佑月
「もうバカは前に出てくるな!」


〈週刊朝日〉

dot. 11/3(木) 7:00配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00000246-sasahi-pol

 原発ゼロに向けて動き始めた民進党。しかし、作家の室井佑月氏は呆れる。

*  *  *
 10月21日付の朝日新聞に「民進『原発ゼロ』に波紋」という記事が載っていた。

 なんでも、民進党の蓮舫代表が、20日、福島第一原発を視察して、集まった記者団にこう語ったみたいだ。

「原子力政策に関して複数の選挙で明確な結果が出ている。再稼働ありきでは絶対に国民の理解は得られない」と。

 そして、

〈民進党が、2030年代に原発をゼロにするための「現実的な工程表を作る」と表明した〉

 という。記事に書かれている通り、

〈原発へのスタンスが影を落として野党共闘が崩れた新潟県知事選の「反省」を受け、踏み込んだ〉

 のだろうし、そのことでまた党内がゴタゴタしているみたい。

 記事には電力総連出身の小林正夫参院議員の「承知していない」というコメントや、電力総連を傘下に置く連合の神津里季生会長の「再稼働できるものはすべきだ」という発言が載っていた。

 この人たち、バカなのかな? こういうゴタゴタは代表選でやっとけよ! 自民贔屓(びいき)のマスコミに、おいしい餌を与えてどうする?

 蓮舫さんいわく、原発について国民がどう思っているか、ようやく今わかったらしい。記事の中に出てくる党関係者という人は、「(原発政策は)のどから手が出るほど欲しい対立軸だ」とかいっちゃってやんの。

 うちら国民からしたら、「はあ? なんだよ、今頃。すっとぼけるのもいいかげんにしろ」って感じだ。

 自民と対抗する最大野党だからとたくさん我慢もしてきたが、もう我慢せず叫んでもいいよね。

 バーカ! バーカ!

 だいたい前出の蓮舫さんの発言を、「(今頃であっても)よくご決断されました!」と褒める人がいるのかな?

 新潟県知事選で民進が推薦しなかった米山隆一さんが勝ちそうになると、ギリギリになって選挙区に入った卑怯さと重なってしまうのだ。

 江田憲司代表代行がすぐに新新潟県知事の米山さんと面会したのも、安倍総理が選挙前、原発の再稼働に慎重な泉田裕彦前知事を官邸に呼んだ卑怯なパフォーマンスと重なってしまう。

 民進党の野田幹事長なんか、20日、わざわざ新潟市を訪問して、「連合新潟」の会長と会ってるしな。

 おどれら、なに考えとるんじゃ。「これで大丈夫でしょ、応援してね」などと考えているなら、国民をナメすぎだと思う。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-04 06:25 | 政治・議会 | Comments(0)
小泉氏
「原発争点なら自民敗北」
 

次期衆院選で


東京新聞 2016年10月21日 17時50分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016102101001838.html

 小泉純一郎元首相は共同通信社の単独インタビューに退任後初めて応じた。
次期衆院選で野党が統一候補を擁立して「原発ゼロ」を争点化すれば、
自民党が敗北するとの見通しを表明。

原発再稼働に慎重な候補が当選した新潟、鹿児島の県知事選に触れ「目に見えない、うねりが出てきた。

衆院選に影響がある」と述べた。
安倍晋三首相が目指す憲法9条改正は、民意不在を理由に「できない」と明言した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-10-22 06:35 | 政治・議会 | Comments(0)
小沢氏、

新潟知事選で
民進に苦言「主体的でない」


日刊スポーツ 10月19日(水)9時55分配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-01726256-nksports-soci

 自由党の小沢一郎代表は18日の会見で、野党3党の推薦で新潟県知事選を勝利した米山隆一氏を自主投票とした民進党に、苦言を呈した。

 「(共産、自由、社民の)3党は素直に一致する。最大野党の民進党は、何のために政党を構成しているかよく考えないといけない」と指摘。

自主投票の中で蓮舫代表が急きょ応援に入り、
ちぐはぐな対応に
「勝ちそうになったから応援というのは、あまりにも主体的ではない」と述べた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-10-20 06:15 | 政治・議会 | Comments(0)