スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2007年 01月 ( 58 )   > この月の画像一覧

志布志 警察失態

志布志踏み字訴訟 県が控訴断念
鹿児島MBCテレビの報道によると

公職選挙法違反事件の捜査で、違法な取調べがあったとして鹿児島地方裁判所は
今月18日県に賠償を命じる判決を言い渡しましたが県はきょう控訴を断念することを
決めました。

この裁判は2003年の県議選を巡る選挙違反事件に絡み、県警の取調べを受けた
志布志市の会社役員川畑幸夫さん(61)が取調室で44歳の警部補から無理やり
足首をつかまれ親族の名前などが書かれた紙を何度も踏みつけさせられ精神的苦痛
を受けたなどとして、県を相手に200万円の損害賠償を求めていたものです。

18日の判決で、鹿児島地裁は「常軌を逸した取り調べがあった」として男性の訴えを認め
県に60万円の支払を命じる判決を言い渡していました。

きょう県警本部で開かれた記者会見で、久我英一県警本部長は、「踏み字という行為は、
妥当性に疑念を生じさせかねず、違法と言われてもやむをえない」と述べるとともに裁判
の長期化を避けたいなどとして、明日の控訴期限を前に、控訴しない意向を示しました。

県警が控訴を断念したことについて、川畑さんは、「自分が勇気をもってやってきたことが
認められた。

率直に嬉しい」とコメントしています。

なお、44歳の警部補の処分などについて、県警では、
「事実関係に則して適切に対処していく」としています。
by kuroki_kazuya | 2007-01-31 16:21 | 日誌 | Comments(0)
柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言
1月28日 毎日新聞によると

 柳沢伯夫厚生労働相は27日、
松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。
講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は

少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。
生む機械、装置の数は決まっているから、
機械と言うのは何だけど、
あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。

少子化対策にかかわる閣僚による、
女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、

今後批判を強く受けそうだ。
戦後権力の座に座り続けた、自民党「その閣僚」慢心の本音である。
「そんまんま」効果、現象は、日本中に広がるそんな時代に突入した。と、私は考える。

時代は、自民党なんでも時代では、ありません。
by kuroki_kazuya | 2007-01-31 03:36 | 日誌 | Comments(0)
石原都知事の交際費を違法支出認定、40万円返還命令
1月30日 読売新聞によると

 東京都の石原慎太郎知事らが私的な飲食に交際費を支出したとして、葛飾区内の
市民団体のメンバーが、石原知事らに総額約1200万円の返還を求めた住民訴訟の
判決が30日、東京地裁であった。

 鶴岡稔彦裁判長は2件分の計約40万円については、
「社会通念を逸脱する違法な支出にあたる」と認定し、
石原知事と特別秘書に同額を都に返還するよう命じた。
原告、被告とも控訴する方針。

 違法支出とされたのは、2003年に中央区築地の高級料亭で開かれた会食など2件。
同年6月の会合は羽田空港の国際化についての意見交換するとの名目で、
石原知事と当時の副知事、航空関係者ら計8人が出席し、
1人あたり約4万2600円、
計約34万1000円の飲食費を支出した。
鶴岡裁判長は、「費用が高額なうえ、
相手方の地位や会合の内容についての説明もなく、
適法性を肯定するのは困難」と指摘した。

右翼の親分的な石原東京都知事は、
税金の使い道も親分的だ。
a0043276_37050.jpg

by kuroki_kazuya | 2007-01-31 03:05 | オンブズマン | Comments(0)

歩道 プランター

宮日の報道によると
安全に歩きやすく トロントロン商店街(宮崎県川南町)が実験
2007年1月30日
 川南町中心部のトロントロン商店街で、歩行者の安全と沿道商店街の利便性確保を
目指した実験が29日、始まった。歩道がない商店街に縁石代わりのプランターを設置。
仮設歩道として、車道との区別を明確にした。

 今後、プランターの設置時間や間隔を段階的に変え、最適な道づくりを模索する。
高さ1-1.2メートルの町の木サザンカを植えたプランターを置き、段階的に検証する。

 国土交通省からの委託事業で町商工会(津江章男会長)が約600メートルの区間で
実施。実験期間は来月25日まで。旧国道10号沿いの商店街は町内一の繁華街で、
車や歩行者が多数往来。現在は町道になっていて、児童や生徒が通学路としても
利用している。しかし、歩道はなく歩行者の安全が確保されていなかった。と。

簡単な道具で。これは良いな。と、記事を読みました。
by kuroki_kazuya | 2007-01-31 03:01 | 日誌 | Comments(0)
宮日新聞から

「ピンチをチャンスに」 東国原知事法被姿で地鶏PR
2007年1月30日

 「ピンチをチャンスに変えて宮崎を売り込みたい」。就任後初めて上京した東国原
(ひがしこくばる)英夫知事は29日、関係省庁、アンテナショップ訪問などと分刻みの
日程をこなした。

 大勢の報道陣も先々で待ち構えるなど注目度は高く、時には法被姿になって
「宮崎のトップセールスマン」ぶりを盛んにアピールした。

 県東京事務所を出発した知事は、省庁、国会議員会館から夜の会合まで訪問予定が
終日ぎっしり。マスコミ関係者も、多い場所で4、50人に膨らんだ。

 初上京の感想を聞かれた知事は「新しい場面ばかりで緊張するが、わくわく感がある」
「大臣には大臣オーラがある感じ、国を動かしているオーラがあった」。
新宿みやざき館KONNEでは、知事の来店を報道で知った300人余りの
都民が出迎えた。

もう、ここ一週間マスコミは、「そんまんま」効果で宮崎県を全国にジャンジャン宣伝
している。大変ありがたいことです。

【写真】県産地鶏の炭火焼きやキンカンをほおばりPRする東国原知事=29日午後、
東京都渋谷区・新宿みやざき館KONNE
a0043276_12193768.jpg

by kuroki_kazuya | 2007-01-30 12:16 | 日誌 | Comments(0)

冤罪 

踏み字訴訟:判決「県警に警鐘、画期的」 県弁護士会、
取り調べ可視化要求 /鹿児島
1月26日 毎日新聞によると


 03年県議選を巡る公選法違反事件に絡み、県警が「踏み字」を強要したとして
県に60万円の賠償を命じた鹿児島地裁判決を受け、県弁護士会は25日、
「踏み字を容認する県警に警鐘を鳴らした画期的な判決」と評価し、取り調べの可視化
を進めるよう求める声明を発表した。声明は知事や県警本部長などに送付する。

 県弁護士会の川村重春会長は、今月発覚した富山県での婦女暴行〓罪(えんざい)
事件を例に挙げ「密室での取り調べは〓罪を生み出す温床」と指摘。
勝訴した志布志市の川畑幸夫さんに対する「踏み字」の取り調べも可視化されていれば
防げたとした。そのうえで再発防止のため、
取り調べ全過程の録音・録画を導入するよう求めた。

 また、最高検が発表した全地検での取り調べの一部可視化については
「警察の取り調べ段階も可視化しないと、立証に都合のいい部分だけ提出される恐れ
がある」として反対した。【大塚仁】

串間市のとなり、県境を越えると鹿児島県志布志市で起こった事件。

権力の冤罪つくりの具体例として、大変重要なことだ。
by kuroki_kazuya | 2007-01-29 04:07 | 日誌 | Comments(0)

完熟きんかん

生のまま食べられる県商品ブランド「完熟きんかん」の収穫が、県南地域で始まった。
2月上旬をピークに3月中旬まで続き、東京などの大都市圏を中心に出荷される。

 日南市大窪南平、坂元徹さん(32)方は、80アールのハウスで栽培。15日から
始まった収穫作業では、鮮やかな黄色に色づいた実を傷つけないよう、はさみで
一つ一つ丁寧に切り取っている。

 実はやや小ぶりなものの、糖度は十分。坂元さんは「お客さんに喜んでもらえる
キンカンができた。上々の出来」と笑顔で話していた。

宮日の「日南・串間」版より
a0043276_531479.jpg


みなさーん、「うんめ ですよ」食べてみてください。

なかでも「たまたま」という商品は、糖度18以上大きさ3センチ以上
でしか、出荷できません。それは、2パーセントくらいしか出来ないそうです。
値段も高いですが。
旧「そんまんま東」現「東国原 英夫」宮崎県知事ではありませんが、
宮崎・串間などの宣伝を世界に発信しまーす。
by kuroki_kazuya | 2007-01-28 05:27 | 日誌 | Comments(0)

給食費 滞納

<給食費滞納>裁判所に督促申し立てで大幅減 宇都宮
1月27日 毎日新聞 配信より


 学校給食費の滞納問題を巡り、宇都宮市教育委員会が裁判所に保護者への督促
申し立てなどの措置を取ったところ、7カ月間で3分の1が支払うなど滞納者が大幅に
減ったことが分かった。「払えるのに払わない」家庭が多いことも裏付けられ、
法的措置が全国的に広がる可能性もある。
 市教委によると、01年4月~06年3月の5年間の滞納者(卒業生を含む)は昨年5月
時点で計702人、滞納総額は約3300万円だった。同7月、法的措置を取ることを
知らせる文書を全保護者に送ったところ、同11月現在で滞納者・額は508人、
約2670万円にまで減った。一部の支払いに応じたり、支払いを約束した保護者も
数百人に上り「大きな成果が上がった」としている。
 さらに、市教委は昨年9月、経済的な事情で支払い困難な家庭を除く保護者40人に
ついて、実際に支払い督促を宇都宮簡裁に申し立てた。その結果、今月25日現在、
所在不明の9人を除く26人が支払った。残る5人については強制執行の申し立てを
同簡裁にする。
 ただ、経済的に支払い困難な家庭の見極めは各学校担当者の判断に委ねられており、
統一基準がないのが実情。一部を支払いながら残額を滞納するケースもあるという。
倉田明男・同市教委学校健康課長は「どうしても払えない人の線引きが難しい。
口約束だけの保護者の説得は教員の負担になっている」と話す。
 給食費滞納で法的措置を取っている教委は宇都宮市のほか、仙台市、北海道石狩市、
広島県呉市など少なくとも8教委ある。

経済的に、困難な家庭もあるであろうし、現場の先生やPTAなどの関係者も色々と
大変でしょう。
現代は、どうなっているのか???

こどもも大きくなった今では、そんな情報が入りにくい・・・
by kuroki_kazuya | 2007-01-28 05:11 | 日誌 | Comments(0)

イラン 人工衛星

イラン衛星打ち上げへ テポドン2号技術利用か 米誌
1月27日 産経新聞によると

 【ワシントン=有元隆志】米国の航空専門誌エビエーション・ウイーク(電子版)は25日、
イランが弾道ミサイルを改良したロケットで人工衛星を打ち上げる準備を行い、
発射が間近に迫っていると伝えた。専門家はロケットが北朝鮮の長距離弾道ミサイル
「テポドン2号」の技術を利用した「シャハブ3」の改良型である可能性があると指摘した。
イランと北朝鮮の協力が宇宙分野まで拡大することを意味し、核問題に加え国際社会の
懸念が強まるのは必至だ。

 イランは2005年10月にロシア製ロケットを使って人工衛星「シナ1」を打ち上げたことは
あるが、国産技術で打ち上げるのは今回が初めてとなる。イラン議会の有力者もこのほど、
近く衛星を搭載したロケットが打ち上げられると語ったという。

 イランは北朝鮮と弾道ミサイル開発で協力してきたと、米国などから指摘されている。
メープルズ米国防情報局(DIA)局長は今月、上院情報委員会に提出した書面で、
「北朝鮮はミサイルや関連技術を売却しつづけている。国際的孤立で顧客は減ったものの、
イランとシリアとの関係は強く、主な懸念事項だ」と警戒感を示した。

 衛星打ち上げに成功すれば、長距離弾道ミサイルや大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも
応用可能となる。DIAは、イランが2015年までには射程4500キロのICBMを開発する
可能性を指摘していた。

 北朝鮮は昨年7月にテポドン2号の発射実験を行った。発射実験は失敗したものの、
朝鮮半島情勢に詳しい軍事筋によると、イラン技術者が実験に立ち会ったほか、
テスト結果のデータなどを北朝鮮側から受け取ったという。

 同筋は北朝鮮とイランがミサイルの液体燃料に関する共同プロジェクトについても
話し合っている可能性を指摘した。

 イランは北朝鮮とミサイル開発での協力関係は「ない」と否定している。
との、報道である。
軍事大国「アメリカ」などは、他国が軍事力を強化することを常時監視している。
しかし、それで世界が平和になる訳では無い。
by kuroki_kazuya | 2007-01-27 22:51 | 日誌 | Comments(0)

串間市漁協 朝せり

串間市漁協 朝せり風景2
a0043276_1038563.jpg

a0043276_10385441.jpg
a0043276_1039724.jpg

by kuroki_kazuya | 2007-01-27 10:38 | 日誌 | Comments(0)