スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2007年 07月 ( 75 )   > この月の画像一覧

鎮圧後も出動指令、住民救助要請断る…原発火災で消防混乱
7月31日3時4分配信 読売新聞より

 新潟県中越沖地震で起きた東京電力柏崎刈羽原子力発電所の変圧器火災で、
柏崎市消防本部が鎮圧後も相次いで消防車を出動させ、
住民の救助要請に十分応えられなかったことが30日、わかった。

 原発火災と地震などとの複合災害を想定していなかったため、指揮が混乱。
市消防本部は体制やマニュアルを見直す考えだ。

総務省消防庁によると、原発を抱える他の自治体も複合災害を想定しておらず、
原発事業者の自衛消防体制の不備に加え、新たな課題が浮上した。

 変圧器の火災は、16日午前10時13分の地震直後に起きた。
直通電話が使えず、東電は14分後に119番通報。

本部は原発消防活動計画(マニュアル)に従い、
車両9台を市消防署と2分遣所から出動させようとした。
しかし、市民からの救助要請などで車両や隊員が出払っており、
発電所側に「自衛消防隊で対応してほしい」と要請。
午前11時になって化学消防車1台(隊員5人)を出動させた。
by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:55 | 環境 | Comments(0)
<柏崎刈羽原発>3号機の揺れ2058ガル 想定の2.5倍
7月30日23時39分配信 毎日新聞より

 東京電力は30日、新潟県中越沖地震により東京電力柏崎刈羽原発3号機
タービン建屋1階で、瞬間的な揺れの強さを示す加速度が原発では過去最高と
みられる2058ガル(ガルは加速度の単位)に達し、
設計上の想定(834ガル)を1200ガル以上超えたと発表した。

1000ガルを超える揺れは、全7基のうち4号機以外の6基で記録された。
また、3号機の揺れの周期を分析すると、原子炉本体など重要機器への影響が
大きい短周期の小刻みな揺れを含め、各周期で想定を2倍程度上回った。

経済産業省原子力安全・保安院によると、地震により東北電力女川原発、
北陸電力志賀原発でも揺れが想定を超えたが、
全周期でこれほど大きく超えたのは初という。

 東電はこれまで、原発の地下最深階での加速度だけを発表し、
最大680ガルとしてきた。
この日は、揺れやすい上階も含めた97カ所で観測した地震波形などを
保安院に報告した。


 2058ガルが記録されたのはタービンを載せる台の上で、
比較的揺れやすい構造だった。
同じ台の上では1号機のタービン建屋1階で1862ガルを記録し、
想定値(274ガル)の7倍近くに達した。
ただ、東電によると1号機は想定値の算出方法が他と違い、
想定と揺れの加速度を比べるのは不適当だという。

 また、地震計の測定範囲を1000ガル以下に設定していたため、
振り切れて「1000ガル以上」としか分からない測定点が10カ所あった。

 一方、東電は3号機のタービン建屋の床にあった地震計が、
記録装置の異常のため地震波形を記録していなかったと発表した。
同原発の地震計のうち、地震波形が取れなかったものはこれで64台に達した。


 東電は「結果的に地震の想定が甘かった」として今後、
同原発で想定する地震の強さを、中越沖地震を上回るように大幅修正する。
ただ、耐震補強は、設備の詳細な点検結果を見た上で検討するという。
【高木昭午】

 【ことば】◇ガル◇ ガルは加速度の単位で、地震の激しさを表すのに使われる。
1ガルは物体の速度が1秒間あたり秒速1センチずつ速くなる状態を表す。
ボールを手から放すと、重力のためスピードを増しながら落ちるが、
この時の加速度が約980ガル。

2058ガルは、横揺れの力が重力の2倍以上に達したことを示す。
ただ、ガルは瞬間の値で揺れの方向は実際には刻々と変わるため、
重力のように同じ方向に引かれ続けるわけではない。
by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:49 | 環境 | Comments(0)
揺れのスピードは阪神大震災の2倍
TBS系より [31日0時9分更新]

 新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発を襲った揺れのスピードは、
阪神大震災を2倍余り上回っていたことが分かりました。

 地震の加速度は7つある原子炉全てで設計したときの想定を上回り、
3号機のタービン建屋では最大2058ガルに達していました。

 東京電力では今後、影響を詳しく分析する方針です。
by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:37 | 環境 | Comments(0)
「ベ平連」創設の小田実さん死去 胃がんで75歳
テレビ朝日系より [31日0時25分更新]

 作家で市民運動家としても知られる小田実さんが30日未明、
胃がんのため亡くなりました。75歳でした。

 小田さんは1961年、アジアやヨーロッパなどをめぐった貧乏旅行記
「何でも見てやろう」を発表し、ベストセラーになりました。
執筆活動にとどまらず、1965年にはベトナム戦争の北爆に反対し、
「べ平連」=「ベトナムに平和を!市民連合」を結成するなど、
市民運動の先頭に立った活動を行ってきました。

その後も阪神大震災の被災者として「被災者支援法」制定を訴えるなど、
精力的に活動を続けてきました。

小田さんは、今年4月に末期がんであることを公表、闘病中でしたが、
30日午前2時5分に都内の病院で亡くなりました。

TBS系より (30日11:09)
ベトナム戦争などで反戦を訴えデモをするほか、
憲法九条改正に反対するなど、
晩年まで市民運動の精神的な支柱の役目を果たし続けて来ました。

by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:30 | 日誌 | Comments(0)
<08年度予算>「公共事業3%削減」諮問会議メンバー提言
7月31日3時3分配信 毎日新聞より

 8月1日に開かれる政府の経済財政諮問会議で民間メンバーが提出する
08年度予算編成に向けた「予算の全体像に向けて」と題する提言が30日、
明らかになった。
08年度予算編成について、「骨太の方針2007」では見送られた
公共事業関係費の削減目標について「前年度比3%の削減」を明記した。
by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:20 | 政治・議会 | Comments(0)
新潟で甚大な地震被害なども影響して、か
人口3000人ほどの秋田県の上小阿仁村
での高レベル放射性廃棄物処分場問題
突如、村長の発言から一週間程度で断念表明。
原発問題の深刻さが又、社会に認識された。


高レベル放射性廃棄物処分場、上小阿仁村長が誘致断念表明
7月28日14時47分配信 読売新聞より

 秋田県上小阿仁(かみこあに)村が原子力発電で出る
高レベル放射性廃棄物の最終処分場の誘致を検討していた問題で、
小林宏晨(ひろあき)村長は28日、
「多くの住民が放射性廃棄物を埋設してほしくないということなら、
手を挙げる必要はない。(最終処分場の立地調査への)応募はしない」と、
誘致断念を表明した。

 村開発センターで記者会見した小林村長は、
「寺田典城(すけしろ)・秋田県知事の反対も、
今回決断した根拠の一つだ」と明言した。

 小林村長が23日、原子力発電環境整備機構(東京)が公募している
最終処分場立地調査への応募を検討していることを明らかにして以降、
寺田知事や近隣自治体の首長、村民らから不安や反対の声が上がっていた。
会見は公開され、約200人の村民が詰めかけた。
by kuroki_kazuya | 2007-07-29 03:18 | 環境 | Comments(0)
 地震の影響で、1号機から7号機まで、すべての使用済み核燃料プールから
放射能を含む水が飛び散りました。
とのことです。

柏崎刈羽原発・放射線管理区域を公開
TBS系より (28日18:08)

 新潟県中越沖地震でトラブルが相次いだ柏崎刈羽原発で、
「放射線管理区域」が28日、報道陣に初めて公開されました。

 地震の後、管理区域にカメラが入るのは初めてです。
3号機の原子炉建屋では、27日までに放射能を含む水の拭き取り作業が
終わったということです。

 「水を取り除き、残った汚染もふき取り、きれいな状態に戻してあります。
(Q.今は問題ないですか?)問題ないレベルになっています」
(柏崎刈羽原発 伊藤敦夫 技術担当)

 地震の影響で、1号機から7号機まで、すべての使用済み核燃料プールから
放射能を含む水が飛び散りました。

6号機では放射性物質を含んだプールの水があふれ、
ピンクのシートの下にあるケーブルの隙間から外部に漏れ出しました。

 原子炉建屋をめぐっては、6号機でクレーンの破損もすでに見つかっています。
この日の報道公開は、このほかに被害が出ていないことをアピールする狙いも
あったようです。
by kuroki_kazuya | 2007-07-29 03:10 | 環境 | Comments(0)
<米印核協定>交渉妥結 米の「二重基準」際立つ
7月29日3時6分配信 毎日新聞より

 【ワシントン笠原敏彦】米国とインドが27日に交渉妥結を発表した
民生用核協力協定は、核拡散防止条約(NPT)枠外の核保有国インドに
米国製核燃料の再処理を認めることで、

米国は日本と欧州連合(EU)にしか与えていない厚遇をインドに示した。

合意内容は米世界戦略でのインドの重要性を象徴する一方で、
核兵器につながる再処理・ウラン濃縮技術の
拡散防止を訴えるブッシュ政権の「二重基準」を際立たせた

 会見したバーンズ国務次官は、妥結まで2年を要した交渉の転換点は
今年6月だったと説明した。
インドが米国から輸入する核燃料を使用後に再処理する権利を得るため、
新たな再処理施設を建設して国際原子力機関(IAEA)の査察下に置くことを提案し、
米国が受け入れたという。

 ブッシュ大統領は04年2月の政策演説で核不拡散の立場から
「平和目的で原子力を求める国々にウラン濃縮や再処理は必要ない」と強調した。
米国が輸出燃料の再処理を認めているのは日本とEUだけ。
米国はイランのウラン濃縮計画は絶対に認めない方針だけに、
インドの特別扱いには波紋が広がりそうだ

 もう一つの焦点である「核燃料供給の保証」では、
インドが権利の温存を求めた核実験を実施した場合の対応があいまいになった。
米国は燃料返還を求める権利を確保する一方で、
供給継続の担保として戦略備蓄や国際市場へのアクセス確保で支援を約束。
米国が仮に供給を停止しても、インドが他国から燃料を輸入する道は残した。

 ブッシュ大統領は声明で「死活的に重要な世界のリーダーであるインドとの
戦略的パートナーシップを深める」と交渉妥結を歓迎。
経済成長が著しい世界最大の民主主義国家であり、
中国との関係をにらんでも重要性を増すインドへの期待感をにじませた。

 米印両国は05年7月に民生用核協力に基本合意。
米議会は昨年12月、NPT未加盟国への原子力関連輸出を禁止する国内法で
インドを「例外扱い」とする法改正を行ったが、
実施にはインドとIAEAの査察協定締結など経てさらに米議会の承認を得る必要がある。

 ■米印の民生用核協力協定の主な内容
1、民生用核施設をIAEAの監視下に置く代わりに、米国が核燃料、核関連技術を提供する。
1、インドが核実験を実施した場合、米国は核燃料、核関連技術の返還を求める権利を持つ。
1、インドが核実験の実施で米国が協力を打ち切った場合、米国は新たなインドへの核燃料供給国の確保を支援する。
1、米国はIAEAの監視下で新たに建設された施設での使用済み核燃料の再処理を認める。
1、米国はインドの核燃料の戦略的な備蓄、国際市場へのアクセスを支援する。
by kuroki_kazuya | 2007-07-29 03:00 | 政治・議会 | Comments(0)
柏崎刈羽原発の管理区域建物に雨水 内部写真が公開
テレビ朝日系より [28日8時46分更新]
a0043276_9322863.jpg

 地震で被害を受けた柏崎刈羽原発で、放射性物質を扱う管理区域内の建物に
雨水がたまっていた問題で、27日、内部の写真が公開されました。

 写真は、低レベル放射性廃棄物を保管している固体廃棄物貯蔵庫の
通路です。長い廊下一面に雨水がたまり、深さもあることが分かります。
別の建物の地下1階も水浸しになっています。
厚さ40センチもの壁がひび割れていて、床とのすき間から雨水が漏れたとみられます。

 東京電力・寺澤哲哉広報部長:「きのうもお話しましたように、
放射能物質は検出されていません」
 また、柏崎市では、地震から12日目になってようやく粗大ゴミの回収が
始まりました。2次災害や道路の渋滞を招くことを避けるために、
これまで行われませんでした。
by kuroki_kazuya | 2007-07-28 09:31 | 環境 | Comments(0)
中越沖地震:佐渡、9259人が宿泊キャンセル 
地震被害、原発事故に不安 /新潟
7月26日13時3分配信 毎日新聞より

 佐渡観光協会(木村英太郎理事長)は25日、
中越沖地震による今夏の宿泊のキャンセル状況について発表した。
キャンセルは地震直後の17日から9月末日までの3カ月間で9259人
(宿泊数)に上り、深刻な状況になっている。

 調査は同協会員のホテル、旅館、民宿129施設中80施設で実施。
うち70施設から回答があった。キャンセル数の月ごとの内訳は7月(6048人)、
8月(2918人)、9月(293人)となっている。

キャンセルの理由は当初、施設被害の心配や、道路などの交通機関への被害に
対する不安だったが、最近は原発事故に対する不安も多いという。

 例年夏、佐渡観光は人気があり、キャンセルで部屋が空いても、
予約無しの客で埋まってきた。しかし今年はその傾向も見えず、
関係者は危機感を募らせている。【磯野保】

7月26日朝刊
by kuroki_kazuya | 2007-07-27 04:37 | 環境 | Comments(0)