スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2007年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

訃報 柳澤恭雄さん98歳=元NHK解説室主管
8月24日17時6分配信 毎日新聞より

 柳澤恭雄さん98歳(やなぎさわ・やすお=元NHK解説室主管、
初代日本電波ニュース社社長)23日、老衰のため死去。

 報道部副部長だった1945年8月15日の終戦の日未明、
当時東京・内幸町にあった放送局に乗り込んできた陸軍少佐から、
拳銃を突きつけられ、
玉音放送を阻止し徹底抗戦を訴える放送をさせるよう要求されたが、拒否した。

 ポツダム宣言の受諾決定から玉音放送までを描いた
東宝映画「日本のいちばん長い日」でも有名なシーンの一つ。

 NHKには戦前、取材記者がいなかったが、
戦後、独自の取材部門の創設にかかわった。50年にレッドパージで退職。
60年、テレビ局向けの通信社として日本電波ニュース社を設立した。
by kuroki_kazuya | 2007-08-25 03:36 | 憲法 | Comments(0)
世帯の所得格差、過去最大に…厚労省調査の05年ジニ係数
8月25日2時19分配信 読売新聞より

 厚生労働省は24日、世帯ごとの所得格差の大きさを表す
2005年のジニ係数が0・5263で、過去最大になったとする
「05年所得再分配調査」の結果を発表した。

 同省は、一般的に所得が少ない高齢者世帯の増加が主な要因と
見ているが、「非正規社員と正社員の所得格差などが影響している
可能性も否定できない」としており、次の臨時国会などで格差問題を巡る
議論が活発化しそうだ。

 同調査は、3年ごとに実施されている。
ジニ係数は0~1の間の数字で表され、格差が大きいほど1に近づく。

 今回の調査では、ジニ係数が前回を0・028ポイント上回り、
初めて0・5を超えた。
例えば、全体の25%の世帯が所得総額の75%を占めた場合などに、
ジニ係数は0・5となる。
by kuroki_kazuya | 2007-08-25 03:20 | 日誌 | Comments(0)
「優良」原発は2年連続運転も可能、定期検査間隔を延長へ
8月23日21時6分配信 読売新聞より

 経済産業省原子力安全・保安院は23日、
原子力発電所の定期検査の間隔を現在の一律13か月以内から
最長24か月以内に延ばすことを決めた。

 原子炉1基ごとに保安院がトラブルの履歴や消耗品の交換実績を評価し、
定期検査の間隔を<1>13か月以内<2>18か月以内<3>24か月以内
――の3つに分類する。

国が「優良原子炉」と認めた場合に限り、2年間の連続運転が可能になる。
省令を改正したうえで、来年4月の導入を目指す。

 同日開かれた経産省の審議会に保安院が提案、大筋で認められたが、
今年前半に相次いで発覚したトラブル隠しや、
先月の新潟県中越沖地震による柏崎刈羽原発の被災が問題になる中、
まだ曲折もありそうだ。
by kuroki_kazuya | 2007-08-25 03:11 | 環境 | Comments(0)
柏崎刈羽原発閉鎖訴え声明 神戸大教授ら
2007/08/22 神戸新聞より

 新潟県中越沖地震で被害が出た東京電力柏崎刈羽原発について、
技術者や地震の研究者らが「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える
科学者・技術者の会」を二十一日結成。

都内で会見し「周辺で再び大地震が発生するかもしれず、
運転再開は許されない」などとする声明を発表した。

 呼び掛け人は石橋克彦神戸大教授(地震学)、
山口幸夫原子力資料情報室共同代表ら四人。

 同原発周辺は「活断層が多く、大地震の活動期が続く可能性も高い。
大地震発生が終わったとは言えない」と指摘。

 設計時の想定を大きく上回る強さの揺れに襲われた結果、
「多くの施設、機器に変形が残り、亀裂が生じた可能性もある。
ひずみがあるかを検証することは不可能で、
顕在化していない亀裂やひずみが運転に支障を起こす恐れがある」とした。
by kuroki_kazuya | 2007-08-23 03:52 | 環境 | Comments(0)
<柏崎刈羽原発>余震でも地震計50台が停電でデータ取れず
8月22日22時17分配信 毎日新聞より

 東京電力は22日、柏崎刈羽原発(新潟県)に設置している
地震計97台ののうち50台が、新潟県中越沖地震の影響による停電のため、
地震当日の午後から翌日未明まで余震のデータを測定できなかった
と発表した。

同原発では本震でも、地震計64台分の地震波形記録が、
記録装置の容量不足などで失われている。
by kuroki_kazuya | 2007-08-23 03:40 | 環境 | Comments(0)
国内8原発、海底断層調査を追加実施へ
8月20日23時27分配信 読売新聞より

 新潟県中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原子力発電所を含む
国内8原発が、大地震を起こす恐れのある海底断層の見落としがないか
追加で探査を実施することが、
電力各社が経済産業省原子力安全・保安院に20日提出した報告書で分かった。

 柏崎刈羽を除く全16原発が、
今回の地震動に耐えられるか緊急評価を行うことも判明した。

 電力各社は、原子力安全委員会が昨年9月に原発の耐震設計指針を改定
したのを受け、原発の耐震性の再評価を進めている。
そのさなかに中越沖地震が発生したため、経産省が各社に対し、
評価計画の見直しと早期実施を求めていた。

 報告書によると、東電の柏崎刈羽、福島第1、福島第2、
日本原電の東海第2、中国電力の島根など7原発と、
六ヶ所再処理工場を抱える日本原燃が、海底探査を追加実施する。
東北電力女川原発も、補足的な海底探査を計画している。
指針改定後に総合的な海底探査を行ったばかりの原発や
現在実施中の原発は追加を見送った。
by kuroki_kazuya | 2007-08-21 00:22 | 環境 | Comments(0)
島根原発沖の海底活断層、中越沖地震受け再調査へ
8月19日22時54分配信 読売新聞より

 中国電力は、島根原子力発電所(松江市)沖の海底活断層10本について、
再調査する方針を決めた。

 経済産業省原子力安全・保安院に20日、調査の追加計画を提出する。

 中国電力は昨年7月から、原発に対する国の耐震設計審査指針改定に伴って、
島根原発周辺の地質調査を行っている。
これまで「耐震安全性に問題はない」としていたが、
海底活断層が震源となった新潟県中越沖地震で、東京電力・柏崎刈羽原発に
想定外の大きな被害が出たため、改めて音波探査などを実施し、
地震時の揺れの大きさについて検討する。

 再調査するのは、島根原発から半径150キロ以内にある海底活断層10本で、
長さは6~51キロ。最も近い活断層は同原発の北約9・1キロにあり、長さは6キロ。
調査項目の追加で、国へ12月に報告する予定だった1、2号機の
耐震安全性評価は数か月ずれ込む見通し。
by kuroki_kazuya | 2007-08-20 05:26 | 環境 | Comments(0)
たんぽぽ舎 【TMM:No509】 より転載です。

樋口篤三さんより靖国神社に関する以下の文章(その2)

      靖国神社はアメリカのいうことならうけいれる!!
      -天皇より「上」のアメリカ「知日派」政治家-
 
 靖国神社は、国家神道の教義のうえに建っている。明治初期に国家神道は日本
独自の八百万(やおよろず)の神を否定し、廃仏毀釈して天皇を現人神(あらひ
とがみ)にしてしまい、唯一の国教とした。

 同神社は中国、韓国、国内のA級戦犯分祀への要求は、「いったん神として祭
った霊を分けるとはできない」と、昭和天皇の意にそむいても拒否しつづけてき
た。一方、1985年の中曽根首相、99年の小渕内閣・野中官房長官らは分祀
を求めてきた。

 また、中曽根首相の意をうけて、A級戦犯絞首刑の7遺族へは、板垣征四郎元
陸軍大将、大臣の遺族の正氏(当時参院議員、遺族会の中心者)が、自発的合祀
取り下げを打診し、6家族が同意した。が、東條元首相の遺族だけは「他国の干
渉に屈する形で分祀をみとめることはできない」「戦勝国の一方的な断罪を受け
入れることになる」として拒否した。(孫の東條由布子氏)

 靖国神社遊就館は、靖国史観といわれるものに貫かれている。日清、日露戦争
から満州事変、支那事変、大東亜戦争(用語は靖国神社のもの)にいたるすべて
の戦争は、自存自衛のためにやむをえざるものとして一貫してきた。

 ちなみに中曽根康弘元首相の15年戦争観は「私は大東亜戦争について、米英
に対しては普通の戦争であり、アジアに対しては侵略戦争であったと、総括しま
すが、最近の政治家や学者を見ていると、大東亜戦争について触れようとしませ
ん。逃げているのです。」(「永遠なれ日本」 石原慎太郎との対談 01年)
 彼は石原の正義戦争観を批判している。

       アメリカ政治家の威力-天皇を上廻る

 ところが昨年アメリカ政治家が、小泉首相の靖国参拝と併せて、遊就館の対米
戦解説を問題とした。アメリカが29年大恐慌克服の過程の一環として、石油な
どの経済封鎖で日本を戦争に追い込んだ云々というものである。

 この動きに岡崎久彦(元駐タイ大使等、小泉、安倍の外交ブレーン)は即座に
反応した。岡崎(1930-)は、外交軍事戦略と情報戦略の第一人者といわれ、
小泉首相が人の意見を聞くのは、内政経済竹中平蔵と外交の彼しかいない、と加
藤紘一元幹事長はなげいていた。岡崎外交の最大の特徴は、世界一国家のアメリ
カとの固き同盟論で、戦前の日英同盟、戦後の日米同盟によって日本は栄えた。
その反対が大東亜戦争で国が亡びた。この経験則に学んで日米同盟至上を鉄則と
せよというのである。

 彼が米国の反応をみて、靖国史観が、この日米同盟を危うくしかねないと「産
経新聞」に投書。その記事がどういう経路と人(有力政治家、財界人など)をへ
たのか、靖国神社が一変して、すぐに解説を書き替えた。その執筆者がなんとそ
の親米一辺倒の岡崎であった。このイキサツを彼はこの初夏に記者会見でのべた
のである。どういう訳かとりあげないマスコミが多かったが。

 昭和天皇が(現天皇も)A級戦犯合祀のために参拝をやめ、そのいきさつが日
経新聞に詳細にのっても、小泉首相も靖国神社もなに一つ動かなかった。だが米
国政治家(知日派)が一言いうや、パッと動き、すぐに改作までする。靖国神社
にとっては、天皇のいうことや行動より、アメリカ政治家の方が「格上」なので
ある。

 小泉政治いらいとくに日本の右傾化はいちじるしいが、その先導者の国家主義
者や民族主義派がこの靖国のアメリカ一辺倒に一言もないのはどういうことなの
か。「英霊」たちもさぞかし驚き、あきれているであろう。

 安倍晋三らの”新保守本流派”の中心イデオローグの中西輝正の本の題の通り
に「国まさに亡びなんとす」。政治も道徳も地におち、まさに大危機であること
を、今回の靖国劇場は示した。(岡崎の改訂文は見ていないのでふれられなかっ
た。)


     8/26靖国神社ツアー

日 時:8月26日(日)11:00たんぽぽ舎集合~夕方17:30まで

    樋口篤三さんは、講師の一人です。
  
    参加者募集中。定員30名です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たんぽぽ舎では、急ぎの催し物・学習会、重要な情報や大きな
問題への見解などを敏速に多くの人たちへお知らせしたいと考え
ています。
 環境問題と原子力の問題(究極の目標は核の廃止)を追求する
たんぽぽ舎の最新の活動案内・情報・見解等をお送り致しますの
で、ごらんいただくと幸いです。
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  たんぽぽ舎    たんぽぽ舎は、月曜~土曜-
           13:00~20:00のオープンです。
           日曜・休日は、お休みです。

   〒101-0061
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
   TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
   HP http://www.jcan.net/tanpoposya/hyoushi.htm
by kuroki_kazuya | 2007-08-20 05:18 | 憲法 | Comments(0)
柏崎刈羽原発1号機、21日に点検開始
8月18日3時5分配信 読売新聞より

 東京電力は17日、中越沖地震で被災した
柏崎刈羽原子力発電所の1~7号機の原子炉圧力容器のうち、
1号機の点検を21日から始めると発表した。

 作業は年内いっぱいかかる予定。

 1号機は被災時、定期点検中で、原子炉内の核燃料棒は外され、
炉内に水が張られていた。
点検は目視と水中カメラで行い、内部の変形やボルトのゆるみがないかを確認する。

 また、地震で自動停止した7号機については、
圧力容器のふたを開閉するクレーンの損傷が見られないため、
10月中にふたを開けて点検に入る予定。

 一方、東電は17日、地震による機器の故障などが新たに470件あった
と発表した。いずれも重大なものではないという。

公表されたトラブルは計1948件となった。
by kuroki_kazuya | 2007-08-18 04:08 | 環境 | Comments(0)

米兵の自殺者が増加

米兵の自殺者が増加=イラク戦長期化が影響か
8月17日16時0分配信 時事通信より

 【ロサンゼルス16日時事】米陸軍当局は16日、
2006年の兵士の自殺が99人に上ったことを明らかにした。

兵士10万人に対する自殺率は17.3人で、米メディアによると、
自殺に関する調査を始めてからの26年間で過去最高を記録した。

 兵士の自殺は04年が67人、05年が87人と増加傾向をたどっている。

 自殺者の約3分の1がイラク戦かアフガニスタン戦に派兵された兵士だった。
専門家は、危険な戦地への駐留期間が長いほど、
心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを負う危険性が高まると指摘している。 
by kuroki_kazuya | 2007-08-18 03:58 | 日誌 | Comments(0)