スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

柏崎刈羽原発で放射性物質含む水漏出
10月22日8時0分配信 産経新聞より


 東京電力は21日、中越沖地震で被害を受けた柏崎刈羽原発
(柏崎市・刈羽村)7号機の
原子炉建屋のコンクリート壁面のひび(幅約0・1ミリ、長さ約3・5メートル)から、
放射性物質を含む水約6・5リットルが漏れたと発表した。

微量の漏出が続いているが、外部への放射能の影響はないという。

 漏出場所は使用済み燃料を保管するプールに隣接。
東電は、地震発生時の揺れでプールからあふれた水か、
原子炉上部のプールの水がコンクリートに染み込んで漏出したとみて調べている。
by kuroki_kazuya | 2007-10-22 18:45 | 環境 | Comments(0)
制御棒1本が抜けず=点検中の柏崎刈羽原発7号機-
耐震最重要機器で初の不具合
10月18日18時31分配信 時事通信より

 東京電力は18日、新潟県中越沖地震で被災し、
原子炉圧力容器内の点検作業をしている東京電力柏崎刈羽原発7号機で、
制御棒1本が抜けなくなったと発表した。

制御棒の駆動機構は
原発の設計上最も高い耐震性が求められる「Asクラス」
に分類されており、
地震後の点検で同クラスの機器に不具合が見つかったのは初めて。
by kuroki_kazuya | 2007-10-19 04:10 | 環境 | Comments(0)
この社会、地位の高い人ほど「不正」をしています。
と、こどもが考えなければ良いのですが・・・??

「これじゃ、こどもに良いはずないよ・・」と植木等さんも言うでしょう。

<早大教授>院入試でゼミ生に便宜 大学が近く処分
10月10日3時6分配信 毎日新聞より

 早稲田大学(東京都新宿区)商学部の坂野友昭教授(52)が、
早大大学院入試問題の作成者を、
自分が指導するゼミの学生に事前に教えていたことが分かった。

作成者が分かれば出題の分野や傾向を推測できることから、
外部に漏らすことは禁止されている。

大学は調査委員会を設置して関係者から事情聴取しており、
近く坂野教授を処分する。

文部科学省は「入試は公正中立でなければならない」と大学を口頭で注意した。

 関係者によると、坂野教授が学生に便宜を図ったのは、
05年度の大学院商学研究科の入試。

坂野教授は自分のゼミの学生に「私も問題作成者の一人だ」と明かし、
他の問題作成者の名前も教えたという。
作成者が分かれば、それまでの講義内容から、
入試で出題される問題の分野や傾向などを推測することができ、有利になるという。
このため、大学は「極めて重要な機密事項」として、
作成者に情報管理の徹底を求めている。

大学側は文科省に「問題そのものの漏えいはなかった」と説明しているという。

  坂野教授は経営学を専攻。
消費者金融研究の第一人者として知られ、
これまでいわゆる「グレーゾーン金利」の撤廃について否定的な見解などを発表してきた

 毎日新聞は坂野教授に取材を申し入れたが、9日夜までに返答はない。
by kuroki_kazuya | 2007-10-10 18:57 | 日誌 | Comments(0)
核密約明示の米公文書発見=沖縄返還時、
「秘密の合意」-69年、大統領あてメモ
10月7日3時0分配信 時事通信より

 【ワシントン6日時事】1972年の沖縄返還後に
米軍が核兵器を再び持ち込むことを認めた日米間の密約締結を示す
公文書が6日までに発見された。

この問題を担当した当時のキッシンジャー大統領補佐官が
ニクソン大統領あてに書いたメモなどで、
核密約を明示した交渉当事者の公文書が発見されたのは初めて。

密約の存在について否定を続ける日本政府に対して決定的な証拠が
突き付けられた格好だ。

 見つかったのは、最近機密指定を解除された69年11月12、13日付のメモなど。
日本大学の信夫隆司教授(日米外交史)が今年8月に米国立公文書館で発見した。

 佐藤栄作首相の密使として派遣された若泉敬氏
(当時京都産業大学教授、故人)が94年に出版した
「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」(文芸春秋刊)によると、
69年11月19日からの日米首脳会談を前に、
若泉氏と同補佐官は沖縄から撤去される米国の核兵器を再び持ち込むための
方策と摩擦になっていた繊維問題について交渉を続けていた。
両日のメモは若泉氏との話し合いを踏まえた大統領への報告になっている。

 メモの表題は
「沖縄返還後の米国の核持ち込みと繊維問題に関する日本との秘密交渉」。

この中で、キッシンジャー補佐官は首脳会談の進め方を記した日米間の
「申し合わせ」について、
「沖縄への核兵器持ち込みに関する秘密の日米合意に伴う
佐藤首相とあなた(大統領)の台本となるべきゲームプランだ」と説明している。
密約を意味する「共同声明の秘密議事録」という表現も使用された。 
by kuroki_kazuya | 2007-10-08 11:51 | 政治・議会 | Comments(0)
柏崎刈羽原発で水漏れ
10月6日8時2分配信 産経新聞より

 東京電力は5日、
新潟県中越沖地震で被害を受けた柏崎刈羽原発
(同県柏崎市・刈羽村)1号機で、
原子炉建屋内の廃液を受けるタンクから放射能を含む水約2・4トンがあふれた
と発表した。

タンク周囲の堰(せき)内にたまっており、外部への放射能の影響はなかった。
使用済み燃料プールの水を採取する配管弁から漏れたとみられるという。

 東電によると、地震の影響でタンクから排水するポンプが作動しておらず、
水があふれたという。
by kuroki_kazuya | 2007-10-06 11:27 | 環境 | Comments(0)
柏崎刈羽原発:原子炉「開放」、7号機の内部 初の点検、
運転再開にらみ /新潟
10月3日13時1分配信 毎日新聞より

 ◇信頼回復も課題
 東京電力柏崎刈羽原発7号機で、2日から始まった原子炉の開放作業。
中越沖地震当時に稼働中で、緊急停止した原子炉の内部の点検は
今回が初めてだ。燃料棒が入った原子炉内部はどうなっているのか。
点検の行方は、運転再開に大きな影響を与えそうだ。【前谷宏】

 しかし、運転再開には国や自治体、地域住民との合意が必要になる。

並行して実施されている周辺での地質調査の結果と合わせ、
住民の不安感をどれだけ払拭(ふっしょく)できるかが課題となる。
寺澤部長は「逐一、情報公開して、結果をお知らせしていきたい」と話した。
by kuroki_kazuya | 2007-10-04 05:01 | 環境 | Comments(0)
柏崎刈羽原発、敷地は震度7
=中越沖地震で-京大防災研が試算

10月1日19時33分配信 時事通信より

 新潟県中越沖地震で、
東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)敷地内の
地表の揺れが震度7だったことが1日、

京都大防災研究所の岩田知孝教授(強震動地震学)らの試算で分かった。

公式に認められる震度ではないものの、
気象庁が発表した同地震の最大震度6強を上回る強い揺れに
同原発が見舞われていたことになる。 
by kuroki_kazuya | 2007-10-02 05:43 | 環境 | Comments(0)

こばと幼稚園運動会

こばと幼稚園運動会(オリンピック)が
9月30日秋晴れの中盛大に開催された
a0043276_059425.jpg
a0043276_0594091.jpg
a0043276_0595495.jpg
a0043276_1087.jpg
a0043276_103231.jpg
a0043276_104674.jpg


a0043276_142225.jpg

by kuroki_kazuya | 2007-10-01 01:01 | 日誌 | Comments(0)