スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

串間市長選結果

野辺 5401票
福添 4501票
武田 2446票
井手 1393票

投票率 77.65%
前回は、80.79%

野辺は、原発住民投票を実施すると、公約して
当選した。(実施しない方向でやるだろう、が)

またも、原発問題が、串間市に持ち出された。

天草か串間

九電は、高みの見物・・・

さて、串間の良識を叩きつける時だ。
by kuroki_kazuya | 2010-07-26 06:37 | 政治・議会 | Comments(0)

今日も暑かった

今日も暑かったです・・・

写真で少し 涼しく・・・
a0043276_19344598.jpg

札幌テイネ山から札幌市内を見る
a0043276_19361217.jpg

by kuroki_kazuya | 2010-07-13 19:33 | 日誌 | Comments(0)
梅雨お見舞いを申し上げます 

みなさま、長雨にもめげずお元気のことと存じます。
涼しそうな写真を
a0043276_895050.jpg

 気持ちだけはいつも爽やかに過ごしたいものですね。
どうぞご自愛くださいませ。

 2010年7月11日
by kuroki_kazuya | 2010-07-11 08:02 | 日誌 | Comments(0)
フランスで公費不適切使用の2閣外相辞任
=高額のチャーター機や葉巻―仏

 仏大統領府は4日、
公費の不適切使用が批判された
ジョワイヤンデ協力・仏語圏担当、
ブラン首都圏開発担当
の両閣外相が辞表を提出し、
受理されたと発表した。

 ジョワイヤンデ氏は3月、
カリブ海の仏海外県で開かれた会議に出席した際、
高額のチャーター機で乗り付けたとして批判を浴びた。

ブラン氏は先月、
1万2000ユーロ(約132万円)の高級葉巻を公費で購入
したことが、当地のメディアで報じられた。 
by kuroki_kazuya | 2010-07-05 06:17 | オンブズマン | Comments(0)
雑草から組み換え遺伝子検出 
除草剤耐性菜種と交雑か

 三重県鈴鹿市で6月に見つかった遺伝子組み換え菜種と
イヌガラシの交雑体とみられる植物


 三重県内の国道沿いに生えていた
アブラナ科の雑草に似た植物から、
特定の除草剤が効かないよう組み換えた菜種の遺伝子が
検出されたことが2日、市民団体の調査で分かった。

輸入した遺伝子組み換え菜種が輸送中にこぼれ落ち、
国内に広く見られる雑草のイヌガラシと野外で交雑した可能性が高く、
人為的につくられた遺伝子が近縁の植物を通じて
生態系にさらに拡散する懸念がある。

 組み換え菜種と通常の菜種など栽培用植物との交雑は従来もあったが、
野生植物との交雑が確認されれば国内で初めて。

 調査した「遺伝子組み換え食品を考える中部の会」(名古屋市)
河田昌東・四日市大非常勤講師は
「組み換え遺伝子が野生植物にまで広がる可能性が出てきたことで、
農作物だけでなく生態系への影響が懸念される」
と話している。

 組み換え菜種の使用に際しては、
生態系影響の評価など国の承認審査が必要だが、
交雑が懸念される植物にはイヌガラシは含まれておらず、
国は審査の見直しを迫られる可能性もある。
by kuroki_kazuya | 2010-07-03 07:16 | 日誌 | Comments(0)
阿久根市の職員、“クビ”かけ上申書 
市長命令で裁断


 議会を招集せず、
専決処分を乱発するなど
特異な市政運営を続ける鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は

2日、ほぼ全員にあたる約200人の職員が
「法令を順守した市政運営」を求めた上申書2通と署名簿を、
職員に命じて裁断、破棄させた


“クビ”をかけて反旗を翻した職員らは
「当たり前のことをお願いしただけなのに」とあきれ返り、
市民からは「全然市民のためになっていない」など、
相次ぐ異常事態に批判の声が上がった


 市関係者によると、上申書は6月25日、
一般職員が所属する市職員労働組合(市職労)
と課長級職員約20人が、総務課長を通じて提出。

28日、総務課長が手渡そうとすると、市長は受け取りを拒み
「シュレッダーにかけろ」と裁断を命じた。

困った担当職員が手元で保管していたが、
2日午前、市長が「あれ(上申書)はどうした」と詰問。
残してあることを知ると、再度即座の裁断を命じたため、
職員がシュレッダーで裁断したという。

 裁断されたのは、一般職員の趣意書1枚、署名簿3枚
▽課長級の趣意書1枚、署名簿1枚の計6枚。

 ある職員は「憤まんやるかたない。異常としか言いようがない」
とさじを投げた様子。

 市民からも厳しい声が出た。

同市琴平町、無職、高橋敏和さん(64)は
「専決処分が一番いけない。
改革するならきちんと議会や報道の前で説明すべきだ。
小学生がだだをこねているようで阿久根の恥」。

以前、竹原市長を応援していたという自営業の女性(66)は、
上申書の裁断を聞き「本当にやったの? もう疲れた。
早く平和になってほしい」と声を落とした。
「ワンマンで人の言うことを聞かないだけ。
議員や市民と話し合ってほしい」と話した。

 
by kuroki_kazuya | 2010-07-02 23:21 | 政治・議会 | Comments(0)
陸自のハイチPKO隊員が宿営地内で誤射
 上官が虚偽報告


 防衛省は2日、ハイチ復興支援の国連平和維持活動(PKO)
に派遣された陸上自衛隊の2曹(34)が、
宿営地内で拳銃の実弾1発を誤射したと発表した。

報告を受けた上官の3佐(45)が、
誤射の場所について虚偽の報告をしており、
同省が事実関係を調査している。

 統合幕僚監部によると、
誤射は6月14日午前5時15分(日本時間午後7時15分)ごろ発生

宿営地内を巡回し終えた2曹が、
弾の残っていないことを確認する場所で弾倉を外し、
空撃ちをしなければならないのに失念し、
別の場所で誤射したという。

15日午前、防衛省に報告されたが、
匿名の投書で21日に虚偽報告が判明


2曹から報告を受けた3佐が隊長に虚偽報告したという。
by kuroki_kazuya | 2010-07-02 23:10 | 軍事 | Comments(0)