スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

新燃岳噴火:被災農家応援 「降灰野菜」飛ぶ売れ行き 
宮崎市一番街で販売 /宮崎
毎日新聞 2月27日(日)15時17分配信より

写真は、黒木撮影、清武町で1月27日夕刻
a0043276_445148.jpg


  ◇100円均一
 新燃岳の噴火から1カ月を迎えた26日、
宮崎市橘通西の一番街の「街市」で、
降灰被害を受けた野菜の販売があった。

小林市と綾町で収穫された
大根、ブロッコリー、キャベツ、レタスの4種類約420個が並んだ。

 灰をかぶった「降灰野菜」は商品価値が下がり、
スーパーなどの量販店は敬遠するが、
品質に問題はなく、灰を洗い流せば食べられる。

 一番街商店街振興組合などで作る街市実行委(村岡浩司委員長)が
JAグループに企画を持ち寄った。

JA宮崎中央も
「被災地の農家が頑張っていることを消費者にアピールするのが目的。
採算は度外視した」と全品ほぼ原価の100円で販売。
瞬く間に完売した。

 家族で来た宮崎市小松の主婦、水元陽子さん(37)は
大根2本を買った。
「洗えばきれいになるので、全然不安はない。
食べ物を無駄にしないことにもなる」と話した。

 村岡委員長は「県民で食べ支える気持ちだ。
災害が続いている限り、販売は定期的に開きたい」
と話している。【中村清雅】

2月27日朝刊

なかなか、
良い企画です、ネ。
(パチパチ)

by kuroki_kazuya | 2011-02-28 04:46 | 労働 | Comments(0)
民主・小沢元代表、解散総選挙になれば民主党が惨敗するとの見通し示す
フジテレビ系(FNN) 2月27日(日)20時20分配信より
(記事とは、関係有りませんが)
串間の生涯学習発表会の時、江戸家 猫ハさん、が、
出番前に、大束の方達と記念撮影で
a0043276_4313688.jpg



民主党の小沢元代表は、
宮城・岩沼市の会合で、
衆議院の解散総選挙となる可能性も大きいとの認識を示したうえで、

「一昨年(2009)とは、まったく逆の風の中で戦うことになりかねない」と述べ、
今のままでは民主党が惨敗するとの見通しを示した。

小沢氏は、「解散総選挙ということも言われておりますが、
それが現実になる可能性も非常に大きいのではないか」、
「このまま解散総選挙になれば、まさに一昨年(の衆院選)とは、
まったく逆の風の中で選挙戦を戦うことになりかねません」と述べた。

さらに小沢氏は、
「われわれが掲げた理想の旗、国民との約束が、
だんだんかすんで見えなくなっていることに対する国民の批判は、
謙虚に受け止めなければならない」と述べ、
マニフェスト修正を検討する菅首相の政権運営を批判した


その通り、菅直人は、自己保身の塊だ。
前原と同類で、アメリカや独占資本のご機嫌とりだけ、しか考えていない

by kuroki_kazuya | 2011-02-28 04:25 | 政治・議会 | Comments(0)
牛乳の賞味期限が10日から数カ月に 
71歳社長、殺菌技術で特許

産経新聞 2月27日(日)21時29分配信より

写真は、串間市大束中の生徒が2月20日 
生涯学習発表会での演奏(記事と関係有りません)
a0043276_3482672.jpg


 食品を加熱せずに無害で殺菌できる技術を、
還暦を過ぎて起業した大阪のベンチャー会社社長が開発し、
特許を出願した。

「高電界」と呼ばれる環境を常温で安全に作り出す仕組みで、
牛乳なら風味を損なわずに賞味期限を数カ月に延ばせるという


年内の実用化を目指し乳業メーカーなどと装置を共同開発中で、
賞味期限の短い食品の輸出機会が拡大するなどの効果が期待できそうだ。

 大阪市此花区の機能性セラミック製造業、
アキュサイト=井川重信社長(71)=が開発した。

井川さんは中山製鋼所の元取締役で、
定年退職後の61歳で起業。

製鉄の経験と知識を生かし
セラミックを用いた浄水器などを製造しており、
ミネラル水の自動販売機を
これまでにスーパーなどへ約150台販売している。

 井川さんは既存の殺菌・滅菌技術に対し、
「水道水の塩素は人体の免疫自体を弱め、
プラズマは高価なうえ、有害なオゾンを発生する」
などと懸念していたという


そこで大きな電位差のある空間(高電界)に
細菌を含む液体を通せば、
細菌の細胞膜の内外に電圧の違いが生じ、
細胞膜が破れて死滅する-と想定。
試行錯誤の末、
電気を蓄えるコンデンサーを改良した電極で
2千ボルト前後の高い電位差の高電界を作り、
大腸菌を含む水を通すと大腸菌は死滅したという。

 理論を実験で裏付けるまで1年がかり


井川さんは「コンデンサーの構造を利用したのは、
まさにひょうたんから駒。
研究を長年やり尽くすと、とっぴなことを思いつく」と振り返る。
実験装置は手のひらサイズの基板に電極を張り付けたシンプルな構造で、
数ボルトの電圧と100ワット以下の電力だけで
動かせるため、コストが低く安全だという。

 牛乳は短時間に大量生産するため、
現在は数秒間の高温加熱殺菌が主流。

通常より高温で殺菌し、
保存性の高い紙パックに詰めたロングライフ牛乳を除くと
賞味期限は長くても10日程度だが、

この技術を応用すれば風味を損なわずに期限を数カ月に延ばせ、
輸出の拡大も期待できる。

 装置の価格は、
大規模工場向けなら熱処理装置の半分程度の2千万~3千万円に抑えられる見込み。
井川さんは「年内には実用機を作る」と意気込んでいる

by kuroki_kazuya | 2011-02-28 03:33 | 科学 | Comments(0)
人口減 宮崎県は、5年間で1万7922人減で

113万5120人に
(国勢調査速報値、2010年10月1日時点)

ピークの1995年には、117万5819人であった。

この、5年間で減った人口は、
新富町の人口(1万7957人)に匹敵


宮崎市は、合併もあり、40万352人と、県人口の35.3%が集中

一方、串間市は、7.51%減で市部で一番減少率が多い

地域間格差が顕著になっている
a0043276_1395569.jpg

人口減と、関係ないが・・・
美空ひばりの
a0043276_1511553.jpg

by kuroki_kazuya | 2011-02-27 01:42 | 歴史 | Comments(0)
スキーで少し、気分を爽快に・・・
(あまり、気分のよい記事が世間に有りませんので・・・)

広島県 芸国スキー場で
a0043276_715272.jpg
a0043276_7153416.jpg
a0043276_715516.jpg
a0043276_7162395.jpg
a0043276_7164385.jpg

by kuroki_kazuya | 2011-02-25 07:16 | 写真 | Comments(0)
民主の反菅勢力らがTPP反対の「全国会議」発足 「政権交代の原点戻れ」
産経新聞 2月24日(木)13時31分配信より

 菅政権が重要政策に掲げるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
に反対する民間人や国会議員らが24日、
東京・永田町の憲政記念館で記者会見し、
「TPPを考える国民会議」を設立したと発表した。

宇沢弘文東大名誉教授が代表世話人、
民主党の山田正彦前農水相らが世話人に就いた。
 記者会見で山田氏は、
「TPPは関税問題だけではない。
人、モノ、金の移動が自由になることが前提なので、
大きな問題があることが分かってきた」と述べた。

その上で「民主党は政権交代の原点に今戻らないといけない。
内需を中心とした福祉国家を目指した」と、
菅政権の政策運営を批判した。

 国民会議には、
民主党や国民新党の議員による「TPPを慎重に考える会」(会長・山田氏)
も参加する。

26日から全国各地で対話集会を開き、TPP反対を一般市民に訴える。
by kuroki_kazuya | 2011-02-25 04:07 | 政治・議会 | Comments(0)
床抜け天井迫ってきた…救出19歳恐怖の9時間


「ニュージーランドは、大変な状況のようですが、
現実に、宮崎県や鹿児島県の境にある、
霧島山系の新燃岳が爆発し、
その噴煙、火山灰が都城市や宮崎市などに降り注ぎ目も開けられない
車の上に灰が積もり、ワイパーが動かせない
歩けば、靴は真っ白に
洗濯物は、外に干せない・・・
現実に、自分の身に、災難がやってこないと、
人ごと、にしか、思っていません。ネ。」



これからは、読売新聞 2月24日(木)3時2分配信より

【クライストチャーチ(ニュージーランド)=吉池亮】

22日昼(日本時間同日朝)に
ニュージーランド・クライストチャーチを直撃した強い地震で、
倒壊した語学学校「キングス・エデュケーション」の
入居するビルから救助された
富山市立富山外国語専門学校の学生、
升谷(ますたに)文香(のりか)さん(19)が
23日、読売新聞の取材に応じた。


足元の床が崩れて体が落ち、
目には迫ってくる天井が見えた――。
倒壊の瞬間の恐怖を振り返り、
約9時間もがれきの中で待った末の救出や、
友人の無事を願う思いについても語った。


升谷さんは、市中心部のクライストチャーチ病院でベッドに横たわっていた。

4階のカフェテリアで、学生約20人で昼食を取っていた。
22日午後0時51分(現地時間)。
「周囲の物がカタカタと震え始め、次に大きな揺れがガンと来た。
足元の床が抜けて崩れ、下に落ちる瞬間、天井が迫って来るのが見えた。
体が砂ぼこりに包まれた」
 

真っ暗になり息が苦しかった。
右足ががれきに挟まり、動くことができない。
教員の足が目の前に見え、
携帯電話で何回も
「ベリー・シリアス(とても重大な事態だ)」
と言っているのが聞こえた。
他の学生も携帯を手に取り、実家などに助けを求め始めた。

ここまで、が記事。です。

今世紀前半中に
南関東から九州までの広い範囲を発生すると考えられている
南海・東南海地震、東海地震という巨大地震がある、
と、言われています。


みなさん方も、言葉は、頭の隅に残っている、でしょうが・・・(私は、そうです)
しかし、現実、明日・明後日に地震が自分の近くで起こる、なんて
考えていません(多分、圧倒的多数の方が、と、私は、思います)


ですが、現実に、宮崎県や鹿児島県の境にある、霧島山系の新燃岳が爆発し、
その噴煙、火山灰が都城市や宮崎市などに降り注ぎ目も開けられない
車の上に灰が積もり、ワイパーが動かせない
歩けば、靴は真っ白に
洗濯物は、外に干せない・・・
現実に、自分の身に、災難がやってこないと、
人ごと、にしか、思っていません。ネ。

by kuroki_kazuya | 2011-02-24 05:34 | 地震 大災害 | Comments(0)
原発予算 湯水のように これが原発中毒だ!!!

朝日新聞 2月17日付けより
a0043276_7174728.jpg
a0043276_7175632.jpg
a0043276_718342.jpg
a0043276_7181083.jpg
a0043276_7182013.jpg


22日のブログに載せました、が、再度掲示します。
東芝の1社応札で、その金額の正当性は、???です。


損傷の炉内中継装置 製造費4億4千万円 
福井
産経新聞 2月15日(火)7時57分配信

 高速増殖炉もんじゅの炉内中継装置が落下した事故で、
損傷した中継装置の再製造費について、
約4億4千万円の製造費がかかることが14日、明らかになった。

 原子力機構によると、
平成24年12月28日を納期とする本契約を10日、東芝と締結。

平成23年度予算に計上した。
一般競争入札で事業者を公募したが、東芝の1社応札となった。
 

炉内中継装置の引き上げと復旧にかかる工事費9億4千万円と合わせると、
工事の全体費用は約13億8千万円となる。
by kuroki_kazuya | 2011-02-23 07:18 | 住民投票 | Comments(0)
串間市生涯学習推進大会・・・その2

江戸家 猫ハ 講演
演題「芸の心・人の心」

その前に、昨日(2月22日の宮崎日日新聞「窓」に中学生の声あり)
a0043276_3432577.jpg


それでは、江戸家 猫ハ さんの登場です・・・
a0043276_3371522.jpg
a0043276_3372933.jpg
a0043276_33738100.jpg

昨日(2月22日の宮崎日日新聞「窓」に中学生の声あり)
a0043276_3432577.jpg

みなさん、嬉しそうです・・・
a0043276_3551188.jpg
a0043276_3553256.jpg
a0043276_3554958.jpg
a0043276_3561052.jpg
a0043276_3562730.jpg

by kuroki_kazuya | 2011-02-23 03:37 | 日誌 | Comments(0)
「TPP反対で結束」24日に超党派国民会議発足へ
産経新聞 2月23日(水)1時47分配信より

 民主党や国民新党の国会議員による
「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を慎重に考える会」
(会長・山田正彦前農水相)を中心に、

新たに有識者を交えた
超党派の「TPPを考える国民会議」が発足することが22日分かった

菅政権が看板政策に掲げるTPPをめぐり、
民間人や野党を巻き込んで反対運動を展開するのが目的で、
国民会議がそのまま菅政権倒閣運動の中核組織に発展する可能性もある。

「国民会議」の代表世話人には宇沢弘文東大名誉教授が就任、
山田氏は世話人となる予定だ。
24日に都内で設立の記者会見を行う

 
24日に発表予定の設立趣意書では、
TPPについて「国民生活を脅かす改革に懸念を抱かざるを得ない。
政府に対して、拙速な参加ではなく、
真に国益にかなう経済連携を求めたい」と盛り込み、
参加への強い反対を示している

今後は、全国各地での集会開催も計画している。

 設立にかかわる民主党議員の一人は、
自民党をはじめとする野党議員にも参加を促していくとしている。

「慎重に考える会」のメンバーは民主党の小沢一郎元代表を支持する議員が多い。
by kuroki_kazuya | 2011-02-23 03:00 | 歴史 | Comments(0)