スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2012年 06月 ( 100 )   > この月の画像一覧

発電コストは原発の1000倍 

もんじゅの巨額投資いつまで??


たんぽぽ舎です。【TMM:No1501】
2012年6月29日(金)より一部転載 


━━━━━━━
★1.本当は、もう原発のことは考えたくない・・・
    でも、福島で起こったことを、福島の人間が伝えなければ、
    福島の犠牲は報われません。           (きだせつこ)
★2.発電コストは原発の1000倍 もんじゅの巨額投資いつまで??
                   (6月25日 デーリー東北より)
★3.生きるための脱原発、原子力防災は果たして成り立ちうるか
       (6/25 茨城新聞「安全の羅針盤」より、村上達也 東海村長)
★4.読者からイベントのおさそい(問い合わせは主催者へお願いします)
 ◇7.1新宿原発やめろ!!!!! 新宿中央公園集合16時
 ◇浜岡原発現地報告会 7月7日(土)午後2時、飯能市
★5.<テント日誌6/26(火)
   —経産省前テントひろば290日目 稼働原発ゼロ52日目>
    テントを訪れる人々は絶えることなく
    10・29官邸前10万人行動へ!6・30−7・1おおいへ!


より転載、(2と3)

┏┓
┗■2.発電コストは原発の1000倍 もんじゅの巨額投資いつまで??
 └────(6月25日 デーリー東北より)

原子力機構の高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の開発を続け
た場合、総事業費は少なくとも1兆4千億円を超えることが明らかになった。


1995年のナトリウム漏れ事故をはじめ、
トラブルと計画延期を繰り返し、

発電実績から単純計算した発電単価は今のところ、

現在の原発の約千倍に上がる1キロワット時当たり1万円。


 東京電力福島第1原発事故後、政府は原発に依存しない方向を打ち出し、エ
ネルギー・環境会議で原子力を含めたエネルギー政策を議論するが、もんじゅ
の扱いは試金石となりそうだ。

「長年にわたって多くの費用が費やされたが、いまだに実用化されていない」。

国の原子力委員会は
21日に決定した核燃料サイクルに関する報告書で、

高速増殖炉開発にチェック機能が働いていなかった

可能性があるとの反省の弁を記した。


(後略)



┏┓
┗■3.生きるための脱原発、原子力防災は果たして成り立ちうるか
 └────(6/25 茨城新聞「安全の羅針盤」より、村上達也 東海村長)

「原発は安全だというのが、従来の前提だった。

原子力の防災対策・計画は、これに基づいて立てればよかった。

しかし百パーセント吹っ飛んだ。

『原発は安全』という前提がなくなり、

原子力防災は果たして成り立ち得るのか、

との考え方が必要になった」


原発は、核燃料を冷却できなくなればメルトダウンを起こし、

強固とされた閉じ込め機能は意外なほど脆弱だった−。


大量の放射性物質を広範囲にまき散らした東京電力福島第1原発事故は、

「安全神話」に寄りかかったこれまでの
原子力防災対策を土台から突き崩した。

(中略)
 
「日本は、推進となったらそれ一辺倒になり、

コントロールできずに暴走する。

戦争もそうだった。

脱原発の動きは『国権』に対する『民権』の動き。

脱原発の選択肢は変えられないし、

流れは止まらない。



人類は無限の太陽エネルギーの活用に転換すべきだ。

それができずに技術先進国だなんて、

ちゃんちゃらおかしい」

(中略)


「原発をなくしたら生活ができなくなる、といった言い方は短絡的だ。

与えられたカネで生きていくには限界がある。

立地地域が、原発依存からいち早くどう脱却するかが求められている。

それには県の力も国の支援も必要だ」
 
事故発生による甚大な被害と、

手に負えない核のごみ。

解決への道筋は見えない。


「天災と違い、

原発事故は運命だとは諦められない。

家族が分断され、

生活
の基盤を支える故郷を失う。

原子力は、

人類が処理できない放射性廃棄物も生み出す。

人類が生き残るには原発があってはいけない。

原発はやめるべきだ。

それが『生きる』ということだ。

by kuroki_kazuya | 2012-06-30 05:11 | 核 原子力 | Comments(0)
辺野古 

新基地 建設反対現場


a0043276_5205833.jpg
a0043276_5214330.jpg
a0043276_5221083.jpg
a0043276_5224341.jpg
a0043276_5231018.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-06-30 05:02 | 写真 | Comments(0)
<原発>再稼働、

平和的に抗議を…

ネットでの呼びかけで続々


毎日新聞
6月29日(金)21時32分配信より一部

 
東京・永田町の首相官邸前で

毎週金曜日の夕方、

大飯原発3、4号機再稼働への
抗議行動が行われている。

3月末に始まり、

毎回参加者が増加。

29日には官邸前から霞が関への
車道を埋め尽くすまでに拡大し、

警察の機動隊も出動した。

ツイッターやフェイスブックでの
呼びかけで集結した人々は
組織化されておらず、

デモ行進はなし。

官邸前でひたすら「再稼働反対」と叫ぶ
のが特徴だ。

なぜ、これほど多くが集まるのか--。

騒然とする官邸周辺を歩いた。




 
・・・・




 埼玉県蓮田市の会社員、田中秀行さん(38)はさいたま市の勤務先からスーツ姿で訪れた。参加はこの日が初めて。「集会やデモに出たことはないが、もう無関心ではいられないと思って。政治色もなさそうだったので抵抗感はありませんでした」と言う。

 「再稼働反対、再稼働反対」。同6時になると人々が官邸に向かって叫び始め、一帯はヒートアップ。6~15歳の子供3人と初参加した静岡県袋井市の無職、中田里美さん(44)は「平和的に抗議していることをネットで知り、子供を連れて来た。参加者は『普通に生きたい、家庭を守りたい』という思いだけ。自分も一緒」。

 
抗議は有志の市民ネットワーク「首都圏反原発連合」が呼び掛けた。4月3日の原発再稼働を巡る1回目の閣僚会合を前に「直接抗議の声を上げよう」と行動を起こした。

 
当初の参加者は約300人。参加者が思い思いにチラシを作などしたこともあって情報が広がった。再稼働決定前日の6月15日、主催者発表で参加者が1万人を超えると、インターネット上で更に話題を呼んだ。

 
午後7時すぎ、参加者は歩道からあふれた。反原発と無関係な主張を掲げる横断幕やのぼりは見えない。主催者の一人でイラストレーターのミサオ・レッドウルフさん(ペンネーム)によると、従来のデモや集会のような雰囲気を一掃し、誰でも参加できる器づくりに徹しているという。
 




・・・・




---------------------------------------------------------------------------


野田首相「大きな音だね」=

官邸周辺の反原発デモに



時事通信
6月29日(金)21時27分配信より一部

 
野田佳彦首相は29日夜、

首相官邸を出て徒歩で公邸に移動する途中、

関西電力大飯原発3、4号機の

再稼働に抗議する

官邸周辺のデモ隊の掛け声や鳴り物の音を耳にして

「大きな音だね」と傍らの警護官に語った。

驚いた様子だったが、

そのまま立ち止まらず公邸に入った。



 


・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-30 04:49 | 学ぶ | Comments(0)
<原発危険度>

24基「即時廃炉」
 

超党派議員がランキング



毎日新聞
6月28日(木)23時0分配信より一部

超党派の国会議員で作る「原発ゼロの会」は

28日、全国の原発50基を経過年数や地盤の状況、

周辺人口などで採点した

「原発危険度ランキング」を発表した。

危険度が最高だった日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県)

など24基は過去の地震で被災したり、

活断層上に立地していることから、

点数に関わらず「即時廃炉にすべきだ」と位置付け、

残り26基を危険度順に並べた。


 
NPO法人「原子力資料情報室」や原子力安全・保安院などの情報提供に基づき、▽原子炉(炉型、経過年数、事故率など=配点6)▽地盤など(耐震性、地盤状況=配点5)▽社会環境面(周辺人口、事業者への行政処分の実績=配点4)--の3分野9項目から、15点満点で評価したという。
 
「即時廃炉」の24基のうち、敦賀1、2号機や菅直人前首相の要請で停止中の中部電力浜岡原発3~5号機(静岡県)は「活断層上にある」ことが理由。

東京電力福島第1、第2原発(福島県)、東電が13年度以降の再稼働を目指す柏崎刈羽原発1~7号機(新潟県)などは、東日本大震災や07年の新潟県中越沖地震で被災したため「再稼働は危ない」と判定した。
 






・・・・





「順次廃炉」を求める26基のランキングでは、

関電大飯原発1、2号機(同)が

地盤の危険度が満点の5となるなど、計10.75で1位。

運転開始から40年が経過した美浜1号機は

原子炉の危険度が4.6などで3位となった。


政府が再稼働を決定した大飯3、4号機は12位だった。
 


同会は民主、自民、公明、みんな、共産、社民、新党きづなの7党の衆参議員10人で構成。山内康一衆院議員(みんな)は「ドイツのように危険な原発から順に廃炉とする発想で、脱原発を考えるたたき台にしたい」と説明した。

【笈田直樹】
by kuroki_kazuya | 2012-06-29 05:22 | 歴史 | Comments(0)
<原発再稼働反対>

金曜のデモ


参加者急増 

警視庁、厳重警備

毎日新聞
6月28日(木)23時41分配信より一部

毎週金曜の夕方に

東京・永田町の官邸周辺で行われている

原発再稼働反対を訴える抗議活動で、

参加者が急増している。

背景にツイッターなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及があり、

参加人数の予測は難しい。

29日は過去最大規模になるとの情報もあり、

警視庁は「抗議活動としては過去十数年で最も多い」
という数百人体制で警備にあたる方針。



 従来のデモは既存の団体や政党が「動員」をかけるケースが多く、警察当局は参加人数を把握した上で、警備計画を立てていたとされる。一方、今回は主催者側に特定の政党色は薄いとされ、ツイッターやフェイスブックなどで呼び掛けが連鎖的に広がっていることもあり、人数の把握はかなり難しいという。


 警視庁などによると、抗議活動が始まった今年3月には数百人規模だったが、次第に増加。政府が大飯原発再稼働を決定する前夜の15日は主催者発表で約1万1000人(警視庁調べ約2600人)が集結。


再稼働が正式決定(16日)した後の22日には主催者発表で4万5000人(同1万1000人)に膨らんだ。いずれも警視庁の事前予測を上回った。 





・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-29 05:11 | オンブズマン | Comments(0)
辺野古 

新基地 建設反対現場


a0043276_5151774.jpg
a0043276_5155880.jpg
a0043276_5163785.jpg
a0043276_5171170.jpg
a0043276_5174342.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-06-29 05:02 | 写真 | Comments(0)
津波恐怖、

未来に伝える教訓 

河口から22キロ上流に看板


産経新聞
6月28日(木)23時35分配信より一部

 
津波被害を記憶して

防災意識の啓発に役立てようと、

北上川下流河川事務所が

宮城県石巻市で、

河口から22キロ離れた

旧北上川の川岸に

津波到達を記した表示板を設置した。






・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-29 04:57 | 地震 大災害 | Comments(0)
東電値上げチェック項目公表=

人件費3割以上削減求める―

消費者庁検討チーム


時事通信
6月28日(木)11時54分配信より一部

東京電力の家庭向け電気料金の値上げについて、消費者の立場から妥当性を審査する消費者庁の検討チームは28日、審査の際の具体的なチェック項目を公表した。

過去に公的資金が投入された企業の事例も踏まえ、人件費30%以上の削減を求めた。
 


正社員の年収の削減率は、東電の申請では約23%だったのを、チェック項目では最低でも30%とし、賞与は支給しないことを求める。




・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-29 04:49 | 九電労組 | Comments(0)
東電新会長社長が会見 

社長経験者への

社用車供用廃止などを決定


産経新聞
6月28日(木)12時11分配信より一部

 
東京電力の下河辺和彦会長と広瀬直己社長は

28日、東電本店で就任後初となる会見を行った。

下河辺会長は

「新生東電の原点は、

(原発事故への)心からのおわびの気持ち」と説明。

その上で、経営改革の方針として

「徹底したお客さま目線を経営の隅々にまで行き届かせる」

と抱負を述べた。



東電は、

27日の株主総会後に
新体制で初となる取締役会を開催。

下河辺氏は会見で、

この取締役会の決議として
(1)現場部門と本店の社員を入れ替える新人事政策、
(2)関連会社の合理化の深掘り、
(3)社長経験者など「社友」への社用車供用廃止などを決定した
ことを明らかにした。
 





・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-29 04:36 | 九電労組 | Comments(0)
『再稼働前に現地調査が必要』  

西英子 名古屋市 75才


「「「たんぽぽ舎です。【TMM:No1499】
   2012年6月27日(水) 
   地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎           

」」」
より転載

              
2 『再稼働前に現地調査が必要』  西英子 名古屋市 75才

 名古屋在住の西英子と申すものです。
 6月21日の朝日新聞に大飯原発の活断層調査を求める私の投書が載りました。


 大飯原発の敷地内にある断層について、2人の専門家が「活断層の可能性があ
る」とし、再稼働する前の現地調査の必要性を指摘していました(9日夕刊)。
京都の神社に伝わる古文書に、1586年に起こった「天正大地震」で若狭湾
周辺の海岸に大津波が発生し、家が流されて多くの人が死亡した、という記録が
残っています。


 また、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが書いた「日本史」のなかでも、
現在の若狭湾にあたる場所で「山と思われるほど大きな波に覆われ、引き際に家
屋も男女もさらってしまった」と記載されています。


 関西電力は、このことを知りながら「若狭湾には津波による大きな被害の記録
はない」と地元住民と自治体に説明してきました。


原発立地の条件を定めた国の
「原子炉立地審査指針」に照らせば、この断層の再調査の必要性は明らかです。
 断層は原子炉の真下にもあり、敷地内の最も長い断層と一緒に動けば地表がず
れて、大事故になるでしょう。再稼働の前に現地調査を行い、実態を解明するべ
きだと思います。  

(終り)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2−2 大飯原発敷地内の破砕帯問題
「関電はなぜ資料出さない」   調査求める声拡大

「大飯原発直下の破砕帯の調査を至急行ってほしい。調査終了まで3,4号機の
再稼働はやめてほしい。見切り発車は許されない」
脱原発と再稼働反対を訴える「原発設置反対小浜市民の会」など9団体は同日、
経済産業省を訪問し、北神圭朗政務官に対し、破砕帯調査を求める要望書を1万
余の署名を添えて手渡した。
中略 
破砕帯は「F—6断層」と呼ばれる軟弱な断層で、1,2号機の間の地下を走っ
ている。問題は破砕帯が周辺の3本の活断層と連動することで、原子炉に損傷を
与える可能性があることだ。危険があるならば、原発立地として不適格であり、
政府の再稼働決定への疑問は一層強まることになる。
関電、経済産業省原子力安全・保安院ともにF—6断層に活断層はないと分析し
ている。しかし関電は原発の設置許可申請書では示していたF—6断層の北側断
面図を、再稼働をめぐる一連の審議や会議の中では提出していない。
中略 
東洋大の渡辺満久教授は「F—6は恐らく活断層。原子力施設の下にこういう断
層があることを恐れる」と指摘した。渡辺教授と同席した石橋克彦・神戸大学名
誉教授は「もし、F6が活断層であれば、周囲の3本の活断層とつながっている
かもしれない。そうなれば(地震が発生した場合の)被害はより大きくなる」と
述べた。
原子力安全委員会の斑目春樹委員長ですら「最新の知見が出たなら、原子力安全
・保安院で評価をしっかりやり直すべきだ」と話している。
(6月27日 東京新聞より抜粋)

by kuroki_kazuya | 2012-06-28 05:11 | 核 原子力 | Comments(0)