スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2012年 12月 ( 98 )   > この月の画像一覧

フローランテ 宮崎市 

おはようございます

本日も「黒木 和也のブログ」へ

おいで頂き、大変有難うございます。

来年も、宜しくお願い致します。

フローランテ

a0043276_7131471.jpg
a0043276_7132923.jpg
a0043276_713387.jpg
a0043276_7134753.jpg
a0043276_7135771.jpg
a0043276_7141225.jpg


良いお年を!!!
by kuroki_kazuya | 2012-12-31 05:01 | 写真 | Comments(0)
手稲 ハイランド

a0043276_23153586.jpg
a0043276_23155175.jpg
a0043276_2316487.jpg
a0043276_23161894.jpg
a0043276_23162938.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-12-30 05:03 | 写真 | Comments(0)
<福島第1原発>

津波「過小評価」に注目 
検察が任意聴取


毎日新聞
12月30日(日)2時30分配信より一部

東京電力福島第1原発事故の
刑事責任の有無を
捜査している検察当局が、

東日本大震災発生前の
08年に

東電が
15メートル級の津波を
試算していた
ことに注目し、

地震や津波の研究者から
任意で事情聴取を始めたことが分かった。


東電幹部らは
業務上過失致死傷容疑などで
告訴・告発されており、

検察当局は
想定津波の科学的根拠を調べることで
▽巨大津波は予見可能だったか
▽事故は回避可能だったか--
などの判断の中核に位置づけるとみられる。


 東電は、同原発への想定津波を最大6.1メートルと設定していたが、震災では10メートル以上の津波が到達。冷却用ポンプや非常用のディーゼル発電機が水没し、1~3号機は全電源が喪失して炉心溶融(メルトダウン)や放射性物質拡散につながった。

 東電の事故調査委員会などによると、最大6.1メートルの想定津波は09年2月、電力会社の研究者や大学教授らでつくる「土木学会」が策定した津波の計算式「津波評価技術」に基づき設定された。一方、その約8カ月前の08年5~6月に文部科学省の地震調査研究推進本部が発生の可能性を指摘した福島県沖の海溝沿いの地震津波についても社内で独自に検討。最大15.7メートルの津波を試算していた。

 しかし、東電幹部は15メートル級の津波について▽原子力安全・保安院(現・原子力規制委員会)が具体的な判断基準を示していない▽福島県沖の海溝沿いでは大きな地震は起きないとされていて評価が定まっていない--ことなどを理由に、対策を先送りした。また、08年12月ごろには、貞観(じょうがん)地震(869年)に伴う津波の論文に基づき、最大9.2メートルと試算したが、同様の理由から対策を見送っていた。







・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2012-12-30 04:55 | 九電労組 | Comments(0)
安倍政権の閣僚ら、

政治資金から
不適切支出続々


読売新聞
12月29日(土)11時35分配信より一部

安倍政権を支える
閣僚や自民党幹部らが、

自身が入会する
ライオンズクラブ(LC)の会費や
慶弔費を、

政治資金から
支出していたことが、
政治資金収支報告書から分かった。



 各議員は、会費を返金するなどの対応を取ったという。

 甘利明経済再生相の資金管理団体「甘山会」は2005~11年、甘利氏と秘書が入会する地元LCの会費計約190万円を支出した。

過去にも政治団体がLCの会費を支払ったケースはあるが、LCは政治活動を持ち込まないことがルールとされており、議員個人として参加したことになるため、政治資金から会費を支出することは「公私混同」にあたると指摘されてきた。

甘利事務所は「政治活動はしていないが、過去の会費は本人が返金する」とした。石破茂幹事長の政治団体「石破しげる後援会」も10~11年、LCの会費計約37万円を支出。石破事務所は「政治活動の一環と疑いを持たれることがあり得る」とし、石破氏が同後援会に返金したという。






・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2012-12-30 04:49 | 政治・議会 | Comments(0)
<大飯原発>

活断層巡る結論 

来春以降か


毎日新聞
12月29日(土)21時21分配信より一部

全国で唯一稼働している
関西電力大飯原発(福井県)の

敷地内を通る断層
「F-6破砕帯」が

活断層かどうかを調べている

原子力規制委員会の調査団は
29日、2回目の現地調査を終えた。

調査団の見解は一致せず、
来年1月の評価会合で議論する。

しかし、
判断材料に敷地南側の
調査溝データが必要との指摘が相次ぎ、

最終的な結論が得られるのは
来春以降にずれ込む可能性もある。


 調査団は規制委の島崎邦彦委員長代理と、外部専門家4人の計5人で構成され、28日に現地入りした。この日は28日に続き敷地北端の「台場浜」付近の調査溝で、11月の前回調査で見つかった地層のずれを観察。ずれの成因について、岡田篤正・立命館大教授が「地滑りで十分説明できる」と言及したのに対し、渡辺満久・東洋大教授は「海域の活断層につられて動く可能性がある」と指摘した。調査団を率いる島崎氏は「まだ検討が必要」と総括した。






・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2012-12-30 04:37 | 九電労組 | Comments(0)
手稲 ハイランド

a0043276_23103988.jpg
a0043276_23105479.jpg
a0043276_2311535.jpg
a0043276_23112062.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-12-29 05:02 | 写真 | Comments(0)
<秘密会議>

原子力委、

報道で発覚後も
官邸にウソの報告


毎日新聞
12月29日(土)2時30分配信より一部

原発事業者ら
推進側だけで「勉強会」
と称した秘密会議を
開いていた問題で、

毎日新聞の報道で問題が発覚した
5月24日、

内閣府原子力委員会が
官邸に虚偽報告していたことが、

情報公開で入手した
電子メールで分かった。



核燃サイクル政策見直しを進める
小委員会で

使用予定の文書の原案について
議論し内容を変えたのに、

「議論も書き換えもない」とうそを記載した
想定問答を作成・送信していた。

8月に最終報告をまとめた内閣府の検証チームは

メールの存在を把握しながら
実態を解明しておらず、

ずさんさが露呈した。



民主党政権下で進められた
原子力委の組織見直しは、

結論が出ないまま政権交代した。

近藤駿介委員長を含む
5人の原子力委員は

いずれも来年1月5日までに
任期(3年)が切れるが、

後任は決まっておらず
任期が自動延長される見通し。


問題を抱えた原子力委が
同じ体制で存続することになり、
新政権は早急な対応を迫られる。









・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2012-12-29 04:56 | 核 原子力 | Comments(0)
原発40年運転制限、

変更の可能性を示唆=

経産相


ロイター
12月28日(金)21時43分配信より一部

[東京 28日 ロイター]
 
茂木敏充経済産業相は
28日、
ロイターなどのインタビューで、

原発の運転期間を
40年間に厳格に制限するという
民主党前政権の方針について、
変更の可能性を示唆した。



前政権のもとで進めた
小売りの完全自由化などの

電力改革については「方向性は明確」と述べ、
方針の継承は可能とする一方で、

原発の国策民営の見直しについては
否定的な見解を示した。






・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2012-12-29 04:49 | 核 原子力 | Comments(0)
手稲 ハイランド

a0043276_4391379.jpg
a0043276_440131.jpg
a0043276_441131.jpg
a0043276_4415342.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-12-28 05:01 | 写真 | Comments(0)
すなっく 

すずめの唄

a0043276_5375113.jpg
a0043276_538681.jpg
a0043276_5382556.jpg
a0043276_5385071.jpg
a0043276_539846.jpg
a0043276_5393093.jpg
a0043276_53951100.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-12-27 05:03 | 写真 | Comments(0)