スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2014年 10月 ( 303 )   > この月の画像一覧

佐賀バルーンフェスタ
a0043276_4271595.jpg
a0043276_4273382.jpg
a0043276_4275283.jpg

by kuroki_kazuya | 2014-10-31 07:15 | 記録 重要 | Comments(0)
大阪城
a0043276_4512920.jpg
a0043276_4515484.jpg
a0043276_4521586.jpg

by kuroki_kazuya | 2014-10-31 07:07 | 写真 | Comments(0)
「何のための規制委員長か」

=小泉元首相


時事通信 10月30日(木)17時43分配信より一部

小泉純一郎元首相は30日、
宮城県石巻市で講演し、

九州電力川内原発の再稼働に関し
「『安心とは申し上げない』と原子力規制委員長が言っている。
何のために規制委員長がいるのか」と述べ、

政府の再稼働方針に
重ねて反対した。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)
1号機、
燃料取り出しに遅れ

=福島第1の廃炉作業
―工程大幅見直し・政府、東電


時事通信 10月30日(木)18時12分配信より一部

東京電力福島第1原発の廃炉作業で、
政府と東電は30日、

1号機での使用済み燃料プールからの
燃料取り出し開始時期を2年、

溶け落ちた溶融燃料は5年、

それぞれ従来計画より遅らせる
方針を明らかにした。


取り出しに向けた1号機原子炉建屋を覆うカバーの
解体が遅れている上、

必要な設備の設置にも時間がかかる
見通しとなったため。
 
同日開かれた政府の
「廃炉・汚染水対策チーム会合」の事務局会議で
方針が示された。

計画を遅らせる形での
見直しは初めて。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:53 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
大飯原発の
基準地震動を了承 

耐震性強化工事が必要に


福井新聞 2014年10月30日午前10時30分より一部

原子力規制委員会は
29日の審査会合で、

関西電力が運転再開を目指す
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の

「基準地震動」(耐震設計の目安となる地震の揺れ)について、
関電提出の計22種類の地震動
(最大加速度856ガル)を
「おおむね妥当」として了承した。

関電によると、
配管などの耐震性強化工事が必要になる見通し。

規制委が
これまでの審査で基準地震動を了承したのは
九州電力川内原発(鹿児島県)、
関電高浜原発(福井県)、
九電玄海原発(佐賀県)。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)
原発再稼働、
防災課題多く
三日月知事が

就任後初の視察


滋賀報知新聞 平成26年10月30日(木)より一部

=「安全協定」再稼働の事前協議なし 避難民による交通渋滞のおそれ=

◇全県
 
今夏の知事選で「卒原発」を訴えて当選し、
動向が注視されている三日月大造知事が
二十三日、県の原子力防災の取り組みに生かそうと、
就任後初めて原子力発電所の安全対策を視察した。

そこで、県の原発防災の現状と課題を整理した。

三日月知事が訪れたのは、
関西電力の高浜原発(福井県高浜町)。
来年の再稼働に向けて、
原子力規制委員会の審査が最終局面に入っており、
九州電力・川内原発(鹿児島県)に次いで二番目となる見込みだ。
 
県と関電で、
住民の安全を確保する安全協定については締結されていない。

「避難準備が必要な半径三十キロ圏に含まれる範囲が少ない」と、
関電が慎重だったためだ。
 
これを受けて三日月知事は
同社へのあいさつで、
「三十キロ圏に滋賀県があるので、
安全協定と広域的観点にたった多重防護の仕組みを引き続きしっかり求める」と述べた。

県は今後、
高浜原発の安全協定について
「原発から五キロの京都府の協定締結への動向を見ながら、協議に入りたい」とし、
すでに昨年四月に締結した五つの原発施設の安全協定についても、
事故停止した原発再稼働の事前協議など「立地県」並みの権限を引き続き要求する。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:43 | 核 原子力 | Comments(0)
核燃事故時の
連絡体制 

17市町村で不備


河北新報 2014年10月30日木曜日より一部

核燃料サイクル施設(青森県六ケ所村)で
重大事故が起きた際の
連絡体制に関し、

県内の17市町村が
事業者の日本原燃や県との間で
特にルールを設けていない
ことが29日、分かった。


調査した県保険医協会などが参加する団体
「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」は
「福島の事故以降もなお、
お粗末な防災体制だ」と批判した。


調査は9月、
県内40市町村と、
電源開発大間原発(大間町)の運転差し止めを求めて係争中の
北海道函館市を対象に
書面で実施。

原子力行政に関する10項目を質問し、
全市町村から回答を得た。

核燃サイクル施設の異常時、
原燃か県から連絡があると考えているのは
18市町村。

連絡体制が「定まっていない」と回答したのは、
原子力関連施設が立地するむつ市、大間町などの
12市町村と函館市だった。

「分からない」は5町村。
「今まで連絡がない」(南部町)などの記述もあった。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:33 | 核 原子力 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『院長の独り言』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

マスコミタブー!?
日経新聞が
報道しなかった
セブン‐イレブンの敗訴判決


ブログ「本と雑誌のニュースサイト/リテラ」 
2014.10.30.より転載


10月16日付日本経済新聞には「セブン 高知進出 18年度までに120店以上」というセブン‐イレブン(以下、セブン)の記事が掲載されていた。

「セブン‐イレブン・ジャパンは高知県に2015年春にも進出する。同県でスーパーを展開するサンシャインチェーン本部(高知市)と提携してコンビニエンスストアを出店する。独自の出店も含めて18年度までに県内に120店以上の店舗網を設ける。セブンイレブンの残る空白地は青森、鳥取、沖縄の3県となる」というものだ。

 セブンには独自の出店方式がある。創業当初から変わらない「ドミナント出店(高密度多店舗)方式」というものだ。セブンの親会社であるセブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長・最高経営責任者(CEO)を務める鈴木敏文氏の著書『変わる力』(朝日新書)では、次のように紹介されている。

「規模の小さなコンビニエンスストアの生産性を高めるには、店のレイアウトなどお客様の目につくところだけでなく、発注や物流のしくみそのものも徹底的に合理的・効率的でなければ、お客様のニーズにあった『小回り』の利く商売はできません。そう考えると、点々と出店することは無駄です。今ある店舗に隣接し、ネットワーク状に店舗を広げる、つまり『点』ではなく『面』を追求した出店方法でなければならない」
「(セブン‐イレブンは、)サプライチェーン(製造した商品が、消費者に届くまでの一連の工程)の構築なしに、出店しません。(略)店頭に並べる商品の鮮度を保つために、工場から店頭まで『3時間以内』で運べるところにしか出店しません。品質を保つことは、製配販のどれひとつ欠けても、実現できないのです」

 セブンは四国には13年3月に香川に進出してから愛媛と徳島でも店舗数を増やしてきた。今回、残る高知への進出で、全県出店まであと3県となった。この記事は、他紙の追随を許さない日経のスクープとなったが、一方で、日経がこの朝刊で報じなかったセブンのニュースがある。

 セブンのフランチャイズ加盟店による見切り(値下げ)販売をセブン本社側が妨害がしていた事実を最高裁が認定したというニュースだ。たとえば、朝日新聞(16日付朝刊)が「『見切り販売妨害』確定 最高裁 セブン-イレブン敗訴」と3段見出しで扱い、「同社の担当者が『見切り販売をしたら店を続けられない』などと言われた」と認定し、価格を決定する加盟店の権利を妨げた違法性を認める高裁判決を支持したと報じている。

消費期限の迫った商品を値引きする「見切り販売」はスーパーではよく見かけること、しかし、コンビニエンスストアでは、「価格への信頼性を損なう、同一商品で“一物二価”の不信感、同一チェーン同士の価格差による価格競争の可能性、ブランドイメージの失墜」などの理由で難しいとされている。また、商品の「廃棄ロス」分は売上原価に加算せず、その分のロイヤリティも加盟店側が支払うという、コンビニ独自の「ロスチャージ会計」システムがあり、セブン本社側にとっては加盟店に「見切り販売」されるよりも「廃棄ロス」が出るほうがロイヤリティが多くなる。

 一方で、「見切り販売」では売上原価に加算されてしまい、粗利に一定のチャージをかけた本部に払うロイヤリティは少なくなってしまう。つまり、本部に流れ込むカネの事情から、「見切り販売」は否定すべきものなのだ。

 2000年代、本部の「ドミナント出店」の影響などによる売上の減少から、一部加盟店は「見切り販売」に乗り出したが、セブン側はこれを「見切り販売をしたら店は続けられない」などと発言し、妨害。この妨害に関しては、09年、公正取引委員会はセブンが立場の差を利用して、加盟店の見切り販売を制限したと認定し、独占禁止法違反の排除措置命令を出している。セブン側もこれを認め謝罪している。

 この経緯から、一部加盟店はセブン本部の違法性に対して総額1億4000万円の損害賠償を求め提訴した。高裁は13年8月、同社従業員が原告らに対し、「見切り販売をしたら加盟店契約を更新できないことを示唆した」などと指摘し、妨害行為を認め、総額1140万円の賠償金の支払いを命じた。今年10月14日には最高裁第3小法廷が賠償を命じた東京高裁判決に対するセブンの上告を退ける決定をした。賠償額は減額されたものの、最高裁で加盟店側の主張が認められることになった。セブンの裁判では初めてのことだ。

 これで、見切り販売は加盟店側が堂々と行えるかといえば、それも難しそうだ。実は、9月25日には最高裁で、別の福島県の元加盟店オーナーが訴えた「見切り販売」訴訟は上告棄却され原告側が敗訴になったばかり。事案ごとに本部社員や加盟店側の対応によって、妨害行為と認定されるかどうかが変わってくるのだ。

 また、「本部にたてつく加盟店の近隣には、“ドミナント出店”と称して、もう一店新規出店させて、売上を減少させる」(ジャーナリスト)などのセブン側の対応もあり、見切り販売を行うことが事実上難しくなっていることが現実だ。

「あいててよかった」というCMのフレーズに代表されるセブンの便利さだが、フランチャイズ加盟店の犠牲に成り立っているというわけだ。

 なお、日経が、「値下げ『妨害』でセブン敗訴確定 最高裁、上告退ける」という小さな記事を掲載したのは、その日の夕刊だった。朝刊でも朝日が「『見切り販売妨害』確定 最高裁 セブン-イレブン敗訴」と3段見出しで扱った他は、読売、毎日で囲み記事と小さい扱いだった。各新聞社はセブンにとって524億円という莫大な広告宣伝費(2014年2月期 決算補足資料)を投入してくれる大スポンサー様なうえに、店頭売りで販売経路も握られている。配慮が働いたのは明らかだろう。

(小石川シンイチ)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)
原発廃炉

宮崎日日新聞 社説 2014年10月30日より一部

安易な事業者支援策は慎め

九州電力川内原発が立地する
鹿児島県薩摩川内市議会が、
原発再稼働を容認する陳情を賛成多数で採択。

岩切秀雄市長も再稼働に同意する意向を表明するなど
原発再稼働に向けた動きが進んでいる。

一方政府は、
運転から老朽化した原発の廃炉を進めるため、
事業者への支援を含む環境整備策の検討を始めた。
廃炉を滞りなく進めることは原発への依存度低減のために重要だが、
安易な事業者支援策や
国費の投入は慎むべきで、
事業者の責任の明確化が先決だ。


老朽化前でも検討を

現在、日本に存在する原発48基のうち、
日本原電敦賀原発1号機、関西電力美浜原発1、2号機、中国電力島根1号機の4基が、
廃炉の基準となる40年の運転期間を既に超えており、

2016年7月に40年を迎える原子炉が、
関西電力高浜原発1、2号機、九州電力玄海1号機の3基ある。

これら計7基の原発は
特例として40年を超えて運転できるが、
その場合は
「特別点検」と呼ばれる厳しい安全性の追加チェックを行って、
原子力規制委員会に申請、
認可を得なければならない。

多大なコストがかかる上に、
発電能力が小さいものが多く、
事故のリスクが高まる可能性を考慮すれば、
運転延長のメリットは少ない。


事業者は地元配慮もあって
廃炉の決断を先送りしているが

国の方針として
「原発依存度の可能な限りの低減」が掲げられていることからしても、
早期に廃炉を
決めることが妥当だろう



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:15 | Comments(0)
中学校で
陸自写真展中止 

鹿児島市教委


読売新聞 2014年10月30日より一部

鹿児島市教委は29日、
陸上自衛隊国分駐屯地(霧島市)が
同市の桜丘中学校で開催していた
自衛隊の活動紹介の写真展について、

教育上不適切と判断し、
展示を中止させたことを明らかにした。


駐屯地が写真の説明で
隊員を「戦士」と表現し、
複数の射撃訓練の写真を選んで並べたため。
市教委は
「隊員が戦場で戦っているような
誤った印象を与える恐れがある」と
説明している。


市教委によると、駐屯地が同校に展示を依頼。
22日から2週間の予定で、訓練の様子などの写真36枚を廊下に並べていた。

市教委は24日、匿名の男性から
「『戦士』という言葉は不適切ではないか」
との連絡を受け、
担当者を学校に派遣。


写真に添えられた
「陸上自衛隊で最も精強な戦士を育成」という表現や射撃訓練の写真を確認し、
学校側に展示をやめるよう指示した。

市教委の白浜富男・学校教育課長は
「行き過ぎた表現や写真により、子どもたちが自衛隊について誤った印象を持つ恐れがある」と話す。
写真展は8月以降に、
市内のほかの4中学校でも
同様に行われたという。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-31 06:06 | 軍事 | Comments(0)