スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2015年 02月 ( 249 )   > この月の画像一覧

イルカランド
a0043276_7404977.jpg
a0043276_741915.jpg
a0043276_7412585.jpg
a0043276_7413880.jpg

by kuroki_kazuya | 2015-02-28 07:08 | 写真 | Comments(0)
福島第1 

2号機付近350マイクロシーベルト
「駆け足移動を」


産経新聞 2月27日(金)7時55分配信より一部

東京電力福島第1原発事故から間もなく4年を迎えるのを前に、
産経新聞は26日、現場で単独取材を行った。

放射性物質を含む雨水が
排水路を通じて外洋(港湾外)に流出していた問題で、
汚染源となっていた2号機原子炉建屋付近を高台から確認。

放射線量が高くて人が容易に近づけない状態で、
除染の難航が廃炉作業に重くのしかかっている現状がうかがえた。

薄い水色の塗装が剥げた2号機原子炉建屋を、
50メートル以上離れた高台から眺めた。

敷地内の放射線量は毎時1マイクロシーベルト以下になる場所も多くなったが、
この高台に立つと、放射線測定器は
一気に350マイクロシーベルトの値を示した


一般人が1年に浴びる基準量を
3時間で超える値で、
東電の担当者は
「駆け足で移動してください」と促した。


2号機は、1~4号機のうちで唯一、水素爆発を免れた。

ところが、
この建屋に大型機器などを運び込む「大物搬入口」の屋上にたまった雨水からは、
放射性セシウムが1リットル当たり2万9400ベクレル、
ベータ線を出す放射性物質が5万2千ベクレル含まれている
ことが今月24日に判明した。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
全漁連「重大な裏切り行為」

=汚染水流出で東電に抗議


時事通信 2月27日(金)13時1分配信より一部

東京電力福島第1原発の排水路から
放射能汚染水が外洋に流出した問題で、

全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)の岸宏会長が
27日、東京電力本店を訪れ、
広瀬直己社長に直接抗議した。

岸会長は、
東電側の公表が遅れたことについて
「全国の漁業者、国民への重大な裏切り行為だ。東電に対する信頼は全て失われた」
と不快感をあらわにし、
説明責任を果たすよう求める申し入れ書を手渡した。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:53 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
県議会が抗議決議 

第一原発汚染雨水流出で


福島民報 2015/02/27 09:55より一部

東京電力福島第一原発2号機の原子炉建屋屋上の汚染雨水が
排水路を通じて港湾外の海に流出していた問題で、
県議会は
26日開いた2月定例会本会議で、
東電に対して断固抗議する決議を全会一致で可決した。

原因究明と再発防止策の徹底、県民への十分な情報提供を求めた。

決議では、
これまで県議会全員協議会の場で、
東電に対して汚染水対策の確実な実行を重ねて要請してきたにもかかわらず、
汚染雨水が流出し公表が遅れたことは「誠に遺憾」としている。


・・・(中略)


決議は全6会派の代表が連名で提出した。

原発事故に関連する県議会の決議は、
平成23年9月議会で可決された「原発事故による損害賠償に関する決議」以来となった。
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:48 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
汚染水、海へ流出  

不都合な情報も公開を


京都新聞 社説 2015年02月27より一部

東京電力には
隠蔽(いんぺい)体質が
染み付いているのではないか。
そう思われても仕方がない


今度は、
福島第1原発2号機の原子炉建屋の屋上にたまっていた高濃度の汚染水が、
排水路を通じて外海に流出していたのを知りながら放置し、公表しなかった。
原子力規制委員会にも報告しなかった。

ずさんで危機感のなさに漁業者や県民の不信は高まるばかりだ。

このままでは汚染水の処理が滞り廃炉工程にも影響しかねない。


・・・(中略)


解せないのは
菅義偉官房長官が「港湾外への影響は完全にブロックされており、状況はコントロールされている」と述べたことだ。

東京五輪の招致演説での安倍晋三首相と同じせりふだが、
その後も汚染水の流出が続いている状況をみれば、
コントロールされているとはとても言えない。

汚染水処理は廃炉工程に不可欠で福島の復興に直結する。

それなのに、
放射性物質を取り除く多核種除去設備「ALPS」が
思うように稼働しないなど見通しは立っておらず、
今回の汚染水流出が処理を一層遅らせる恐れがある。

処理を進めるためには、
東電はまず、隠蔽体質を改めることだ。

たとえ不都合な情報でもあっても速やかに公開すべきだ。

政府も東電と一体となるようでは困る。
厳しい監視と指導が不可欠だ


そうでないと安全とか、
環境に影響ないと言われても漁業者や県民はもとより、
国民の不信は拭えず、理解も得られないだろう。
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:43 | 核 原子力 | Comments(0)
【福島原発事故】
炉心溶融「あ、書かれる」 

政府事故調調書 
新たに14人分公開


東京新聞 2015年2月27日より一部

政府は二十六日、
東京電力福島第一原発事故で政府事故調査・検証委員会が
政府関係者や東電社員らに聴取した記録(調書)十四人分を新たに公開した。

事故発生翌日午後の記者会見で、
経済産業省原子力安全・保安院(廃止)広報担当の中村幸一郎審議官(肩書はいずれも当時)が、
福島第一で炉心溶融が進行している可能性に言及。

会見に同席した根井寿規(ひさのり)審議官は
「あっ認めちゃった。これで『炉心溶融』と記事に書かれるな、と思った」と振り返った。

中村審議官は広報担当を交代するが、
根井氏は「寺坂(信昭)院長から呼ばれて
『官邸から、中村審議官を記者会見から外すように言われたので、
申し訳ないが、その旨根井君から言ってくれないか』と言われ、伝えた」と証言した。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
<川内原発>
1号機の補正書、
規制委に提出

…九州電力


毎日新聞 2月27日(金)19時8分配信より一部

九州電力は27日、
川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)について、
工事計画の修正文書(補正書)を原子力規制委員会に提出した。

これで再稼働に必要な三つの許認可の提出書類のうち、
残るは運転方法を定める保安規定の補正書となった。
規制委による使用前検査などを経て、
1号機の再稼働は今夏以降になる見通しだ。

九電は
昨年10月、1、2号機の工事計画の補正書を提出したが、書類に不備や記載漏れが見つかった。

九電は補正書で、
地震や津波、竜巻などに対する建屋や機器14施設の安全性評価を充実させた。

書類は
申請時の約5000ページから
約3万ページに増えた



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:25 | 九電労組 | Comments(0)
原発再稼働同意「必要」8割 

30キロ圏の京都滋賀9市町議


京都新聞 2015年02月26日 23時34分より一部

関西を中心に活動する市民団体でつくる
「若狭の原発周辺住民ネットワーク」が26日、
高浜原発(福井県高浜町)から30キロ圏の
京都府、滋賀県の9市町議会議員を対象にした
アンケートの結果を発表した。

30キロ圏の自治体に関して、
再稼働への同意権や住民説明会の開催が「必要」と答えた議員は、
いずれも8割前後にのぼった。

アンケートは9市町議180人を対象に実施し、97人が回答した。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
<関西電力>
家庭向け再値上げ幅
9%前後に抑制 

経産省調整


毎日新聞 2月27日(金)5時0分配信より一部

経済産業省は、
関西電力が申請している家庭向けで平均10.23%の再値上げ幅を、
少なくとも1%以上低くして9%前後に抑える方向で調整に入った。

関電に燃料費や人件費の削減など一層のコスト減らしを求め、消費者負担を軽くする。
今後の審査次第では、さらに値上げ幅は低くなる可能性がある。
審査に時間がかかっているため、関電が目指す4月からの再値上げは難しく、
実施時期は5月以降にずれ込む見通しだ。

関電の再値上げは、有識者で作る経産省の専門小委員会が審査している。

これまでの審査で、委員から
「人件費カットなど経営効率化が不十分だ」など関電の努力不足を指摘する意見が続出。

関電は25日、
2015年度の経費削減額について、
当初計画より340億円増やすことを表明。

3月中に具体策を示す予定だ。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-02-28 06:05 | 九電労組 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍政権崩壊につながるかもしれない
稲田政調会長の東京裁判発言


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年02月27日より転載


 稲田朋美という政治家は、 政調会長になって舞い上がったのか、株の儲けで気が大きくなったの
か、どうやら調子に乗り過ぎたようだ。

 きのう2月26日の記者会見で東京裁判するかのごとき発言をしたらしい。

 きょうの各紙は一段の小さな記事でしか報じていないが、これは一面トップで取り上げられてもおかしくない重大な発言だ。

 失言ではない。 記者会見で行われた公式な発言だ。

 しかも安倍政権の政策の最高責任者という立場にある政調会長の発言だ。

 で安倍談話問題で安倍首相の歴史認識に世界の目が集中している時だ。

 中国や韓国との関係が悪化するだけではない。

 東京裁判の否定は戦後レジームの否定につながる。

 米国の占領に対するこれ以上ない挑戦だ。

 しかも、昭和天皇の戦争責任を否定して国体を護持した当時の日本の指導者層とマッカーサーが合作である戦後70年体制の否定である。

 この稲田発言がメディアに大きく取り上げられ、世界のメディアが騒ぎ出すと、連休の安倍首相訪米さえ危うくなる。

 訪米が延期されることにでもなれば、安倍政権は終わる。

 野党が安倍政権を本気で倒すつもりなら、この稲田発言を追及しない手はない(了)

by kuroki_kazuya | 2015-02-28 05:55 | 反動 | Comments(0)