スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2016年 11月 ( 233 )   > この月の画像一覧

素人演芸大会(第18回)
a0043276_19401462.jpg
a0043276_19403226.jpg
a0043276_19404634.jpg
a0043276_1941077.jpg
a0043276_19411375.jpg
a0043276_1941243.jpg

by kuroki_kazuya | 2016-11-30 07:09 | 写真 | Comments(0)
福島原発事故処理に22・6兆円 

廃炉8・2兆円、

新電力も負担


東京新聞  2016年11月30日 02時08分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016112901001884.html

 経済産業省が東京電力福島第1原発の廃炉費用について、従来想定の約2兆円から約4倍に当たる8兆2千億円に拡大すると試算していることが29日、分かった。

賠償や除染費用も増大し、事故処理費用は総額22兆6千億円となる。

政府は
巨額費用の負担による
東電の経営危機を避けるため
「廃炉の加速化」を名目に、

新たに
年数百億円程度を
電気料金に上乗せし、
東電を支援する方向で検討する


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
原子炉補強の手順確認

=廃炉へ作業試験公開
―福島


時事通信 11/29(火) 15:17配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000085-jij-soci

東京電力福島第1原発の廃炉方法を研究するため、
原子炉メーカーや電力会社でつくる
国際廃炉研究開発機構(IRID)は
29日、福島県楢葉町の研究施設で
実物大模型を使った作業試験を公開した


 原子炉格納容器下部にある圧力抑制室の周囲に特殊なセメントを流し込んで補強する作業を想定し、障害物を避けながら15メートル下までホースを垂らす手順を確認した。

 第1原発1~3号機は核燃料を入れる圧力容器などが破損し、溶けた燃料を冷やすため注入した水が高濃度汚染水となって圧力抑制室などから漏れている。東電などは圧力抑制室内部にセメントを入れ漏水を止める計画だが、重くなるため周囲もセメントで固めて補強する必要がある。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:53 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
<原発事故>甲状腺がん患者

10万円給付へ


河北新報 11/29(火) 15:34配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000030-khks-soci

 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもを支援する「3.11甲状腺がん子ども基金」は28日、福島県など15都県の25歳以下の患者を対象に、経済支援として1人10万円の給付を始めると発表した。希望者を12月1日~来年3月31日に募る。

 給付金は治療費や交通費に充てることを想定。症状が重度の場合には10万円を追加給付する。対象地域は原発事故時の放射性ヨウ素の拡散状況などを基準にする。
対象外でも個別に相談に応じる

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)
原発3社、海外事業停滞 

最先端技術・人材喪失懸念も

産経新聞 11/29(火) 7:55配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000086-san-bus_all

 日立製作所、三菱重工業、東芝の原発メーカー3社が、海外進出をめぐり苦境に立たされている。福島第1原発事故で国内では原発の新設が見込めず、活路を見いだそうとした海外でも有望な案件が相次ぎ暗礁に乗り上げている。事業の目算が狂えば、最先端の原子力技術や人材が途絶えてしまう懸念も現実味を帯びてくる。

 「残念。(計画を)見直す時期も来るだろうから、支援は続けたい」

 日本電機工業会の志賀重範会長(東芝会長)は24日の記者会見で、ベトナム初の原発建設計画が22日に白紙撤回されたことに肩を落とした。

 ベトナムは2010年に国会が建設計画を承認し、2基をロシア、2基を日本が受注。日本受注分については、三菱重工が仏メーカーのアレバと開発した中型炉「アトメア1」が有力視されていた。しかし、福島第1原発事故を受けて安全対策費などが膨らみ、反対論が台頭していた。

日本メーカー各社は
国内については
既存原発の保守・点検、廃炉作業に
軸足を移しつつある


一方、政府は
原発輸出を「成長戦略の柱」と位置づけ、
官民一体で受注を目指してきただけに、
打撃は大きい


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
<女川原発>
海水1万2500リットル漏出


河北新報 11/29(火) 15:44配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000031-khks-l04

 東北電力は28日、停止中の女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)の原子炉建屋地下2階で、
原子炉冷却水や使用済み核燃料プールの水を
海水で冷やすための熱交換器室に海水約1万2500リットルが漏えいしたと発表した。

放射性物質は含まれておらず、外部への影響はないという。

 同日午前10時40分ごろ、熱交換器3台の点検を終えて海水ポンプから配管に通水した際、1台で本来は閉じている弁が開いており、海水が水抜き用の配管から室内にあふれ出た。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)
伊方1号機解体など
廃止措置計画、

12月認可申請 

四電・社長会見


愛媛新聞ONLINE 11/29(火) 11:46配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-29657901-ehime-l38

 四国電力の佐伯勇人社長は28日の定例会見で、廃炉となった伊方原発1号機(愛媛県伊方町)の解体工程などを示す廃止措置計画について「ほぼ方向が固まった」と説明。

予定通り12月中に安全協定に基づく事前協議を県と伊方町に申し入れ、国の原子力規制委員会に認可申請する見通しを示した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
最新の住宅も倒壊の危険 2階建て木造住宅、
 構造計算の義務なし
島村英紀(地震学者)


たんぽぽ舎です。【TMM:No2944】
2016年11月29日(火)午後 08:25
地震と原発事故情報より一部

┏┓
┗■3.最新の住宅も倒壊の危険 2階建て木造住宅、
 |  構造計算の義務なし
 |  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその174
 └──── 島村英紀(地震学者)

 大地震のあとで、壊れた家を丹念に調べている人たちがいる。建築関係
者たちだ。
 その結果、4月の熊本の地震で恐ろしい事実が明らかになった。耐震基
準が最高という最新の住宅でさえ壊れていたのだ。

 阪神淡路大震災(1995年)以降は、新たに「2000年基準」が適用される
ことになった。この基準で柱や梁(はり)の接合部の接合方法や耐力壁の
バランスなどの規定が厳格化された。それゆえ、それ以後に建てられた家
は、以前のものよりも地震に強いはずだった。

 だが、熊本の被災地では「2000年基準」の住宅が熊本・益城(ましき)
町の1割あったが、そのうちの3〜4割が倒壊、大破してしまっていた。

 2000年以降に完成した木造住宅の被害で、なかでも衝撃的だったのは、
性能表示制度の「耐震等級2」で設計していたある住宅で、1階が潰れて
しまったことだった。「耐震等級2」とは、2000年基準よりもさらに強い
1.25倍の強さに相当する。

 それよりもっと前、1981年以降で「2000年基準」が導入される前に完成
した「新耐震基準」の住宅被害はもっと大きかった。約100棟のうち、
6〜7割が倒壊したり大破してしまっていたのだ。これは同じマグニ
チュード(M)7.3の阪神淡路大震災以上の壊れ方だった。

 もともと九州は大地震がないと信じられていた。毎年のように襲って来
る台風が一番の自然災害で、地震は二の次だったのだ。このため、熊本の
場合は、地震に耐えるという施工の慣習が甘かった。

 たとえば外装に使われている「サイディング下地」に「構造用」という
強い合板が使われていない。それゆえ耐震性能は「筋交(すじかい)」だ
けに頼っている。筋交とは柱や梁の間に斜めに入れる補強材だ。
 だが筋交には樹種、無節などの使用規定がない。そのうえ筋交の中間部
が固定されていない建物が多かった。それゆえ筋交が挫屈して、建物が大
破してしまった例が多かったのだ。

 しかし九州には限らない。日本人の多くが住んでいる2階建て木造住宅
のほとんどは、構造計算をしないで建てられている。

 「建築基準法」では3階建ては構造計算が義務だが、2階建てまでは、
しなくても、違法でも手抜きでもない。

 つまり家を建てる「耐震基準」は大地震のたびに強くなってはいるが、
実際の施工は構造計算を行わず、地震に対する強さは建築した業者にまか
されているのである。

 「基準」では、建物の大きさによって筋交や耐震壁の量や金物の使い方
は決まっている。だが、それで本当に足りているのかとか、柱や梁の大き
さは大丈夫かの検証はされていないのである。
 最新の基準だったこの地震で壊れてしまった熊本の家の設計を構造計算
にかけてみたら、ほとんどの項目でアウトになった。
 構造計算をしないで建てた建物でも、構造計算するとアウトになる。
そして、本当に倒壊してしまった、というのが、この熊本での倒壊なの
だ。
 さて、あなたの家は大丈夫なのだろうか。

(島村英紀さんのHP「 http://shima3.fc2web.com/ 」
 「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より11月18日の記事)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 06:05 | 地震 大災害 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

ここまでやるか、と思わせる70歳医療費負担増

「天木 直人の公式ブログ」  2016年11月29日より転載

 きょう11月29日の朝日新聞が一面トップで書いた。

 厚生労働省は70歳以上が支払う医療費の自己負担額について、住民税を払っているすべての人(単身なら年収155万円以上)を対象に、引き上げる方針を固めたと。

 すでに引き上げを決めている現役世代並みの所得がある人に加え、年収370万円未満の約1200万人も対象になると。

 ここまでやるか!

 ミサイル予算増、年金削減についで、ついに70歳以上の医療負担増だ。

 国民生活を脅かすホップ、ステップ、ジャンプだ。

 働き続けた後は死ぬだけだ。

 もはや安倍政権は政府の役割を完全に放棄している。

 そんな安倍暴政に、かすり傷ひとつつけられない野党は存在しいないも同然だ。

 この国の政治は、与党は税金を強奪し、野党は税金を無駄遣いするだけの存在になり下がってしまった。

 国民よ、怒れ!

 いまこそ新党憲法9条である(了)

*****





「理想を追う事をやめた指導者」に安倍首相を加えない田原総一朗

「天木 直人の公式ブログ」  2016年11月29日より転載

 発売中の週刊朝日最新号(12月9日号)の連載「ギロン堂」で、田原総一朗氏が、すでに皆が言い尽くしたことを、あたかも重要な事のように書いている。

 トランプを勝利させたのは、「理想を追うことをやめた世界」だと。

 そもそもトランプ氏当選の原動力は、米国の理想であったグローバリズムが行き詰まり、その矛盾に耐えきれなくなった多くの米国民がトランプ氏に票を投じた事だったと。

 英国のEU離脱も、再び戦争を起こさないという理想で作られたEUの矛盾に追いつめられた英国民が、理想を追うゆとりをなくし離脱に票を投じたからだと。

 そして、最後にこう締めくくっている。

 「トランプ、プーチン、習近平、エルドアン、ドゥテルテ・・・現在目立っているのは、デモクラシーとは対極にいるリーダーたちである。世界の多くの国が、理想を求めるゆとりと展望をなくしているということなのだろうか」

 そこには安倍首相の名前はない。

 田原総一朗が真っ先に書くべきは安倍首相の日本だろう。

 それを書かないのは、彼がまだ頭脳明晰だということだ。

 権力批判をする振りをして、巧みにガス抜き役を果たしているのである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-11-30 05:55 | 日本の今後 | Comments(0)
素人演芸大会(第18回)
a0043276_422532.jpg
a0043276_423205.jpg
a0043276_4233528.jpg
a0043276_4235263.jpg
a0043276_4241614.jpg

by kuroki_kazuya | 2016-11-29 07:09 | 写真 | Comments(0)