スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2017年 01月 ( 184 )   > この月の画像一覧

イルカランド
a0043276_0402998.jpg
a0043276_0405540.jpg
a0043276_0417100.jpg
a0043276_0412111.jpg
a0043276_0413584.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-01-31 07:10 | 写真 | Comments(0)
<福島原発2号機>

溶融燃料か、取り出しは至難


毎日新聞 1/30(月) 23:43配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000109-mai-sctch

 東京電力が福島第1原発2号機で実施していた内部調査で、溶融燃料の可能性がある黒や褐色の堆積(たいせき)物が30日、初めて映像で確認された。事故からまもなく6年が経過する中、今後の廃炉作業に向けた重要なデータが得られる可能性がある。しかし30日に公開された映像では、堆積物が格子状の足場などに広範囲にこびりついて固まっている様子がとらえられており、今後の取り出し作業の難しさを浮き彫りにした。【柳楽未来、酒造唯、曽根田和久】

・・・(途中略)

 事故当時、2号機には548体分(計約164トン)の核燃料があったが、2011年3月の事故で炉心を冷やす電源を失ったために溶け落ち、一部は圧力容器を突き抜けて格納容器下部で冷えて固まったとみられる。炉心は事故当時2000度以上に達し、核燃料を含む炉内の金属が溶け出した。

 溶融燃料には山側から流れ込んでくる地下水が触れて、放射性汚染水が日々発生している。廃炉のためには「汚染源」である溶融燃料を取り出す必要があるが、高い放射線に阻まれ、具体的な場所を特定できない状況が続いていた。

 東電が30日に公開した2号機内部の写真は計11枚。動画も公開した。グレーチングと言われる金属製の格子状足場に堆積物がこびりついている状況のほか、水滴が天井から雨のように滴っている様子もみられた。初めて堆積物が映像で確認できたことで、事故の進展状況の解析や、廃炉作業に必要な位置関係などの情報が得られる可能性もある。

ただ、内部調査が進んでいるのは2号機だけ。
水素爆発を起こし、
大きく損傷した1、3号機については
足踏みしている


・・・(途中略)

 専門家はどうみているのか。北海道大の奈良林直・特任教授(原子炉工学)は「塊の放射線量を測定してみなければ断定できないが、溶融燃料の可能性が高い。事故で溶け落ちた核燃料の一部が、グレーチングに引っかかって、冷やされたのではないか」と分析する。

 また、公開された映像では、堆積物が広範囲に映っていることから、「溶融燃料は1カ所だけに固まっているのではなく、炉心内の機器などに張り付いているのではないか」と推測。
「遠隔操作ロボットで
これらを全て回収する必要があり、
廃炉作業は相当困難になる
ことを覚悟する必要がある」と話している


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-31 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
4月に
元規制委員の証人尋問


=大飯原発差し止め訴訟
―名古屋高裁支部


時事通信 1/30(月) 17:24配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000082-jij-soci

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働差し止めを住民らが求めた訴訟の控訴審の第10回口頭弁論が30日、名古屋高裁金沢支部であった。

 内藤正之裁判長は、
4月24日に
元原子力規制委員会委員長代理の
島崎邦彦東京大名誉教授(地震学)の
証人尋問を行うと決めた


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-31 06:45 | 裁判 | Comments(0)
福島県民メタボ率悪化17.1% 

14年度、全国ワースト2位


福島民友新聞 1/30(月) 8:12配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00010000-minyu-l07

 特定健診でメタボリック症候群に該当した福島県民の割合(メタボ率)が増え、全国順位もワースト3位から2位に悪化した。厚生労働省がまとめた。2014(平成26)年度に特定健診を受けた県民のメタボ率は17.1%で、全国ワースト3位だった13年度より0.6ポイント悪化。全国最下位の沖縄県(17.4%)に迫っており、県は健康をテーマとした県民運動の普及拡大に力を入れる。

 特定健診は40~74歳の男女が対象で、ウエスト回りなどを基にメタボと診断される。14年度に特定健診を受けた県民40万8890人のうち6万9965人がメタボとされ、診断基準に迫る「予備群」は5万1461人だった。

県民のメタボ率は
10年度以降、上昇しており、
震災後は4~2位とさらに悪化

県は原発事故後の避難に伴う生活習慣の変化などが要因と分析している。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-31 06:35 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
三菱UFJ信託銀なども

東芝に損害賠償請求へ 

保有株など資産目減りを受け


産経新聞 1/30(月) 9:59配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000503-san-bus_all

 平成27年に発覚した東芝の不正会計問題で保有株価が下落し資産が目減りしたとして、三菱UFJ信託銀などが東芝を相手取り、3月末に損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こす方針であることが30日、分かった。東芝は米国の原発事業をめぐって、最大7千億円の損失が生じる可能性があり経営危機に直面している。今回の訴訟で敗訴すれば再建に影響が出る可能性もある。

提訴は、
三菱UFJ信託銀が出資する
日本マスタートラスト信託銀行と共同で、
請求額は約10億円

東芝の有価証券報告書の虚偽記載が株価下落の原因となったと訴える。
1月中旬から顧客の年金基金や企業に説明を始めている。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-31 06:25 | 資本 | Comments(0)
英、EURATOM脱退なら
原子力計画などに影響


=専門家


ロイター 1/30(月) 7:24配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000005-reut-n_ame

[ロンドン 27日 ロイター]
英国が欧州連合(EU)離脱に伴い
欧州原子力共同体(EURATOM)からも脱退すれば、
新たな原子力計画に遅れが出るほか、
研究や国際協力の合意が複雑化する恐れがあると、
専門家が27日指摘した


英政府は25日、EU離脱に関する議会承認を求めるための法案を発表。付随文書によると、これには欧州原子力共同体からの脱退も含まれている。

英国は今後数十年にわたり、電力の需給ギャップに直面する見通しで、新たな原発の建設を計画している。このうち、フランス電力公社(EDF)<EDF.PA>が主導するヒンクリー・ポイント原発の事業費は240億ドルと最大だ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-31 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
イルカランド
a0043276_1213457.jpg
a0043276_1215894.jpg
a0043276_1221160.jpg
a0043276_1222229.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-01-30 07:10 | 写真 | Comments(0)
<福島第1>2号機 

ロボット投入来月上旬


河北新報 1/29(日) 11:25配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000004-khks-soci

 東京電力は、福島第1原発2号機で溶け落ちた核燃料の調査に向け、2月上旬に遠隔操作のロボットを原子炉格納容器に投入する。1~3号機が炉心溶融(メルトダウン)した第1原発で、溶融燃料(燃料デブリ)が初めて映像で捉えられる可能性がある。

 東電は昨年12月、ロボット投入口となる格納容器貫通部のふたの穴開け作業に着手。今月26日には先端にカメラが付いたパイプを貫通部に入れる事前調査をして、ロボットの進入経路に支障物がないことを確かめた。

 30日に再び格納容器にカメラを差し入れ、圧力容器下部への入り口付近を調べる。堆積物などが見つかった際は高圧で水を噴射する別のロボットで取り除く。

 内部調査用ロボットは全長60センチ、幅10センチの「サソリ型」。前後に照明付きカメラを備え、後方のカメラは持ち上げることができる。棒状になって貫通部を通過後、クローラ(無限軌道)で圧力容器直下の作業台「プラットホーム」を自走し、動画を撮影する。

 圧力容器に接続している「制御棒駆動装置」やプラットホーム上で溶融燃料を確認できる可能性がある。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-30 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
施策充実へ5項目 

福島再生協議会で福島県要望


福島民報 1/29(日) 10:08配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000185-fminpo-l07

 福島市で28日に開かれた福島復興再生協議会で内堀雅雄知事は、東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域の再生、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の推進体制強化など5項目を国に求めた。
 復興拠点の除染などで発生する廃棄物の処理については国が責任を持って対応し、拠点整備計画の策定段階から最大限支援するよう求めた。避難指示解除後の帰還環境整備では、地域医療や公共交通の確保を解決すべき課題として挙げた。
 協議会は政府、県、市町村などが復興の在り方を協議する場として福島復興再生特措法に基づき設けられている。この日は今村雅弘復興相や世耕弘成経済産業相、山本公一環境相らが出席し、同特措法の改正案を提示した。県や市町村などは要望がおおむね反映されたとして改正案を了承した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-30 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)
福島の特定復興拠点、

複数カ所の整備を検討


産経新聞 1/29(日) 7:55配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000006-san-l07

 東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域内に政府が整備する「特定復興拠点」について今村雅弘復興相は28日、「分散整備もなしとはいえない」として複数カ所の整備を検討する考えを明らかにした。

福島市で開かれた福島復興再生協議会の終了後、報道陣に答えた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-30 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)