スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2017年 09月 ( 230 )   > この月の画像一覧

皇子原公園
a0043276_2285346.jpg
a0043276_2291250.jpg
a0043276_2292159.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-09-30 07:07 | 写真 | Comments(0)
核燃料再処理工場
“完成は厳しい” 

24回目の延期へ


テレ朝 news 9/29(金) 23:36配信

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170929-00000070-ann-bus_all

 日本原燃の工藤社長は29日の会見で、使用済み核燃料の再処理工場でトラブルが相次いだため、
来年上期の完成が厳しい
と言う認識を示しました。
24回目の延期となりそうです


 日本原燃・工藤健二社長:「(Q.来年度上期は予定通り(完成)できるのか?)状況は厳しいと認識している。具体的な事は言及できる状況ではない」

 青森県六ケ所村の再処理工場では先月、非常用電源建屋に雨水が流入するなどトラブルが相次ぎ、工藤社長は年内に全設備の安全調査を行う考えを明らかにしました。

・・・(途中略)

再処理工場は97年に完成予定でしたが、これまでに再処理の工程ががうまく行かないなど、23回、延期されてきました。

・・・(途中略)

機構は、7月には
安全対策などで再処理の事業費が
1兆3000億円も増えて
13兆9000億円になったことを
当初は正式に発表せず、
後になって会見で公表した経緯があります

by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)
福島第一原発で
汚染水8回漏れ出た可能性、

水位計設定ミス


TBS News i 9/29(金) 15:13配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170929-00000153-jnn-soci

 東京電力・福島第一原発の汚染水対策として設置している井戸の水位が、およそ半年間にわたって誤って測定され、少なくとも8回、汚染水が漏れ出た可能性があることが分かりました。

 福島第一原発では事故を起こした原子炉建屋から高濃度の汚染水が漏れ出るのを防ぐため、「サブドレン」と呼ばれる井戸を設置し、建屋のまわりの水位を高く保っています。

 東京電力によりますと、今年4月から8月にかけて新たに使用を開始した6つの井戸で、水位計の設定にミスがあったことが分かりました。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:53 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
原発事故、
SARS、車のリコール…

「情報隠蔽」が大惨事を招く


ダイヤモンド・オンライン 9/29(金) 6:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170929-00143896-diamond-bus_all

● 金融危機の原因の一つも 情報隠蔽である!

 情報隠蔽。誰もが、「情報隠蔽=悪」であり、起きてはならないと認識している。情報隠蔽が悪いのは、なにも不正につながるからだけでない。必要な情報が共有されずに恐るべき大参事を招いてしまうからである。

 本書『大惨事と情報隠蔽』は多くの歴史的大惨事を引き起こした主な原因が情報隠蔽でだったという新しい視点を提示する一冊だ。原発事故、大規模リコール問題、金融危機に至るまで情報隠蔽が問題を深刻化させたと分析しており、とても興味深い主張である。特に金融危機の原因の一つが情報隠蔽というのは、これまであまりなされてこなかった指摘だろう。

 ありがたいことに、著者はこの情報隠蔽の原因となる要因と教訓を本書第三章で網羅的に列挙してくれている。情報隠蔽による事件・事故を未然に防ぐためのチェックリストとしての価値が非常に高い。経営者など、日ごろマネージメントに携わる人にとって、本書第三章を定期的に見直すだけでも本書を手元に置いていておく意味がある。

 同様に、資料としての価値も高い。今回、著者が本書で取り上げた大惨事は、スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故、原発事故、サブプライム住宅ローン危機、SARSの世界的流行、独ソ戦初期におけるソ連軍の失敗、トヨタ大規模リコール問題など、25もの多業種・多分野にわたっている。正直、この事例集だけで大事故・大災害を比較検討する一級の事例研究資料である。ノンフィクション好きにとってはたまらない。

 紹介する25の事例の中でも著者が一番ページを割いているのが原発事故である。中でもチェルノブイリ原子力発電事故には30ページ以上を割いており、読みごたえがある。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:45 | 学ぶ | Comments(0)
<衆院選>反原発“変節”否定 

前新潟知事の泉田氏


毎日新聞 9/29(金) 22:57配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000121-mai-pol

 新潟県知事時代は、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢を示していたが、次期衆院選では、自民党公認で新潟5区から立候補する泉田裕彦氏が29日、県内のホテルで記者会見し、「(原子力防災の問題点などは)外野からでは直らない。政権与党の中からでないと難しい」と説明し、反原発運動の市民団体などから指摘されている“変節”との見方を否定した。

 会見で泉田氏は「地方自治体では越えられない国の壁を与党として是正する」と主張。同原発の再稼働については、「(福島第1原発事故の)検証と総括が先行されるべきことは変わらない」と知事時代と考えに変化がない点を強調する一方、原発の存続の是非については「専門家が知見を合わせて決めること」とかわした。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
投票行かなきゃもったいない 

衆院選費用、税金600億円


東京新聞 2017年9月29日 13時54分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017092990135400.html

 衆院が二十八日に解散され、十月二十二日の投開票に向けた選挙戦が事実上始まった。総務省によると、衆院選では毎回六百億~七百億円の費用がかかっており、今回も同じくらいの支出が必要になる見通しだ。二〇一四年十二月に行われた
前回衆院選の費用は
六百十六億九千三百三十五万円で、
政府予算の予備費から支出した。

有権者数は約一億四百万人で、
一票あたり約六百円かかった計算になる。
原資は国民の税金だ


 前回の費用の内訳は、投票所の運営や期日前投票などにかかる「一般経費」が約三百六十五億円、選挙公報発行費やポスター掲示板の設置費など候補者にかかる「公営費」が約二百五十一億円だった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:25 | 財政 | Comments(0)
「関東全域を襲う内陸直下型地震 
  人々の記憶に残らなかった西埼玉の被害 」

     島村英紀(地震学者)

たんぽぽ舎です。【TMM:No3185】
2017年9月29日(金)午後 10:24
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■1.「関東全域を襲う内陸直下型地震 
 |  人々の記憶に残らなかった西埼玉の被害 」
 |  関東地方のどこにも、これから襲ってくる
| 内陸直下型地震の危険はあるのだ
| 「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」その216。
 └──── 島村英紀(地震学者)

 埼玉県は地震も台風の被害も少なく、自然災害が少ない県として知られ
ている。住んでいる人も油断しているに違いない。
 たとえば首都圏に死者10万人を超える大災害をもたらした関東地震
(1923年)も、埼玉県では死者数は死者全体の約2%、220名弱。それも東京
に接する南部に被害が集中していた。

○だが、油断してはいけない。埼玉県でも内陸直下型地震は起きる。その
ひとつが、1931(昭和6)年9月21日に起きた「西埼玉地震」だ。マグニ
チュード(M)は6.9だったが20人近い死者を生んでしまった。
 この地震は県西部の寄居(よりい)に震源があった。震源がごく浅い直
下型地震だった。
 寄居(現大里郡寄居町)は秩父山地が迫っているところだ。地鳴りが広
い範囲で聞こえた。これは堆積物がほとんどない山地の地震の特徴である。
山地には被害がほとんどなく、寄居の市街地は壁が落ちた程度で被害が少
なかった。
 一方、埼玉県の中部や東部で人々が集まっているところに被害が多かっ
た。被害が大きかったのは、荒川と利根川沿いの県東部の地盤が軟弱なと
ころだった。
 揺れが大きかったところでは地面に亀裂が走り、広い範囲で地盤液状化
による地下水や土砂の噴出、井戸水の濁りなどが生じた。

○そもそも西部を除いた埼玉県の多くが田んぼや湿地を埋め立てて住宅街
ができている。こういった場所では液状化が起きやすい。
 隣接する群馬県でも、関東地震より西埼玉地震のほうがずっと大きな被
害を出した。たとえば倒壊家屋は関東地震では50棟もなかったのに、西
埼玉地震では150棟を超えたし、死者5人も出た。西埼玉地震での群馬県
の被害も利根川と支流の近くに集中していた。
 関東地震のときの揺れの分布図を見ても、東京から埼玉県東部へかけて、
揺れが大きかった「帯」が延びている。これは荒川と利根川が長年かかっ
て運んできた軟弱な土が厚く堆積しているところだ。これから襲って来る
大地震でも、これらの地域は、また、大きく揺れるに違いない。

○西埼玉地震が人々の記憶に残っていない理由がある。
 ひとつは群馬・長野県境にある浅間山(標高2568メートル)だ。1927
年ごろから噴火活動がさかんになり、毎年のように爆発を繰り返していた。
そして1930年には死者6人、1931年にも死者3人を出す噴火が続いてい
た。━━
 天災ばかりではない。西埼玉地震の4日前には、満州事変の発端となる
柳条湖事件が起きている。地震発生当日にも朝鮮に駐留していた帝国陸軍
が独断で中国国境を越えて派兵して、国内も騒然となっていた時期だった
のだ。つまりメディアや人々の関心は西埼玉地震からすぐに離れてしまっ
たのである。

○しかし、忘れてはいけない。関東地方のどこにも、これから襲ってくる
内陸直下型地震の危険はあるのだ。昔とは比較にならないくらい多くの家
が建ってしまっただけに、地震への弱さがことさら心配になる。
 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/
「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より2017年9月8日の記事)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:15 | 地震 大災害 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

天木直人と一緒に選挙をやってみたいと思う若者の募集

「天木 直人の公式ブログ」  2017年9月29日より転載

このブログの読者を通じて、私と一緒に10月10日から22日までの選挙を体験してみたいと思う若者を募集しています。

 具体的にお願いする事は、私と一緒に選挙カーに乗って、スマホで私の活動ぶりを動画配信してもらう事です。

 自由な時間をたくさん持っている学生が一番いいかと思います。

 私が活動を予定している選挙区は東京21区ですから、近辺の学校、たとえば一橋大学、津田塾大学の学生がいいと思いますが、どの学校の学生でもかまいません。

 主義主張は問いません。

 9条は大切にしたい、米国との軍事同盟をこれ以上強めるのは危うい、そう考える人たちと選挙活動をするほうがお互いにやる気が出ますが、違った考えを持った人でも結構です。

 選挙というものを経験してみたい、街頭演説をしてみたい、動画を撮るぐらいならできる、してもいい、と考える若者であれば誰でも歓迎です。

 私はその動画をリアルタイムで配信し、私の選挙活動を全国の国民に訴え、あわせて私や新党憲法9条の存在を示したいと思っています。

 インターネット(ユーチューブ)時代の新しい選挙のやり方を試してみたいのです。

 この読者の中からそのような人はいませんか。

 あるいは読者の中でそのような人を探してくれませんか。

 特定の日、特定の時間だけしか参加できないという人でも、もちろん結構です。

 アルバイト料を払った方がいいのであれば可能かぎり(つまり公職選挙法の範囲内で)支払います。

 もしそのような人が見つかれば、直接次の選挙参謀チーム宛にメールをいただければ幸いです。

           kenpo9@googlegroups.com

*****
by kuroki_kazuya | 2017-09-30 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
伊勢海老 串間市今町漁港
a0043276_4391483.jpg
a0043276_4392692.jpg
a0043276_4393713.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-09-29 07:09 | 写真 | Comments(0)
地下水と汚染水、水位逆転か

=井戸の機器設定ミス
―福島第1原発


時事通信 9/28(木) 21:56配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000178-jij-soci

 東京電力は28日、福島第1原発の原子炉建屋周辺にある地下水くみ上げ用の井戸で、水位計に設定ミスがあったと発表した。

 実際より水位が約70センチ高く表示される状態だったという。建屋の地下には高濃度汚染水がたまっており、周辺の地下水の水位が低くなると汚染水が漏れ出す恐れがある。東電は水位の逆転が起きていなかったか調べる。

 高濃度汚染水が漏れないように、建屋周辺の地下水は、汚染水より水位を高くする必要がある。東電は1~4号機建屋の周囲に掘った井戸で地下水をくみ上げ、水位を調整している。

東電によると、
ミスがあった井戸は6本で、
最も古いものは
今年4月19日から水位計の設定を誤っていた


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-29 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)