スキーにはまっています。


by 幸田 晋

桜島2010年秋

a0043276_3375835.jpg
a0043276_338569.jpg

# by kuroki_kazuya | 2010-10-20 03:39 | 日誌 | Comments(0)
昨夜、ソフトバンクとの日本シリーズ進出を戦い千葉ロッテが勝利した。!!!

報道によると、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)
ファイナルステージ第6戦、福岡ソフトバンクvs.千葉ロッテが
19日、ヤフードームで行われ、

千葉ロッテが福岡ソフトバンクを7対0で破り、日本シリーズ進出を決めた、とのこと。

王手をかけられてから3連勝と勝負強さを発揮した西村徳文監督は
「リーグ戦から負けたら終わりというゲームはたくさんあった。
精神力の強い選手たちです」と選手を称えた。

西村徳文監督は、串間市塩町出身(私の家から500mくらい)。

串間市出身のプロ野球選手は水谷実雄(広島カープ)に続き2人目。

暗いニュースが多い串間で嬉しい出来事です。
# by kuroki_kazuya | 2010-10-20 03:09 | 日誌 | Comments(0)
高山流鏑馬(鹿児島県肝付町高山)若武者 四十九所神社 

 ◇五穀豊穣、無病息災を祈る

 約900年の歴史がある高山流鏑馬(やぶさめ)が17日、
肝付町の四十九所(しじゅうくしょ)神社参道であった。
(肝付町は、旧高山町と内之浦町が合併して)
(高山町は自民党副総裁をした、二階堂進氏の出身地)
a0043276_4425311.jpg

a0043276_4433457.jpg

a0043276_4441127.jpg

若武者が9本の矢を放ち7本を的中させ、拍手喝采(かっさい)を浴びた。

今年の若武者は高山中2年、伊倉滉大(こうだい)君(14)。
a0043276_445175.jpg

a0043276_4485348.jpg

a0043276_446854.jpg


狩衣(かりぎぬ)装束に身を包んだ伊倉君は、
約330メートルの馬場を3回疾走し、
等間隔に置かれた三つの杉の的(60センチ四方)を目掛けて矢を放った。

矢が的に当たるたびに「パン」という音が馬場に響き、
五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈る流鏑馬を多くの見物人が楽しんだ。
a0043276_4463983.jpg

# by kuroki_kazuya | 2010-10-19 04:06 | 日誌 | Comments(0)

こばとオリンピック

こばとオリンピックが10月10日(日)串間市のこばと幼稚園で開催された。

ザ・チャレンジ!!
a0043276_618192.jpg

a0043276_6182511.jpg

a0043276_6184527.jpg
a0043276_6192922.jpg
a0043276_6194767.jpg


モンスターファミリー
a0043276_6223185.jpg


フィールド・ミュージカル
a0043276_6234838.jpg

a0043276_6241337.jpg

a0043276_6243858.jpg

a0043276_6245746.jpg

# by kuroki_kazuya | 2010-10-10 20:00 | 日誌 | Comments(0)

“ライブ すなっく Dan”

アコースティックな音楽と、
団塊の世代の元気さを漂わせる“ライブ すなっく Dan”

同僚の「A」氏が、沖縄の三線(さんしん)を披露した。

三線(さんしん)は沖縄県を代表する楽器。
棹と呼ばれる棒に三本の糸が張られた三線は、
弦楽器のなかでも特に撥弦楽器に分類される。

琉球古典音楽や沖縄民謡から奄美民謡に至るまでの
琉球王朝文化圏において欠かすことができない楽器のひとつ。
a0043276_311946.jpg

a0043276_353531.jpg

と、そこに職場の「K嬢」も来たので、「A、K」同時出演
a0043276_314692.jpg

9月の、最後を久しぶりに夜遅くまで楽しんだ?
# by kuroki_kazuya | 2010-10-05 03:03 | 日誌 | Comments(0)
原子力資料情報室の
澤井正子さんのメール転送分より
  



ドイツ政府の原発運転延長法案に対し、
9月18日ベルリ ンを中心に大規模な脱原発デモが行われ、
「原発は即時閉鎖!」というスローガ ンが
連邦議会、首相府、ベルリン中央駅等を、取り巻きました。
(日本だったら、首相官邸、国会議事堂、東京駅!。)


蛇足ですが……。
脱「脱原発」という下記新聞の表現は誤りです。
ドイツでは、新規原発の建設はメルケル政権でも禁止されており、
「脱原発」は揺るぎません。


すべての原発は運転期間終了後廃止することになっています。
今回の提案は、それぞれの原発の停止期間を以前に取り決めた
「運転開始から32年」を、古い原発で40年、1980 年以降に建設した
原発で56年に延期しようとする法案です。

しかし18日のデモのように、反原発の市民だけでなく、
再生可能エネルギーを推進してきた勢力などからも異論が出ており、
審議方法などを含めて問題ばかりの法案です。

ドイツ政府の原発運転延長法案に対し、
9月18日ベルリ ンを中心に大規模な脱原発デモが行われ、
「原発は即時閉鎖!」というスローガ ンが
連邦議会、首相府、ベルリン中央駅等を、取り巻きました。
(日本だったら、首相官邸、国会議事堂、東京駅!。)

ベルリンの観光名所、連邦議会議事堂前に
「Atomkraft Nein Danke!(原発いらない!)」の
旗が翻っています。

ドイツの元気なデモの様子を伝えるニュース、Youtubeを
下記にご紹介いたします。
(申し訳ありません、全部ドイツ語ですが気分は充分味わえます!)


■デモ呼びかけのサイト
http://www.ausgestrahlt.de/anti-atom-demo.html

「反原発特別列車」のベルリン中央駅到着の模様から
18日のベルリンでのデモ+アクション。
今回、「放射性廃棄物のミニ(黄色いドラム缶)を
みんな作って持ってきて!というアクションが提案されていて、
それを首相府の敷地に山積みしています!
「メルケル(首相)、最終処分場に入れ」というプラカードも!


■ZDF:テレビニュース
http://www.zdf.de/ZDFmediathek/beitrag/video/1142652/Grossdemo-
gegen-Atomkraft-in-Berlin




澤井正子  

原子力資料情報室
〒162-0065 
東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX: 03-3357-3801
# by kuroki_kazuya | 2010-09-20 19:09 | 核 原子力 | Comments(0)
日本画家・田中一村
平成22年10月5日(火) ~11月7日(日) 
鹿児島市立美術館で


日本画家・田中一村(本名孝、1908~1977)
明治41年、現在の栃木市に生まれ5歳の時に東京に転居します。

幼い頃から南画を学び、神童と称されました。

大正15年、東京美術学校に入学しますが、わずか2ヶ月で退学します。

やがて写生を基とした画風に移り、琳派の装飾的な要素を取り入れるなど、
多様な作品を描きます。

昭和13年、千葉市へ転居しました。

昭和22年に青龍展に初入選しますが、画壇とは一定の距離を置いて、
限られた支援者のために制作する切り詰めた生活を送ります。

昭和33年、50歳にして単身奄美大島に移住すると、
紬織の染色工として働きながら、
南国特有の動植物を濃密な画面に描いた作品を残します。

しかし、生前は作品を発表することなく、昭和52年に69歳の生涯を閉じました。

 ほとんど無名の画家であった一村ですが、
没後にテレビ番組で紹介されると大きな反響を呼び、
一村ブームと呼べる人気を博します。

その一方で、基礎的な作品の調査や芸術性への考察は十分とは言えない面がありました。

本展覧会は、一村ゆかりの地にある公立美術館が共同して改めて作品や資料を調査し、
その成果を基に行うものです。

新発見の作品を数多く含む約250点を一堂に紹介する本展をとおして、
一画家としての一村の全貌、その新たなる魅力をお楽しみいただければ幸いです。


鹿児島市立美術館
〒892-0853 鹿児島市城山町4番36号 TEL(099)224-3400

●記念講演会
 10月17日(日) 14:00~15:30
●「田中一村と奄美」
 講師:小林 忠氏
    (学習院大学教授・千葉市美術館館長)
 会場:地下講堂 ※聴講無料
●記念ワークショップ
 10月24日(日) 10:00~16:00
●日本画入門~草花を描く~
 講師:駒井 敏行氏
    (日本画家・県美術協会会員)
 ※応募方法は「講座・講演会」
  のページをご覧ください。

●ギャラリートーク
 10月23日(土)
 14:00~15:00
 松尾 知子氏(千葉市美術館学芸員)
 による作品解説

 10月9日(土)、11月6日(土)
 各日14:00~15:00
 当館学芸員による作品解説
 ※展覧会の観覧券が必要です。
会 期  平成22年10月5日(火) ~11月7日(日) 【休館日 10月12日(火)・18日(月)・25日(月)】

●主 催  鹿児島市・鹿児島市教育委員会・鹿児島市立美術館
南日本新聞社・KYT鹿児島読売テレビ
●観覧料 一 般 1000円(600円)
高大生 800円(400円)
小中生 600円・親子券 1200円
※( )内は前売り料金及び障害者手帳提示者
※所蔵品展も観覧できます。
●前売り券
 取扱所 
■ファミリーマート/e+(イープラス)http://eplus.jp/sys/main.jsp
■ローソン/ローソンチケット[Lコード 82745]
■サンクス/チケットぴあ[Pコード 764-300]
■鹿児島市内プレイガイド
 山形屋/生協コープかごしま各店舗/鹿児島市民文化ホール/各画材店
# by kuroki_kazuya | 2010-09-20 15:52 | 日誌 | Comments(0)
広瀬隆さん、が、7月に集英社新書として出版した『二酸化炭素温暖化説の崩壊』
の中で、8月に地震の危険性についてダイヤモンド社から刊行予定、
と、書いてあったので、何度かネットで検索していました、が、見つかりませんでした。
しかし、たんぽぽ舎の、お知らせ、のように、発刊されたようです。
a0043276_19163719.jpg


たんぽぽ舎のお知らせ、より

広瀬隆氏「原子炉時限爆弾」発刊。
「もんじゅ」の失敗は100%保証済み
    夢の原子炉ではなく、悪夢の原子炉だ−広瀬 隆
    新著『原子炉時限爆弾−大地震におびえる日本列島』


★1 広瀬隆さんが、8月28日ダイヤモンド社から、15年ぶりの反原発書を出版
された。題名は、『原子炉時限爆弾−大地震におびえる日本列島』。7月に集英
社新書として出版した『二酸化炭素温暖化説の崩壊』につづく、鋭く、的確な指
摘の警世の書である。(両書とも、たんぽぽ舎で扱い)。その『原子炉時限爆弾』
の中で、先日、お粗末で重大な事故を起こした、「もんじゅ」について、「もん
じゅの失敗は、100%保証済み」という2頁半の鋭い、今回の事故も予見したか
の記事がある。その要旨を紹介します。

★2 もんじゅの失敗は、百パーセント保証済み(本文252〜254頁)の要点。

 核分裂しやすいプルトニウム239がブランケットに生まれ、実に98%という
高濃度になり、原爆製造に必要な93%よりはるかに高いプルトニウムが得られる。
そこで、核保有国では、高速増殖炉の開発にしのぎをけずることになった。つま
り高速増殖炉は、核兵器用のプルトニウム製造炉としてスタートした、文字通り
原爆製造用原子炉である。これに成功すれば、核分裂しないウラン238を使っ
て、原子力発電でも燃料を100倍以上使え、ウランが40年で枯渇しても、“夢の
原子炉”高速増殖炉があれば、4000年以上も資源を使える。ところが、そうはな
らなかった。
 まず、先端をきっていたアメリカが、1955年、1966年と炉心溶融事故を起こし、
開発から30年後に、全面的に断念。イギリス、ドイツ、フランス、ロシアもすべ
て、重大事故を続発して、開発をついに断念した。“夢の原子炉”は“悪夢の原
子炉”だったのだ。残った日本も、発電開始後3ヶ月あまりで、ナトリウム漏洩
で、火災事故をおこし(1995年12月)、文殊がお釈迦になった! 
 こうした原因は、冷却材に水を使わず、液体ナトリウムを使用していることが
致命的といえる。
 福井県のもんじゅでも、先進国型の事故を踏襲するのは、時間の問題。
 さらなる無謀さは、原子炉の立地条件にある。福井県敦賀市白木地区である。
もんじゅの敷地の真下には、長さ15kmの白木−丹生断層が走り、原研機構も認知
した。25年前に、耐震性450ガルで設計、竣工されて以来、760ガルにまで耐震性
度がひきあげられているのに、本質的には、強度強化はできないまま。
 この一帯は、琵琶湖の東岸沿いに、日本海まで山のような断層群があり、柳ヶ
瀬・関ヶ原断層帯は、全長が100kmにも達するので、マグ二チュード8を超える
大地震の震源域。

書店で見てみてください。
特に、東海・関西・東京付近の方々

# by kuroki_kazuya | 2010-09-05 19:16 | 核 原子力 | Comments(0)
芥川 仁 写真展 県立美術館で9月1日から5日(日)まで
a0043276_6535650.jpg

「生命の惑星 青島」と題し
2006年1月9日から2007年12月17日までの間、
宮崎日日新聞文化欄に計42回掲載された「生命の宇宙・青島」
から抜粋して加筆訂正し、写真集としてまとめたもの、
出版記念写真展である。

写真集の一部より
a0043276_7231147.jpg

a0043276_7233853.jpg

a0043276_724435.jpg

a0043276_7245221.jpg

a0043276_7251595.jpg

あとがき
a0043276_727285.jpg

a0043276_7274323.jpg

# by kuroki_kazuya | 2010-09-03 06:54 | 日誌 | Comments(0)
厚労省と経産省は関連予算を概算要求に盛り込んだ。
だけ、だが。実現すると良い。


最低賃金底上げへ、厚労・経産が中小企業支援策

 最低賃金(時給)について、
厚生労働省と経済産業省が合同で設置している検討チームは30日、
政府が新成長戦略で掲げた「早期に全国の最低額を800円とする」
とした目標の実現に向け、
最低賃金の底上げで影響を受けやすい中小企業への支援策を取りまとめた。

 支援策の柱は、
時給額の引き上げ額や対象人数に応じ、
1事業所につき年間最大70万円の「賃金改善奨励金」を支給する制度の創設。

奨励金は、
来年4月1日時点の最低賃金額が680円以下の地域にある中小企業が支給対象で、
時給800円以上を達成した場合は、奨励金がさらに上乗せされる仕組みになっている。

 そのほか、経営相談などを行う「中小企業サテライト相談窓口」
を全国200か所に新設する方針で、
厚労省と経産省は関連予算を概算要求に盛り込んだ。

8月30日23時41分配信 読売新聞より
# by kuroki_kazuya | 2010-08-31 02:38 | 労働 | Comments(0)