スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国家予算 スピード成立

新年度予算スピード成立、国会の焦点は重要法案成否に
3月26日23時30分配信 読売新聞より


 2007年度予算は26日の参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決され、
成立した。

 予算の年度内成立は99年度予算以降、9年連続。
予算成立日としては、01、04年度予算と並んで戦後5番目の早さだった。

 これにより、国会の焦点は安倍首相が最重要課題と位置づける教育改革関連3法案
や憲法改正の手続きを定める国民投票法案など重要法案の成否に移った。
統一地方選や夏の参院選をにらみ、引き続き与野党の攻防が展開されそうだ。

 07年度予算は同日午後の参院予算委員会で締めくくり質疑を経て採決され、
同日夕の参院本会議に緊急上程された。民主、共産、社民、国民新の各党は反対した。

以上ですが、
松岡農相の年間500万円の光熱費問題は、どうなったのですか???

「社会保障や格差問題をテーマに開かれた19日の参院予算委員会の集中審議は、
本来のテーマ以上に松岡利勝農相をめぐる光熱水費問題がクローズアップされ、
農相問題が審議に集中できる環境作りを妨げている実態が改めて示された。
にもかかわらず、農相は「報告すべきは報告している」と法律を盾にかわし続け、
安倍晋三首相も同じ言葉で擁護し続けた。

 資金管理団体が無償のはずの光熱水費を多額計上していた問題は、
民主党の中井洽(ひろし)元法相らにも広がったが、中井氏らは不十分とはいえ
記者会見を開くなどして事情を説明している。
それだけに、農相の逃げの姿勢が日に日に際立っている。

 民主党はこうした構図を利用して、この日の委員会でも、
小林正夫氏が「我が党でも(光熱水費での)付け替えが発覚したが、
直ちに記者会見を開いて説明した。ましてや閣僚は率先して説明責任を果たすべきだ」
と追及。しかし、農相は「これまでも申し上げてきたが、
現在の制度で定められたことはすべて尽くしている」と、逃げの一手に終始した。」
毎日新聞 2007年3月19日より
と、そのまんまの状態ですよ!!
# by kuroki_kazuya | 2007-03-27 03:09 | 政治・議会 | Comments(0)
能登沖地震、揺れの加速度が
阪神大震災上回る
3月26日0時14分配信 読売新聞より


 防災科学技術研究所は25日夕、
能登半島沖の地震で記録された揺れの最大加速度は、
午前9時42分に石川県志賀町で観測された945ガルと発表した。

 945ガルは1995年1月の阪神大震災の際、神戸海洋気象台での観測値から
算出された891ガルを上回る。

 近年の大きな地震では、2005年10月の新潟県中越地震の際に、
同県川口町で2515ガルを記録。00年10月の鳥取県西部地震では、
同県日野町で1584ガルの最大加速度が観測されている。

 ガルは地震の強さを示す目安の一つとして使われるが、
あくまでも加速度だけを表現しており、揺れの継続時間は反映していないため、
被害の大きさと直接結びつくわけではない。
とのこと。
まだまだ余震が続いているようです、被害が大きくなりませんように・・・
# by kuroki_kazuya | 2007-03-26 04:04 | 日誌 | Comments(0)

能登で地震

七尾市~有料道路陥没!観光バス乗客ら足止め
 25日午前9時42分ごろ、北陸地方を中心に強い地震があり、石川県の能登地方で
震度6強を観測しました。七尾市の能登有料道路では、陥没するなど、
通行止めとなりました。一時、バス5台と乗用車30台の132人が、
サービスエリアで足止めされました。
a0043276_18584447.jpg


 七尾市中島町の能登有料道路、横田料金所を出てすぐの道路が、幅10メートル、
長さ50メートルにわたり、完全に崩落しています。
この崩落に巻き込まれた車両などは、現在、確認されていません。
この道路は、金沢と穴水を結ぶ能登半島を縦断する有料道路で、
多くの観光客が通行します。ここから輪島方向へ向かった数カ所で道路が寸断
されているため、5キロほど離れた別所岳サービスエリアで人が立ち往生し、
取り残されていました。石川県消防防災課によると、バス5台、乗用車30台、
132人ということです。午後5時前に、サービスエリアの脇の林道を歩いて徒歩で移動し、
取り残された人たちは、警察車両などに分乗し、無事、避難したということです。

[25日18時39分更新]テレビ朝日系より
大きな地震です。被害が少ないことを、と思います。
# by kuroki_kazuya | 2007-03-25 18:57 | 日誌 | Comments(0)

東国原知事 鹿児島へ

鹿児島にも“東風” 東国原知事 宮崎をPR市民 2000人が集まる 鹿児島中央駅

鹿児島市の鹿児島中央駅前広場でトークショーを行い、
宮崎県をPRした東国原英夫知事
a0043276_4273165.jpg

 宮崎県の観光キャンペーンが24日、鹿児島市の鹿児島中央駅前広場であり、
東国原英夫知事がトークショーなどを行い、宮崎をPRした。
宮崎県などが同知事の就任後初めて鹿児島で行った観光宣伝。
2000人近い市民が集まり、会場には“東風”が吹き渡った。

 同知事は公用車の落札や県議会など政治的な話から、
老眼鏡が全国から600個送られてきたこと、髪の毛にまつわるタレント時代の
エピソードなどをユーモアたっぷりに語り市民を笑わせた。
また、「鹿児島は観光資源が豊富で食のブランドもすごい」と持ち上げ、
「連携して仲良くやっていきましょう」と呼び掛けた。
話を聞いていた同市中央町の女性(70)は「堅苦しさがなく話がうまい。
政治的ポイントはつかんでいる」と絶賛した。

 会場では同県小林市のコイこくや都城市の地鶏が振る舞われた。
また、ステージでは宮崎市で6月にあるフラダンス大会などのイベントPRも行われた。

=2007/03/25付 西日本新聞朝刊=
2007年03月25日00時23分 より
奮闘してます、宮崎県知事
# by kuroki_kazuya | 2007-03-25 04:25 | 政治・議会 | Comments(0)
東国原宮崎県知事が観光PRで来鹿
宮崎県の東国原知事が初めて鹿児島入り
しました

トークイベントには2000人が集まり興奮に包まれました。
a0043276_3591257.jpg

宮崎県の東国原知事は、いま宮崎市の「こどものくに」などで開かれている
フラワーフェスティバルや宮崎の特産品をPRする観光キャンペーンとして
トークイベントを開きました。

会場となった鹿児島中央駅のアミュ広場には
東国原知事を一目見ようとおよそ2000人が詰め掛け、ジョークを交えながらの
軽妙なトークに会場からは笑い声が聞かれました。

[24日19時59分更新]MBC鹿児島放送より
頑張っています、宮崎県知事
頼もしい知事です・・・
# by kuroki_kazuya | 2007-03-25 03:57 | 政治・議会 | Comments(0)
<志賀原発臨界>直後の隠ぺい会議に
安全監督者も参加

3月24日15時4分配信 毎日新聞より

 北陸電力志賀(しか)原発1号機(石川県志賀町)の臨界事故隠しで、当時、
同原発の安全管理を監督していた「原子炉主任技術者」の次長が、
事故直後の隠ぺい会議に参加していたことが分かった。
次長は事故がなかったとの内容になっている「引継日誌」の決裁欄に押印していた
ことも判明。「安全運営における司法的な役割」を担う責任者が隠ぺいにかかわっていた
可能性が高まり、原子力安全・保安院は「事実なら、法令に照らした処分も
検討しなければならない」としている。

 北陸電や関係者によると、隠ぺい会議は、事故直後の99年6月18日未明に
事務棟2階の「緊急時対策室」で開催。当時の所長や所長代理(現・役員)らとともに
次長が参加。所長が主導した隠ぺい工作を事実上承認したとみられる。
また、同日午前8時半ごろ作成された事故当直時間帯の引継日誌には、
主任技術者の確認印があった。

 主任技術者制度は1957年に創設。国家試験などで資格免状が交付される。
主任技術者には、原子炉等規制法で「誠実な職務遂行」が義務付けられている。
また同法に基づく北陸電の保安規定で定めた職務には、異常発生時の原因調査や
日誌や点検報告書の確認などが挙げられている。【近藤大介】

最終更新:3月24日15時32分
# by kuroki_kazuya | 2007-03-24 19:52 | 環境 | Comments(0)
[臨界事故隠し] ミスの積み重ねで
信頼は地に落ちた

( 3/17 付 )南日本新聞社説より
 原発の原子炉は暴走しないように何重もの安全対策を講じられている。
だが、思いもしない人為ミスが積み重なるとブレーキは働かなくなり、制御不能に陥る。
そんな深刻で重大な「臨界事故」が起きたというのに、北陸電力は8年間も隠してきた。

 昨年から今年にかけ、各地の原発の検査データ改ざんやトラブル隠しなどの不正が
次々と明るみに出た。経済産業省原子力安全・保安院が3月末を期限に総点検を指示
したからだが、期限間際になって、とんでもない事故隠しが判明した。
あまりの悪質さに憤りを禁じ得ない

 事故は石川県の志賀原発1号機で、1999年6月の定期検査中に起きた。
核反応を抑える89本の制御棒のうち、3本が抜け落ちたため、核分裂が連続して起きる
臨界状態になり、15分間も続いた。幸い作業員の被ばくや周辺への放射能汚染は
なかったというが、
一歩間違えれば大惨事になったのは間違いない

 今回の事故は、制御棒の出し入れを調整する弁の操作ミスが引き金になっている。
システム点検の際の作業手順書には全く反対の操作をするように記述されていた
というからお粗末だ。加えて人為ミスで緊急停止装置も機能しなかった。

 チェルノブイリ事故も運転規則違反など小さなミスの連鎖と安全性への過信から
始まったことを忘れてならない。北陸電力は「定期検査中の臨界は全く想定外」
としているが、なぜ過ちが見過ごされ、安全装置が働かずに臨界を迎えたか、
原因を徹底的に究明すべきだった。

 そして、その結果と対策を公開することで、すべての原子力施設の安全確保、
再発防止に役立てることが欠かせない。

 事故が公になっていたら、
3カ月後に茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)で起き、
2人が死亡した臨界事故は防げたかもしれない。だが、志賀原発の幹部らは組織ぐるみ
で隠ぺいに走り、国への報告を怠った。

 そこには安全を後回しにしてでも、運転継続・電力供給を最優先する企業風土が
潜んでいる。こうした隠ぺい体質から抜け出すにはこの際、不正を洗いざらい
さらけ出し、検証することが重要だ。

 現在、原子力発電は日本の総発電電力量の3割を超えるエネルギーを供給している。
多くの課題や問題を抱えているのも事実だが、原発の存在を抜きにしては、
今の生活を続けていくことはできないのが実情だ。それだけに、電力会社は稼働中の
原発の安全で透明な運転に努め、信頼回復への決意に変える必要がある。
# by kuroki_kazuya | 2007-03-24 19:40 | 環境 | Comments(0)
4億円使い込み 徳島・那賀町長が辞職へ
 徳島県那賀町の町長が、町名義で金融機関からおよそ4億円を勝手に借り入れ、
辞職願を残して行方をくらましています。

 徳島県那賀町の日下正隆町長(61)は、農協から無断で町名義でおよそ
3億8,000万円を借り入れていたことが発覚しました。

 町長は、13日から行方がわからなくなっていましたが、
22日、町議会議長宛に辞職願が届き「町の資金を投資会社で運用し、
損失が出たため、借り入れ金で穴埋めをした」などと書かれていました。

「びっくりした。まじめな人だと思っていた」
「公に出て、きっちりと明らかにするべきで、それが責任ある人の仕事だと思う」
「許せない」(町民)

 日下町長は、合併前の旧鷲敷町時代にも、町の資金を先物取引に使っていて、
流用はおよそ10年にわたるとみられています。

 町議会は23日午後、日下町長の辞職を承認、町は刑事告訴を検討しています。

[24日12時39分更新]MBS近畿放送より
毎日、驚く出来事ばかり!!!
# by kuroki_kazuya | 2007-03-24 13:23 | 政治・議会 | Comments(0)

国の借金 832兆円

「国の借金」は832兆円
=昨年末、過去最大を更新-1人当たり651万円に
3月23日17時3分配信 時事通信より


 財務省は23日、国債や借入金などを合計した「国の借金」が2006年末時点で
832兆2631億円に達したと発表した。
前回公表した同年9月末に比べて4兆3465億円増加し、過去最大を更新した。
総務省が推計した最近の人口(1億2772万人)に基づいて試算すると、
国民1人当たりの借金は651万6000円に上る。

 政府は07年度予算案で、借換債などを含めた国債の発行総額を06年度当初比で
過去最大となる21兆6000億円減らし、143兆8000億円に抑えた。
しかし、借金残高は05年末から
1年間で約19兆円増えており

膨張に歯止めが掛かっていない。
今後長期金利が上昇すれば利払い負担が増えるため、
政府にとって財政健全化が急務の課題となる。 

最終更新:3月23日17時3分
# by kuroki_kazuya | 2007-03-23 19:08 | 政治・議会 | Comments(0)
ライブドア事件で公認会計士に懲役10カ月の実刑判決
 ライブドアの粉飾決算事件で、堀江貴文被告らと共謀したとされる会計士に、
懲役10カ月の実刑判決が言い渡されました。

 ライブドアの粉飾決算事件では、監査を担当した公認会計士の小林元被告と
久野太辰被告も罪に問われていますが、2人とも起訴事実を否認しています。
判決で、東京地裁は「会計士としての責務を忘れ、堀江被告らの企てを許してしまい、
厳しい非難は当然」として、監査報告書に署名した久野被告に懲役10カ月の実刑判決、
小林被告には執行猶予つきの判決を言い渡しました。23日午後には、
法人としてのライブドアに対する判決が言い渡されます。

[23日14時47分更新]
# by kuroki_kazuya | 2007-03-23 19:00 | 日誌 | Comments(0)