スキーにはまっています。


by 幸田 晋
<玄海原発>
県内外、やまない反対の声
 

佐賀知事再稼働同意


毎日新聞 4/24(月) 23:08配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000100-mai-soci

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、佐賀県の山口祥義(よしのり)知事が24日、地元としての最終判断を下した。記者会見で再稼働に同意した知事は「悩み抜いた上の結論」と理解を求めたが、
長崎県壱岐市議会が同日、
反対の意見書を採択するなど、
県内外からの反対の声はやむことがない


 「心の底から悩み抜き、熟慮に熟慮を重ねてまいりました」。佐賀市の県庁4階で午後3時に始まった記者会見。用意した紙を約35分かけて読み上げた知事は再三「熟慮」という言葉を繰り返し、「再生可能エネルギーが主役となる時代」まで「やむを得ない」という考えを強調した。

 一方で、知事が再稼働の条件に挙げていた「県民の理解が得られたか」についての具体的な説明は乏しかった。県内5カ所で実施した県民説明会や県へのメールなどで多くの反対意見が寄せられたが、知事は「県民と対話した皮膚感覚で、総合的に考えて理解を得られた」と強弁。「県民83万人全員が同じ方向に向くことは難しい」とも話した。

 知事の再稼働同意が近付くにつれて高まってきた周辺自治体からの反対の声は24日も上がり、島の南側が原発から30キロ圏内に入る離島の壱岐市議会は「市民からは安全性や避難に対する不安が払拭(ふっしょく)できないとの声が相次いでいる」とする意見書を全会一致で採択した。

再稼働に反対する
30キロ圏内の議会は
長崎県平戸市、同松浦市に続き三つ目。
この3市は
市長も反対を表明しており、
以前から反対している佐賀県伊万里市長を含め、
30キロ圏内8市町の首長の半数を占める


 この日、県庁1階の県民ホールには脱原発を訴える県内外の市民団体メンバーら約50人が山口知事に宛てた要求書を携えて詰め掛けた。知事が早口で話し続ける姿をテレビモニターで確認したメンバーからは「県民の命を預かる知事自身の責任はないのか」「理解は得られていない」といった批判の声が上がった。

 市民らは会見終了後、知事への面会を求めて知事室があるフロアまで押しかけたが県職員から拒まれた。佐賀市の市民団体代表、石丸初美さん(65)は「知事は就任当初から県民の声を聞くといいながら面会に応じない。批判の声に向き合ってほしい」と憤った。【関東晋慈、松尾雅也、浅野翔太郎】

 ◇「地元同意の範囲拡大を」求める声が噴出

 玄海原発の再稼働を巡っては、佐賀県と玄海町に事実上限定されている「地元同意」の範囲拡大を求める声が県境を越えて噴出している。

 全域が玄海原発から30キロ圏に入り、再稼働に反対する長崎県松浦市の友広郁洋市長は「30キロ圏内に緊急防護措置区域(UPZ)を設定するなら、それに沿った発言権や権限は一体的でないといけない。避難だけというのはバランスが取れていない」と指摘。避難計画の作成を義務付けられる一方で、意見が顧みられない現状に不満を示し「我々に発言権がないのが一番(の問題)。地元同意の中に入れてもらう制度にしてほしい」と訴える。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:58 | 九電労組 | Comments(0)
<福島原発>
県外自主避難者「帰還せず」8割


毎日新聞 4/24(月) 19:41配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000066-mai-soci

 東京電力福島第1原発事故で政府の避難指示が出ていない区域から避難した「自主避難者」らのうち、福島県外に避難している世帯の約8割が県内に戻らない意向を示したことが24日、県の調査で分かった。県は除染が進むなど「生活環境が整った」として3月末で住宅の無償提供を打ち切っている。県の担当者は「放射線への不安を抱えていたり、生活基盤が避難先に移ったりした人が多い」と分析している。

調査は
無償提供を受けていた1万2239世帯が対象で、
県外に避難した5718世帯のうち
4781世帯の意向を確認し、

「避難先で生活を継続する」と答えた世帯が最多の78.2%を占めた。

「避難先以外の県外で生活する」世帯も3.5%あり、

「避難元に帰還する」世帯は18.3%にとどまった。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:53 | 核 原子力 | Comments(0)
大飯原発「必要な審査はまだ」 

島崎
前原子力規制委員長代理が
証言


福井新聞ONLINE 4/24(月) 15:18配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010002-fukui-l18

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟控訴審の証人尋問が24日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)であった。
証人として出廷した
島崎邦彦・前原子力規制委員長代理は、
大飯原発の基準地震動
(耐震設計の目安とする揺れ)は
過小評価されている
とした上で「必要な審査はまだ行われていない」と述べ、
運転再開すべきではないと主張した


 島崎氏は、規制委が発足した2012年9月から2年間、委員長代理を務め、地震や津波の審査を担当。大飯原発の基準地震動の審査も当時担当した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)
【報ステ】

玄海原発再稼働へ…

佐賀県知事が同意


テレビ朝日系(ANN) 4/24(月) 23:30配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170424-00000057-ann-soci

 佐賀県の山口知事は、九州電力・玄海原発3、4号機の再稼働に同意する考えを示した。

原発が立地する玄海町と県の同意が得られたことから、いわゆる「地元同意」がそろったことになる。

玄海原発から30キロの円を描くと、
玄海町の他に7つの市が圏内に入る。
そのうち4つの市が
避難計画に懸念があるなどとして
再稼働に反対の立場を表明している


これまで国と電力会社は、原発が立地する自治体と県の合意だけで再稼働を決めてきた。

それ以外の周辺自治体は蚊帳の外だった。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:43 | 九電労組 | Comments(0)
<福島原発>除染労災隠し 

元作業員が
1次下請けを賠償提訴


毎日新聞 4/24(月) 22:46配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000096-mai-soci

 ◇1952万円支払い求めて横浜地裁川崎支部に

 環境省による東京電力福島第1原発周辺の除染事業で、作業中に事故に遭った元作業員の男性(49)が24日、1次下請けだった愛媛県の建設会社を相手取り、約1952万円の損害賠償の支払いを求めて横浜地裁川崎支部に提訴した。雇用主の2次下請け会社が倒産し、「1次下請け会社にも労災事故を把握し、安全に配慮する義務があった」などと主張している。

 訴状などによると、男性は2014年12月、福島県富岡町で鉄製のトラック荷台の一部が落下する事故に遭い、右足を骨折した。だが2次下請け会社は、事故現場から離れた資材置き場での事故だとする虚偽の労災保険の申請書を労働基準監督署に提出。男性にも「申請内容が事実だと証言すれば、休業分の日当を払う」と虚偽報告を求めたという。男性は「除染作業中の事故を隠すためだったのではないか」と指摘している。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
汚染土

「中間貯蔵会社」が
官僚19人受け入れ 

「16年終了」を延命


東京新聞 2017年4月24日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017042402000128.html

 東京電力福島第一原発事故で生じた汚染土の収集や運搬などを担う「中間貯蔵・環境安全事業株式会社」(JESCO、本社・東京)が三月一日現在、中央省庁から再就職者や現役出向者を十九人受け入れていることが分かった。監督官庁の環境省出身者が十七人で、約九割を占める。 (山口哲人)

 環境省出身の十七人のうち六人が再就職者で、十一人が出向者。同社の取締役五人のうち二人が同省OBで、次官経験者の谷津龍太郎氏が副社長から社長に昇格している。監査役四人のうち一人も同省出向者。財務省の出向者と旧厚生省の再就職者が一人ずついる。

JESCOは
ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物の処理を行う会社として
二〇〇四年に全額政府出資(資本金百二十六億円)で設立された。

一六年にPCB処理を終える計画だったが、
一四年に計画を延長した上、
原発事故で発生した除染土壌の
収集や運搬、中間貯蔵、調査研究、技術開発の事業も追加された


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)
米が日本に諜報機器提供 

スノーデン文書で公開


東京新聞 2017年4月24日 23時22分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042401002157.html

【ワシントン共同】
米ネットメディア「インターセプト」は24日、米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が持ち出した機密書類の中に、
米国と日本の諜報活動協力などに関する
計13の文書があったとしてネット上で公開した


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:15 | オンブズマン | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

米国は北朝鮮問題では中国には勝てないと語る米英の識者

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月24日より転載

 日本の報道を見ていると、なんだかトランプがエラソーに習近平に対して北朝鮮問題で命令をしているように報じられている。

 すなわち経済圧力を緩めてやるから北朝鮮の暴走をお前の責任で止めろと。

 それが出来ないなら、米国が単独で軍事行動を取ると。

 中国にとっては、何をフザケタ事を言っているんだ、ものを頼むときは頭を下げてから頼んだらどうか、それなら協力してやってもいい、と内心思いながらもトランプの話に適当に合わせているに違いない。。

 実際のところ米国ほど外交の下手な国はない。

 武力攻撃は世界一得意でも、説得することはまるでだめだ。

 特に北朝鮮に対しては、米国は中国に頭が上がらないのだ。

 その事を米英の識者さえ認めている。

 すなわち4月22日の日経「緊迫する世界」は、米ユーラシア・グループ社長のイアン・ブレマー氏の次の言葉を掲載している。

 米国自身ができることは(軍事攻撃以外は)実質的にこれ以上(空母を朝鮮半島に派遣し警告すること)ない。米国は北朝鮮に影響力のある(最近それも衰えてきているが)中国に、より真剣に対処するよう圧力をかけるしかない、と。

 もっと明確に米国のジレンマを喝破しているのが、ファイナンシャル・タイムズの記事を引用した4月24日の日経の記事のジェームズ・キング編集委員の次の言葉だ。

 中朝の同盟関係は、建国以来、欧米と戦って来たという共通の利害を持つ。金正恩率いる核武装した北朝鮮が今の中国にどれほど受け入れがたくても、体制が崩壊し、朝鮮半島全体が米国の安全保障の傘の下に入るよりはましだと考えているだろう。米国が中国の最大のライバルであり続ける限り、北朝鮮がいかに目に余る行動をとっても中国は大目に見ようとする、これこそが米国にとって不都合な真実だと。

 これを要するに、北朝鮮問題ではトランプは習近平に勝てないのだ。

 トランプが何も出来ない北朝鮮に、そのトランプに追従一辺倒の安倍首相が出来る事は皆無であるということだ。

 せめて中国との関係ぐらい、少しは改善したらどうかということである(了)

*****





北朝鮮情勢の緊迫で「ツキがまわってきた」と叫んだ安倍首相

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月24日より転載

 いかにも安倍首相がいいそうなセリフだ。

 きょう発売の週刊現代(5月6・13日号)が、安倍官邸と外務省の北朝鮮情勢をめぐる迷走ぶりを、まるで見て来た事のように「生中継」と銘打って書いてる。

 そこに書かれている事はほとんど冗談のような事の数々だ。

 しかし、それが本当なら冗談どころではない。

 「北朝鮮情勢が緊迫してきてから、安倍さんはすっかり元気になって、『ツキがまわってきた』と側近たちに話しています。『安保法も集団的自衛権もやっておいてよかっただろ。シナリオ通りだよ』とも」(官邸スタッフ)というのだ。

 それはそうだろう。

 森友問題で下がった内閣支持率を北朝鮮の危機が引き上げてくれたからだ。

 私が驚いたのは、ペンス米副大統領との面会後、安倍首相がますます前のめりになったと書かれているところだ。

 北朝鮮有事があることを前提にして準備を進めるよう谷内正太郎NSC局長に指示したと書かれているところだ。

 アメリカが平壌を叩けば拉致被害者保護の目的で自衛隊を派遣できる、もし本当に拉致被害者を保護できれば支持率20%アップも夢ではない、と安倍首相は考えている、と書かれているところだ。

 確かに、最近の報道を見ると合点がいく。

 そして、私がもっとも注目したのは、今の外務省は外務次官OBである谷内正太郎NSC局長の下に、外務次官になりたい幹部がすべて安倍首相に絶対服従し、米朝開戦に向かって異様なテンションになっていると書かれているところだ。

 アメリカが平壌を叩けば拉致被害者保護の目的で自衛隊を派遣できる、もし本当に拉致被害者を保護できれば支持率20%アップも夢ではない、と安倍首相が考えていると書かれているところだ。

 その一方で、安倍・谷内体制から外されているその他大勢の外務省キャリアたちは、戸惑っていると書かれている。

 私が繰り返して書いて来た通りだ。

 もはや外務省という組織は、安倍・谷内と次官欲しさの幹部たちによって完全に破壊されてしまった。

 もと同期の私だから言うが、谷内正太郎の大罪は計り知れないほど大きい。

 その谷内正太郎は、外遊の公務のかたわら、安倍首相の庇護の下に、セガサミーのカジノ利権実現に走り回っていると、月刊誌テーミスが書いていた。

 さもありなんと思わせる記事である。

 権力を握った者たちのやりたい放題だ。

 どこまでもあさましい連中である(了)

*****




拉致問題は私の手で解決するという安倍首相の大ボラ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月24日より転載

 歴代首相の中にはろくでもない首相も多かったが、その中でもこれほどホラを吹き続けるろくでもない首相はいなかっただろう。

 しかも、私的な会話におけるホラではない。

 経済・外交といった国民の暮らしと生命に直結する国の政策につてのホラである。

 その安倍首相が、きのう4月23日、厚かましくも、「救う会」の国民大集会に出席して、拉致被害者家族会の前で大ホラを吹いたらしい。

 拉致問題は私が司令塔となって必ず解決する、拉致被害者とご家族が抱き合うまで私の使命は終わらない、と大見得を切ったというのだ。

 これ以上のホラはない。

 トランプと一緒になって北朝鮮と戦争をしようとしている安倍首相に、どうして拉致被害者を助ける事ができるというのか。

 誰が考えてもあり得ないことだ。

 まだあの小泉純一郎の方がましだった。

 自分の手柄に目がくらんで拉致被害者の命を軽くみたり、ブッシュの米国に脅かされて腰砕けに終わったけれど、少なくとも平壌宣言をつくって日朝国交化との一括解決を目指した。

 安倍首相は、その足もとにも及ばない。

 横田早紀江さんはそろそろはっきりと言ったほうがいい。

 安倍首相では拉致問題の解決は無理だ。

 はやく新しい政権に代わって仕切り直してもらたい。

 我々には時間がないからできるだけ早く新政権が出来て欲しいと。

 もちろん、それは政権交代でなくてもいい。

 安倍首相の率いる政権でなければ、どんな政権でもいい、という事である(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2017-04-25 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
電力労働者 九州 
7回総会

a0043276_333729.jpg
a0043276_34064.jpg
a0043276_341493.jpg
a0043276_342689.jpg

# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 07:10 | 記録 重要 | Comments(0)
<玄海原発>
「知事は国の言いなり」


経産相訪問に県民ら抗議


毎日新聞 4/23(日) 10:43配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000017-mai-soci

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、世耕弘成経済産業相が22日佐賀県を訪れ、山口祥義知事が提示していた同意判断までの手続きが終わった。
山口知事は安全対策など国の責任を確認したとするが、
県民からは「国は助けてくれない」と批判が上がった

【松尾雅也、関東晋慈】

 世耕氏は午前、九電の瓜生道明社長らの案内で玄海原発を視察した。原子炉格納容器が破損した際の放射性物質の拡散対策などの説明を受けた。

 世耕氏は午後、佐賀県庁に移動。
正面玄関前では
再稼働に反対する県内外の市民団体らが詰め掛け
「山口知事は県民の声を聞け!」などと抗議の声を上げた。
世耕氏を乗せた車が正門に入ると「再稼働反対」「大臣帰れ」と連呼した


福岡県久留米市の元高校教諭、堤静雄さん(70)は「福島の事故を経験し、世論調査では原発に否定的な意見が半数を超え、再稼働を容認した県議会の決議とねじれている」と批判した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:58 | 九電労組 | Comments(0)