スキーにはまっています。


by 幸田 晋
東海村・核燃再処理工場 

廃止に70年8000億円


東京新聞 2017年4月23日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017042302000128.html

 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す国内初の再処理工場「東海再処理施設」(茨城県東海村)の設備や建物を解体撤去する総費用について、作業終了までの七十年間で約八千億円に上るとみられることが、運営主体の日本原子力研究開発機構への取材で判明した。
機構は
国の交付金で運営されており、
廃止費用は国民負担となる


 再処理は国の核燃料サイクル政策の中核で、東海施設は一九七七年に再処理を開始したが、老朽化などのため二〇一四年に廃止が決まった。

 使用済み燃料を細断し、むき出しになった放射性物質を扱うことから、「廃止措置」では核燃料が原子炉内に集中している原発に比べて汚染が広範囲に及ぶ。
このため廃止の総費用は
数百億円とされる原発廃炉の十倍以上


八千億円は
廃止措置の最初の十年間にかかる費用として公表されている
約二千百七十億円の四倍で、

残り六十年間で
約五千八百三十億円が必要とした


核燃サイクルを巡っては、
東海施設の技術を引き継いだ
日本原燃の再処理工場(青森県)が
完成延期を繰り返している


もう一つの中核だった
高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)は
一兆円の国費を投じたが
廃炉が決まり、
政策の実現が見通せないまま
巨費がつぎ込まれる実態が浮かんだ


・・・(途中略)

<東海再処理施設> 
1977年に再処理を開始し、
2007年までに国内原発の使用済み核燃料
約1140トンを再処理した。

廃止は14年に決定。

その後も、再処理で出た高レベル放射性廃液を
ガラスと混ぜて固化体にする作業を進めており、
12年半かかる予定だが、
トラブルが多く想定通りに進んでいない

# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:53 | 核 原子力 | Comments(0)
東海再処理施設廃止 

ドラム缶1本分800万円


東京新聞 2017年4月23日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017042302000122.html

 東海再処理施設(茨城県東海村)の廃止に伴って出る放射線レベルが極めて高い「核のごみ」は、地下三百メートル以下に埋めて「地層処分」する必要があるが、
処分費用は
ドラム缶一本分で八百万円と試算されている

最終処分場は立地選定も進まず、課題は山積している。

約八千億円と判明した
東海施設廃止の総費用のうち、
大部分を占めるのが
放射性廃棄物の埋設処分費だ。

地層処分に次ぐ「中深度処分」では
ドラム缶一本分が三百万円。

処分場への輸送費はいずれも
百三十万円余りを見積もっており、

処分費用が八百万円と試算された
最も高線量の核のごみは
一本当たりの輸送と処分に一千万円近くかかる計算だ


地表近くに埋める「コンクリートピット処分」では輸送に十八万円、処分に二十七万円余りを見込む。

 東海施設では、これまでに生じた放射性廃棄物のずさんな管理方法も発覚している。

 再処理の過程で使用済み燃料を金属製の被覆管ごと細断し、金属片などを円筒形の専用容器に詰めて保管しているが、何百個もの容器が、強い放射線を遮るため水で満たした貯蔵庫内で不規則に積み上がっている。搬入時にワイヤでつり上げ、貯蔵庫の天井の開口部から、切断したワイヤと一緒に落としたためだ。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)
【ZOOM東北 青森発】

再処理工場
30年度完成目標厳しく
 

エネ政策に使命感を

産経新聞 4/23(日) 7:55配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000011-san-l02

日本原燃が
青森県六ケ所村に建設を進めている
使用済み核燃料再処理工場は

原子力規制委員会による新規制基準適合性審査が実質的に終了したことで大きな節目を迎えた。
だが、今後も必要な手続きが数多く残されており、
原燃が目標とする平成30年度上期の
完成は厳しい状況


とはいえ、スケジュールに固執する余り、安全対策がおろそかにならないよう緊張感を持って着実な取り組みが求められる。(福田徳行)

                   ◇

 「審査の初期段階における論点整理や重大事故に関する検討に時間を要したが、一通りの説明を終えることができたことは非常に大きな前進。完成に向けてあらゆる工夫と努力を傾注していく」。先月31日の定例会見で工藤健二社長は、30年度上期の完成目標を堅持する姿勢を強調した。

 ◆実質「審査終了」も…

 26年1月の新規制基準への適合申請から約3年3カ月。これまでの過程を踏まえれば原燃にとっては、ようやくたどり着いた大きな一歩と言えるが、完成に向けた高揚感は感じられない。

 理由は超えなければならないハードルがいくつかあるためだ。その一つが審査での指摘事項を反映させる「1万数千ページ」(工藤社長)にも及ぶ膨大な量の補正申請書への対応だ。社員数百人が作成に当たり、近く規制委に提出する準備を進めている。

 規制委が問題なしと判断すれば、事実上の合格証に当たる審査書案の作成に入る。だが、これまで審査に合格した原発はパブリックコメント(意見公募)を実施していることから、合格に当たる審査書の決定は早ければ今夏になるものとみられる。このため、「しっかりとした補正申請書を作らなければならない」(原燃)のは当然だ。

 さらに、合格してもその後は緊急時対策所や貯水槽の新設などの安全対策工事やそれに関する工事の設計や方法の認可(設工認)が必要だ。ただ、同時並行的に掘削工事など先行して始められる工事は実施している。工事を終えた後も使用前検査を受けなければならず、こうした手続きを総合的に勘案すれば、スケジュールのタイトさだけが浮き彫りになっていることは否めない。

同工場は
核燃料サイクル事業の要として5年に着工。
当初、
9年に完成予定だったが、
設計変更やいくつかのトラブルで延期が繰り返されてきた

さらに、東日本大震災もあって事業は停滞。しかし、政府が言う「世界一厳しい審査基準」の適合審査を実質終えた意味は大きい。ようやく光明が差してきただけに、最終盤に差し掛かる今後の審査には慎重に真摯(しんし)に取り組む必要がある。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:43 | 核 原子力 | Comments(0)
玄海再稼働 知事24日にも同意表明 

経産相と会談「国が責任」確認


佐賀新聞 4/23(日) 11:54配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00010003-saga-l41

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、世耕弘成経済産業相は22日、佐賀県庁で山口祥義知事と会談した。世耕経産相は原子力政策について国が責任を持つ姿勢を明確にした上で、再稼働への理解を求めた。山口知事は、事業者の指導・監督や地域振興など6項目を要請した。知事は会談後、最終判断の条件は出そろったとの認識を示し、「できるだけ早くと思っている」と述べ、早ければ24日にも同意を表明する見通し。

会談で世耕経産相は
原子力政策に関し、
核燃料サイクルの推進や使用済み核燃料対策に取り組む姿勢を示し
「政府として責任を持って進める」と明言した。
原発の安全性向上には「安全神話と決別する」と強調、
業界の自主的、継続的な取り組みを促すと説明した。

廃炉を踏まえた立地地域の振興は「重要な課題」との認識を示し、
再生可能エネルギーの導入促進に向けた具体的な計画や方法は、
「次期エネルギー基本計画の見直しの議論の中で検討していく」と述べた。


山口知事は
大臣の説明を「重く受け止める」と応じた。
再稼働について、
県内や福岡、長崎両県でも反対の声が強いことを繰り返し、
「県民の安全が大切だということと、国が責任を持って取り組むことに尽きる」と指摘した。
地元同意に法令の定めがないことにも触れ
「手続きは分かりやすく、開かれたものが良い」との認識を伝えた。


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:35 | 九電労組 | Comments(0)
廃炉研究の拠点完成

=福島・富岡町に
―原子力機構


時事通信 4/23(日) 19:20配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000079-jij-soci

 東京電力福島第1原発の廃炉に必要な研究開発や人材育成の拠点として、
日本原子力研究開発機構の
廃炉国際共同研究センター「国際共同研究棟」が
福島県富岡町に完成し

開所式が23日行われた。
 
 東電は事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出すため状況把握を急いでいるが、原子炉内は放射線量が非常に高く、作業は難航している。

 完成した国際共同研究棟では、デブリにレーザーを照射して成分を調べる技術を開発したり、核燃料と制御棒を溶かす模擬実験で事故過程を推定したりして課題の解決を目指す。

 同センターは昨年4月、
楢葉町で「楢葉遠隔技術開発センター」の本格運用を開始。

大熊町には放射性物質を分析する「大熊分析・研究センター」を建設中


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)
辺野古工事 

故郷の土使わせない
 

12府県の18団体が沖縄を支援


東京新聞 2017年4月23日 07時02分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042390070213.html

 沖縄県名護市辺野古(へのこ)での米軍新基地建設で、埋め立て区域の外枠を造る護岸工事が今週にも始まる見通しだ。工事を巡っては、埋め立て用の土砂の採取場所とされる
西日本各地の市民団体が
連携して、土砂の搬出に反対している。
新基地が建設されれば、
沖縄の負担が増すとして
「一粒たりとも故郷の土を使わせない」と訴える
。 
(高山晶一)

 沖縄防衛局の資料によると、埋め立てに必要な土砂は約二千六十二万立方メートル。このうち約八割が「岩(がん)ズリ」と呼ばれる砕石を使う予定。沖縄県内二地区と、瀬戸内、門司、奄美大島など西日本六県七地区からの採取が想定されている。同局によると、採取場所は確定していない。

二〇一三年春、
瀬戸内海の環境保護団体「環瀬戸内海会議」の阿部悦子代表(67)は
沖縄を訪れ、
瀬戸内海の土が使われる可能性がある
と地元紙報道でたまたま知り、衝撃を受けた


 奄美大島の「自然と文化を守る奄美会議」も地元での土砂採取計画を知り、阿部さんらと連絡をとって一緒に阻止を目指すことに。他地区にも呼び掛け、一五年五月、七団体で「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会(辺野古土砂全協)」を立ち上げた。現在、加盟団体は十二府県十八団体に拡大している。採取計画の撤回を求める署名を集め、一五年十月と一六年十一月に計約九万四千人分を安倍晋三首相や防衛省などに提出した。今も署名を集めている。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

何度でも書く。安倍首相は本当に4月27日訪ロするのか

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月23日より転載

 メディアは相も変わらず北朝鮮有事を煽っている。

 あたかも北朝鮮の挑発行動を期待しているかのようだ。

 そんな危機的状況にあるというのに、安倍首相は予定通り4月27日から訪ロすると言う。

 そんなことが本当にできるのだろうか。

 それでも訪ロするというなら、外遊中には危機は起こらないという確証を得ているということだ。

 もし確証なしに訪ロするのなら、出たとこ勝負の無責任外交だ。

 どっちにころんでも、国民軽視のいかさま外遊だ。

 それに加えてもうひとつ、デタラメ外交になる事が付け加わった。

 それは北朝鮮をめぐって米ロの対立が激化したことだ。

 ウクライナ、シリアを巡って対立して来た米ロであるが、ついにその対立は北朝鮮に及ぶようになった。

 ロシアは北朝鮮の国連安保理制裁決議をめぐって米国に異論を唱え、米国を譲歩させた。

 今度は、北朝鮮の貨物船万景峰号をウラジオストックに寄港させる新たな定期航路を開設し、制裁破りをしようとしている。

 その一方で安倍首相は、いまやトランプと一緒になって北朝鮮に圧力をかけようとしている。

 そんな安倍首相が、このタイミングで訪ロして、プーチン大統領と何を話すというのか。

 「トランプと俺のどちらを取るか」とプーチンに脅かされるのがオチだろう。

 それでも訪ロしたいと言うなら安倍首相はよほどの自虐趣味だ。

 それとも、自分ならトランプとプーチンの橋渡しができると思って訪ロするのだろうか。

 もしそうなら滑稽なまでの楽観主義者であり、自惚れ屋だ。

 どっちに転んでも救いがたい外交音痴だ。

 安倍首相は本当に4月27日に訪ロするのだろうか。

 メディアはそんな訪ロの意義を何と報道するつもりだろうか(了)

*****



訪日して憲法9条否定の暴言を吐いたペンスとそれを見逃す日本

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月23日より転載

 少し前の事になるが、ペンス米副大統領が訪日し、「米国は力の道を選ぶ」と公言したと報じられた。

 「圧倒的、効果的」な対応で北朝鮮を打倒するとまで言ったと報じられた。

 この発言を報道で知った私は、これ以上ない怒りを覚えたものだ。

 憲法9条を持つ日本の国土に来ておきながら、よくもその精神を否定するこんな暴言を吐けるものだと。

 しかし、この発言を報じるどのメディアを見ても、その事を指摘したものは皆無だった。

 この暴言を批判する護憲政党、政治家、有識者は皆無だった。

 この時ほど私はこの国の憲法9条を守ろうとする勢力のいかさまぶりを痛感した事はなかった。

 もっとも、ペンス副大統領は米海軍横須賀基地に停泊中の空母ドナルド・レーガンの艦上でその演説を行った。

 米軍基地も米軍の空母も米国の主権下にある。

 だから日本での発言ではなく、あくまでも米国の主権下での発言ということになる。

 米国内で副大統領が何を言うと勝手だ、という事になる。

 しかし、日本の中に、日本の主権が及ばない米軍基地や米国空母が大手を振って存在していることこそ憲法9条違反だ。

 このままトランプ政権と安倍政権が続き、さらなる日米同盟強化が進んでいくと、憲法9条は改憲されても、されなくても、完全に否定されることになる。

 そうなってしまったら、何を言っても無駄になる。

 この事を日本の護憲政党、政治家、有識者はどれほど深刻に受け止めているだろうか。

 何としてでも新党憲法9条をこの国の政治の中に誕生させなくてはいけない。

 その思いを確固とさせてくれたペンス米副大統領の演説であった(了)

*****



安倍首相の天皇陛下いじめ、ここに極まれり、である

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月23日より転載

 今国会中に天皇退位の特例法が成立し、今上天皇陛下が2019年中に退位される事が確実になった。

 よほどのことがない限り、安倍政権は東京五輪まで続くだろうから、安倍首相の手によって今上天皇が退位させられるという事になる。

 安倍首相の高笑いが聞こえるようであるが、退位される前にも、安倍首相の天皇軽視は続く。

 その一つがトランプ大統領の訪日だ。

 きのう4月22日の一部紙が報じた。

 5月26、27日の両日にイタリアで開かれるサミットで、安倍首相はトランプ大統領との首脳会談を行い、そこでトランプ大統領の11月訪日について確認すると。

 すでに安倍首相は本年2月に行われたトランプ大統領との初首脳会談でトランプ大統領を招待しており、トランプ大統領もこれを受け入れたと伝えられた。

 だから、これもまたよほどのことがない限り、サミット時の首脳会談でトランプ訪日が現実のものとなる。

 大統領選の時は、在日米軍撤退を言い出すなど、孤立主義を打ち出すようなふりをしたトランプ大統領だったが、シリアを攻撃し、いまや北朝鮮との戦争も辞さないほど戦争大統領に変身したトランプ大統領である。

 これで北朝鮮との戦争を始めようものなら、まさしくトランプ大統領は憲法9条の精神を否定する大統領だ。

 そのトランプ大統領を今上天皇は国賓として迎えるほかはないのである。

 その心中はいかばかりかと思う。

 安倍首相はどんな顔をして歓迎晩さん会に出席するのだろうかと思う。

 まるで、これでもか、これでもかと、今上天皇をいじめているようだ。

 首相による、国家と国民の統合の象徴に対する究極のいじめである。

 日本はなんという国になってしまったのだろうか(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2017-04-24 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
電力労働者 九州 
7回総会

a0043276_5402885.jpg
a0043276_5404486.jpg
a0043276_5405874.jpg
a0043276_5411415.jpg

# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 07:10 | 記録 重要 | Comments(0)
核燃工場廃止に8千億円 

原発廃炉の10倍、
国民負担


東京新聞 2017年4月23日 02時00分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042201001663.html

 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す
国内初の再処理工場
「東海再処理施設」(茨城県東海村)の
設備や建物を解体撤去する総費用について、
作業終了までの70年間で
約8千億円に上る

とみられることが22日、
運営主体の日本原子力研究開発機構への取材で判明した。

機構は国の交付金で運営されており、
廃止費用は国民負担となる

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)
夏の節電要請、
経産省が2年連続見送りへ


読売新聞 4/22(土) 9:22配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00050036-yom-bus_all

 経済産業省は21日、今夏の節電要請を見送る方針を明らかにした。

 夏の節電要請の見送りは2011年の東日本大震災以降では、昨年に続いて2年連続。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:53 | 九電労組 | Comments(0)