スキーにはまっています。


by 幸田 晋
基準値超のシイタケ販売、
茨城 常陸大宮市・道の駅


東京新聞 2017年4月22日 17時28分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042201001389.html

 茨城県は22日、同県常陸大宮市の道の駅「みわ」の農産物直売所で販売されていたシイタケから、国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える120ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)
佐賀知事、国の対応を評価

=玄海再稼働で経産相と会談


時事通信 4/22(土) 17:26配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000081-jij-pol

 世耕弘成経済産業相は22日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)を視察した。

 その後、佐賀県庁で山口祥義知事と会談し、玄海3、4号機の再稼働に理解を求めた。会談後、山口知事は記者団に「国が責任を負うとの決意をうかがえた」と話し、経産相の対応を評価した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
<米商務長官>
WHの原発建設計画履行を要求
 

世耕経産相に


毎日新聞 4/22(土) 11:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000027-mai-bus_all

 ロス米商務長官が
18日に東京都内で開かれた世耕弘成経済産業相との会談で、
経営破綻した東芝子会社の原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)の
原発建設計画を巡り、確実な計画の履行を求めたことが分かった。

計画が頓挫して、地元雇用などへの影響が出ないようにクギを刺した形で、米国側の東芝の経営再建に対する関心の高さをうかがわせた。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)
市役所前広場の護憲集会 

金沢市、使用許可せず


東京新聞 2017年4月22日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017042202000124.html

 市民団体「石川県憲法を守る会」(金沢市)が五月三日に開く憲法施行七十周年集会のため、金沢市に市役所庁舎前広場の使用を申請したのに対し、市が不許可とする決定を通知していたことが分かった。守る会は「表現の自由を尊重しない不当な判断」として市に審査請求する。 (小室亜希子)

 守る会によると、集会には県内の護憲団体などから三百人が参加予定。三月末に庁舎前広場の使用を市に申請した。市は今月十四日、集会は市庁舎等管理規則で禁じられた示威行為に当たるとして、不許可とする決定を通知した。

 市は三月、管理規則を改正。これまで禁止事項の一つに「示威行為」とだけ記していた部分を「特定の政策、主義、意見に賛成、または反対する目的で威力、気勢を他に示すなどの示威行為」に変更した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:15 | 反動 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

小池都知事がはからずもバラシタ4月18日夜の密会の真実

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月22日より転載

 小池百合子東京都知事がきのう4月21日の定例記者会見で、記者に聞かれて、18日の夜に行われた安倍首相らとの会食の一端を語った。

 きょうの一部の新聞がそれを小さく報道している。

 すなわち、安倍首相から「(都議選では)お手柔らかにお願いします」と言われたと。

 二階自民党幹事長からは「都議選が終わってから協力態勢をどうするか、そんな話もいただいた」と。

 それだけでは国民は何のことかわからない。

 しかし、私はたまたその事を語っている小池都知事の姿を、テレビのニュースで見た。

 「都議選後は国政で自民党と一緒になるのか」という質問に対し、小池知事は、明らかに困惑して言い淀み、少しして笑顔でノーコメント言ってはぐらかした。

 いつもは当意即妙でなんでもうまく答える小池氏がはじめて見せた戸惑いでだった。

 それを見て私は直感した。

 まさしく私が書いた通りだ。

 やはりあの日の主役は小泉元首相だったのだ。

 都民ファーストはあくまでも小池都知事が都政の主導権を握るための便法でしかなく、小池氏は東京五輪後は自民党の首相を目指す事になる。

 つまり、安倍首相は長くて東京五輪までであり、その後は小池自民党政権が誕生し、いつかは小泉進次郎の自民党の時代になる。

 そういう密約が、小泉元首相の朋友である山崎拓や武部勤の立ち合いの下に、安倍首相との間で交わされたのだ。

 安倍首相の説得役に回ったのが二階幹事長だったのだ。

 菅官房長官が立ち会っていなかったところがミソである。

 つまり菅官房長官は、小泉元首相にとっては、あくまでも仇敵竹下派の7奉行の一人である梶山静六の子分でしかなく、密議をするには信用できない三流政治家なのだ。

 安倍を説得させるには二階しかいないということだ。

 小池都知事が記者会見で、二階さんとはこれまで一緒に政治をしてきた人だと持ち上げた事が、それを見事に物語っている。

 東京五輪まで首相をさせてもらうのなら安倍首相としては文句はないはずだ。

 そう思うかもしれないがそうではない。

 もはやポスト安倍の話が出た時点で、安倍首相はレイムダックになる。

 そして、みずから後継者を選べなかった時点で、総理引退後の安倍首相の影響力は雲散霧消し、安倍暴政の負の部分ばかりが残る。

 安倍首相が不機嫌な顔をしていた理由はまさしくここにある。

 おりから小池氏の都民ファーストは地域政党「東京・生活者ネットワーク」と政策協定を結び、選挙協力することを発表した。

 生活者ネットは左翼団体のうちの一つであり市民の党だ。

 それをも取り込んで自民党色を消し、リベラルを装う。

 ひとり共産党だけが小池新党と是々非々の立場を貫いている。

 それもそのはずで両者は相いれない。

 というよりも小泉・小池もまた安倍同様、強烈な反共だ。

 かくして東京都議会選後の政局は共産党が排除される形でリベラルを装った小池自民党政権に向かって政局は走り出す。

 誰が見ても暴政の安倍政権より、リベラルを装う自民党政権のほうが始末が悪い。

 日本の政治は戦後70年を過ぎて、護憲政党がなくなり、親米保守の時代が固定化されるということだ。

 何としてでも新党憲法9条が必要になってくるのである(了)

*****



危機管理上好ましくないと北欧訪問を取り止めた安倍首相の笑止

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月22日より転載

 くどいようだが何度でも書く。

 どうして今年に限ってメディアは総理以下閣僚や国会議員の外遊について報じないのか。

 毎年必ず報じてきたのに。

 そして今年も4月末からのゴールデン休暇が間もなくやってくるというのに。

 私の記憶では、いまだ政府は安倍首相の連休中の外遊を公式発表していないはずだ。

 そう思っていたら、きょうの産経新聞と読売新聞が一段の小さな記事で書いた。

 安倍首相は北朝鮮情勢への対応に備え、海外訪問の期間を短縮する方針を固めたと。

 4月下旬からの訪ロと訪英は予定通り行うが、北欧訪問は取りやめたと。

 とんだお笑いだ。

 外遊日程の公式発表もしていないのに、なぜこんな事がニュースになるのか。

 首相の外遊日程の変更は一大外交問題であるのに、なぜ読売、産経だけが書いたのか。

 しかもスクープなら大きく書くはずなのに、一段の見落としそうな小さな記事で済ませたのか。

 それよりもなによりも、なぜ短期外遊はいいのに長期外遊はダメなのか。

 朝鮮有事は、いつ、なんどき起きてもおかしくないと一番騒ぎ立てて来たのはメディアだったはずなのに。

 しかもメディアの先頭に立って騒いで来たのは産経と読売だったのに。

 そして、なぜ訪ロと訪英は認められるのに、北欧外遊は認められないのか。

 まるでロシアと英国は重要だが北欧はどうでもいいと言わんばかりだ。

 これらの国に、日本政府はどう釈明するのだろうか。

 何から何まで突っ込みどころ満載のメディアの安倍外遊の報道ぶりである(了)

*****



安倍首相への忖度に奔走して終わった天皇退位有識者会議

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月22日より転載

 天皇退位に関する有識者会議が4月21日、最終報告書を安倍首相に提出してその作業を終えた。

 きょうの各紙は一斉にその事を大きく報じているが、それを読んでも一般国民は何もわからないだろう。

 あまりにも多くの事が書かれているからだ。

 しかし、惑わされてはいけない。

 この報告書の言わんとすることは二つだけだ。

 すなわちひとつは、天皇は退位すればすべての公務を新しい天皇に任せるということ(二重権威回避)であり、二つは、退位は特例法に基づく一代限りのもの(皇室典範改正は行わない)というものだ。

 これはまさしく天皇があのお言葉で訴えた事に見事に反することだ。

 象徴天皇のとしての重要な公務とは、単に国事行為にとどまらず、憲法9条の精神をその行動で示す事であるという訴えは、憲法9条を否定しようとする安倍首相にとってこれ以上ない不都合なものである。

 そして、天皇陛下の要望通り天皇制の変更を正面から行おうとすれば皇室典範の改正が筋である。

 しかし、それを本気で行おうものなら、自らの基盤である保守からも疑義が呈せられ、まとめるまでに年数がかかる。

 そんなことにかかわっていたら、改憲どころか、自分の政権でやりたいことは何もできなくなる。

 だから一代限りの特例法であっさり片づけたかった。

 そういう安倍首相の思惑を見事に忖度して作られたのがこの報告書なのだ。

 ご丁寧に、いまや安倍首相の御用聞きのようになった宮内庁が動き出した。

 報告書案の実施を万全に行うために宮内庁の組織改編が必要だと(4月22日産経)

 官邸に逆らうような宮内庁ではあってはならないと言わんばかりだ。

 さぞかし天皇陛下は無念だろう。

 そんな天皇陛下の気持ちを代弁する勇気ある者が、ご学友の明石元紹氏とと、「生前退位をめぐる安倍首相の策謀 (宝島社新書)」を書いた東京新聞の五味洋治編集委員だけとは悲しい。

 今上天皇が退位される前に何としてでも新党憲法9条を誕生させて、彼ら二人の後に続きたい(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2017-04-23 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
電力労働者 九州 7回総会
a0043276_3592868.jpg
a0043276_3594192.jpg
a0043276_3595642.jpg
a0043276_40930.jpg

# by kuroki_kazuya | 2017-04-22 07:10 | 記録 重要 | Comments(0)
島根原発1号機も配管に穴

=空調用の87カ所に
―中国電


時事通信 4/21(金) 20:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000137-jij-soci

 中国電力は21日、島根原発1号機(松江市)の中央制御室の換気に使う空調配管の87カ所で腐食による穴が見つかったと発表した。

 環境に影響はないという。

 同原発2号機で昨年12月、空調配管に穴が見つかり、原子力規制委員会は今年1月、全国の原発に配管の点検を指示。中国電が1号機も調べていた。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-22 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)
原発予定地の工事中断6年、
細々管理
 

日本原電、
敦賀3、4号用地公開


福井新聞ONLINE 4/21(金) 17:01配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00010003-fukui-l18

 日本原電は20日、敦賀原発3、4号機の増設予定地(福井県敦賀市明神町)を報道陣に公開した。東京電力福島第1原発事故後、政府は原発新増設の方向性を示しておらず、8割強ほど完了している準備工事は6年間中断したまま。新規制基準を満たすための設計の見直しも迫られており、現地では維持管理が細々と続いている。

 3、4号機は国内初の改良型PWR(加圧水型軽水炉)として計画され、出力は各153・8万キロワット。原電は福井県と敦賀市の事前了解を受け、2004年に増設の原子炉設置変更許可を申請。準備工事に入り敷地造成などを終えたが、11年の福島事故で国の審査が中断した。

 増設予定地は敦賀半島先端部の山地を切り開き、埋め立てて造成。用地は約27万平方メートルと広大で、既に防波堤や取水口などの海岸構造物が整備されている。原子炉の設置予定場所に置かれた目印のコーンは色落ちし、工事用の設備もさびが目立つなど、中断の長期化を感じさせた。

 開発計画室の神谷昌伸副室長は「当初の計画通りであれば、今年7月に3号機が運転開始する状況だった」とし、準備工事を中断している現在は「必要最小限の経費で、現場の維持管理を継続している」と語った。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-22 06:53 | 核 原子力 | Comments(0)
<原発事故>除染土利用 

評価割れる地元


河北新報 4/21(金) 11:07配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000005-khks-soci

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土の再利用計画を巡り、福島県内の自治体で温度差が目立っている。住民の強い反発を招くとして地元での活用に懸念を示す一方、「地域再生につながる可能性がある」と利用に積極姿勢を見せる被災自治体もある。(南相馬支局・斎藤秀之)

環境省は昨年6月、
放射性セシウム濃度が
1キログラム当たり5000~8000ベクレル以下の除染土を、
全国の公共工事に再利用する方針を決めた。
現在、
選別技術の確立、
作業者への影響把握に向けた実証実験を進める


 除染土の多くは各地の仮置き場などに保管されている。再利用が進めば早期撤去の道が開けるとはいえ、県外で受け入れられる保証はない。県内自治体がもろ手で賛同できない理由がここにある。

<あくまで県外>

浜通りの自治体担当者は
「除染土を遠距離輸送するのは非現実的。
結局は地元での利活用を強いられかねないが、
住民は納得しない」と警戒心を隠さない


 除染廃棄物は大熊、双葉両町に建設中の中間貯蔵施設で最長30年保管後、県外での最終処分が法で定められている。同省は「再利用する土壌は最終処分の対象外」と説明するが、地元との認識の開きは大きい。

 県中間貯蔵施設等対策室は「再利用はあくまで県外での方策の一つと認識している」と指摘。「最終処分の基本線はきっちり守ってほしい」とくぎを刺す。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-22 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)
<福井県>
反原発活動中止要請 

県庁近く「通行の妨げ」


毎日新聞 4/21(金) 21:31配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000110-mai-soci

 福井県が、県庁近くの歩道で反原発アピールを行う市民らに活動自粛を求める文書を手渡していたことが21日、分かった。県公安委員会の許可を得ており、
県内の反原発3団体は
「市民活動の自由を妨げるものだ」として
同日、公開質問状を県に提出した


 団体によると、有志が平日昼と金曜夜に県庁前の歩道で通行者らに反原発を呼びかけている。3月31日の活動後、県財産活用推進課の課長(当時)らが文書を持ってきた。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-04-22 06:43 | 権力 暴力装置 | Comments(0)