スキーにはまっています。


by 幸田 晋
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍昭恵夫人が行政に関与していた動かぬ証拠

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月11日より転載

 きょう発売の週刊大衆(12月25日号)に、現役女性議員秘書の大放言座談会という記事がある。

 この手の座談会は、本物の議員秘書の座談会というよりも、政治記者がなりすまして書いたものが多いと言われているが、それでもそのネタ元は議員秘書をはじめとした政界内部の事情通だろうから、あながち根拠がないわけではないだろう。

 その秘書発言の中に、安倍昭恵夫人に関する次のような発言が書かれていた。

 すなわち、官僚たちは安倍首相より昭恵夫人のほうに怒っているという。

 特に財務官僚などは、何かにつけて昭恵夫人に呼び出され、「これを調べておいて」とか、アゴで使われるという。

 陳情とか、なんでも聞いちゃうみたいで、それを官僚に気軽に「やっておいて」と投げるという。

 総理夫人だから、ぞんざいには扱えないと官僚たちは怒っているというのだ。

 もし、これら女性議員秘書たちの証言が事実なら、まさしく総理夫人という公人による行政への関与の動かぬ証拠だ。

 昭恵夫人がここまでひどいとは思わなかった。

 やはり昭恵夫人の国会招致なくして、疑惑の究明は終わらないということである(了)

*****





トランプの移転表明よりも深刻な米国議会の移転決議

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月11日より転載

 トランプ大統領による米国大使館のエルサレム移転表明が世界中で反発を受け、中東問題を知らない者でも、このトランプ大統領の決断がとんでもない決断だと気づいた者は多いだろう。

 しかし、今度のトランプ大統領の決断をめぐる記事が教えてくれたもうひとつの重要な事は、米国議会はすでに1995年に米国大使館のエルサレム移転法案を圧倒的多数で成立させているという事実である。

 それだけではない。今年(2017年)の6月には、イスラエルがパレスチナを軍事占領した第三次中東戦争開戦50周年記念日(1967年6月5日)に合わせて、米上院は90対ゼロで大使館移転促進決議を採択しているのだ。

 クリントン、ブッシュ、オバマがためらって来た事に対し、早く移転をしろというわけだ。

 これを要するに米国議会こそがエルサレム移転を強く求めて来たのである。

 なぜか。

 それは米国の議員はすべからくユダヤ系米国人に迎合しない限り政治家になれないからだ。

 米国大統領ですら、ユダヤ系米国人を本気で怒らせたら大統領になれないと言われているほどだ。

 これまで米国系ユダヤ人の声に反する中東政策を取って大統領になれたのは、圧倒的人気のあった軍人大統領であるアイゼンハワーだけだったと言われているほどである。

 今度のトランプ大統領の移転表明を批判するだけでは、問題の本質を見逃してしまう。

 大使館移転よりももっと深刻な入植という名のパレスチナへの公然たる軍事占領は毎日のように拡大している。

 そこ事を誰も止められない。

 この事こそ、国際社会が批判すべき事である(了)

*****




安保論争を放棄した共産党は牙を抜かれた虎だ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月11日より転載

 最近の新聞には、安倍政権による憲法9条否定の政策がこれでもか、これでもかと毎日のように並んでいる。

 過去最大にふくれあがった18年度の防衛予算。

 しかもその中には敵基地攻撃用の巡航ミサイル(トマホーク)まで含まれるようになった。

 それでも足りないとばかりに、17年度の補正予算で、さらに1900億円の予算を計上し、地上配備型ミサイル迎撃システムを前倒して購入する。

 いまや当たり前のように米軍との共同軍事演習を繰り返し、核兵器搭載可能なB52戦略爆撃機が日本周辺を我が物顔で飛来するようになった。

 沖縄の幼稚園に米海兵隊ヘリから落下物が落ちたというのに、米軍がこれを否定し、日本はそれを鵜呑みするしかない。

 自衛隊出身のヒゲの佐藤が、シビリアンコントロールなどクソくらえとばかり、外務委員会で自衛隊員の服務宣誓を外務副大臣就任の決意として読み上げたというのに国会が止まったという話しは聞かない。

 極めつけは、米国の核抑止力を優先し、核兵器禁止条約をボイコットしたことだ。

 ついこの間までの日本の政治では考えられなかったことだ。

 ここまで憲法9条違反の外交・防衛政策が毎日のように新聞記事にされているというのに、国会ではそれを本気で追及する議論が聞こえてこない。

 いまや外交・安保政策の憲法9条違反を国会の場で鋭く追及できるのは、共産党しかなくなった。

 ところが、その共産党が、野党共闘による連立政権入りを優先するようになったものだから、追及の迫力がまったくなくなってしまった。

 これでは日本の外交・防衛政策は危うい。

 共産党はもとの確かな野党に戻るべきだ。

 本来の平和政党に戻るべきだ。

 そのほうが共産党らしいし、存在価値も示せる。

 そんな共産党が懐かしい。

 何とかしなければ共産党ですら危ういと思う(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2017-12-12 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
第19回素人演芸大会 串間市
a0043276_10221693.jpg
a0043276_10222992.jpg
a0043276_10223827.jpg
a0043276_10224982.jpg

# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 07:05 | 写真 | Comments(0)
<すぐそこに米軍 首都圏基地問題>
横田空域の返還求めず
 

羽田新ルートで政府


東京新聞 2017年12月10日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121002000147.html

 東京都心上空を初めて通る羽田空港(東京都大田区)の新飛行ルートが在日米軍が管制権をもつ横田空域を一時的に通過する問題で、
日本政府が
通過空域の返還を求めない方針
であることが、
国土交通、外務両省や
米軍への取材で分かった

日米は管制業務の分担について協議を続けている。(皆川剛)

 新飛行ルートは二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向け、羽田空港の国際線の発着枠を増やすために導入される。東京湾の上を通って離着陸するこれまでの原則を変え、都心上空を通過することになる。その際、横田空域の東端をかすめることになり、国交省と米軍の実務者間で対応を協議してきた。

 現在、羽田を利用する民間機は横田空域を避けて航行しており、新ルートに合わせて〇八年以来となる空域返還の可能性も取り沙汰された。しかし、国交省管制課と外務省日米地位協定室は本紙取材に、「横田空域の削減(返還)は求めない」との見解を示した。

 国交省の担当者は「〇八年の削減で当面の航空需要には対応できており、これ以上の削減を求めるのは米軍の運用上も難しい」と説明した。

 在日米軍司令部も「横田空域のいかなる部分に関しても、永久的な返還の実質的な交渉は行っていない」と文書で回答した。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:55 | 対米 従属 | Comments(0)
国内最大級の
LNG基地公開
 

福島・新地、復興に貢献


東京新聞 2017年12月10日 18時08分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017121001001520.html

 東日本大震災の津波被害に遭った福島県新地町で10日、11月に完成した国内最大級の液化天然ガス(LNG)の受け入れ施設「相馬LNG基地」が公開された。来年3月に操業を開始する予定で、整備した石油資源開発(東京)は、雇用などを通じて復興に貢献したいとしている。

 基地の面積は約20ヘクタールで、
LNGを23万キロリットル貯蔵できる
タンク1基や気化施設などがある


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
<陸上イージス>
19日に閣議決定 

秋田・山口、配備調査へ


毎日新聞 12/10(日) 7:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000006-mai-soci

 政府は9日、陸上配備型の弾道ミサイル防衛(BMD)システム「イージス・アショア」の導入を19日の閣議で決定する方針を固めた。配置候補地として秋田、山口両県の陸上自衛隊演習場を選定し、月内に電波環境への影響などの「適地調査」に着手する。
導入を加速化するため
今年度補正予算案に
調査費など約30億円を盛り込む

【秋山信一】

 政府は閣議決定に先立ち、国家安全保障会議(NSC)閣僚会合で導入を承認する。秋田市の新屋演習場と山口県萩市のむつみ演習場の2カ所が候補地。イージス・アショアには日米が共同開発した新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を導入する。射程は半径数百キロ以上。2基でほぼ日本全土をカバーできる。防衛省は東北、中国地方の日本海側を中心に配備先を検討し、運用の効率性などから2カ所を選定した。

 イージス・アショアは海上自衛隊のイージス艦の迎撃システムを陸上に配置する装備で、ミサイル発射機、レーダーなどで構成。
レーダーは
強い電波を発するため、
周辺の電波環境への影響や
電波障害の有無を調査する必要がある

装備を提供する米国側の技術者も参加し調査した上で、配備先を決定する。来年度は基本設計と並行して、レーダーの選定も進める。
2023年度中の導入を目指す

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:35 | 軍事 | Comments(0)
水素発電施設が
神戸で完成
 

世界初、
市街地へ供給実験


東京新聞 2017年12月10日 16時34分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017121001001448.html

 来年1月に神戸市で、水素を燃料として発電した電気や熱を病院などの公共施設に供給する実証実験が始まるのを前に、水素発電のプラントが同市中央区のポートアイランドに完成し10日、記念式典が開かれた。市などによると、市街地での実証実験は世界初という。

 実験は来年1月下旬から3月中旬までの予定で、市が進める水素を活用した都市づくりの一環。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:25 | 学ぶ | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

横田空域返還交渉を断念した日本は世界の笑いものになる

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月10日より転載

 ニュースの醍醐味はやはりスクープだ。

 きょう12月10日の東京新聞が一面トップで大スクープを報じた。

 日本政府は横田空域の返還交渉を米国に求めない方針である事が、外務省と国土交通省、そして在日米軍などの取材でわかったというのだ。

 横田空域とは、東京都心上空を含めた首都圏の広大で、高度の空域を、米軍が日米安保条約によって排他的に使用している空域の事である。

 その空域を避けて民間航空機は飛行しなければいけないので危険極まりない。

 そして、その危険性は、2020年の東京五輪に向け、羽田空港の国際線発着枠を増やすため、さらに高まる。

 当然ながら、日本政府は米国政府と協議して来たはずだ。

 ところが、東京新聞の問い合わせに、外務省は「横田空域の削減(返還)は求めない」と答え、国交省は「2008年の削減で当面の航空需要には対応できており、これ以上の削減を求めるのは米軍の運用上もむつかしい」と答えたというのだ。

 一方で、在日米軍司令部は、「横田空域のいかなる部分に関しても、永久的な返還の実質的な交渉は行っていない」と答えたという。

 これを要するに、日本政府は米国の大きな壁の前に横田空域の返還交渉求めても応じてもらえなかった、だから断念せざるを得なかった、ということだ。

 これは大スクープだ。

 東京五輪に参加する世界中の国々の国民に、この事を知らせなければいけない。

 このような主権放棄を許しているのは、世界広しといえども日本しかない。

 そして、この主権放棄は、たんに日本国民の生命と安全を犠牲にするだけでなく、東京五輪に参加する世界中の選手や、東京五輪を見に来る世界中の国民の生命と安全を危険にさらすことになる。

 日本は、唯一の被爆国でありながら、米国の核の傘に守られているからといって、核兵器廃絶に反対して世界に恥をさらした。

 恥さらしのついでに、この横田空域という恥さらしを世界に知らしめて、世界の圧力で、少なくとも東京五輪期間中だけでも横田空域の全面開放を米国と交渉して勝ち取るべきだ。

 その蟻の一穴が辺野古移設阻止につながり、歪んだ日米不平等条約の改定につながる事になる。

 日本政府は横田空域の返還交渉を断念してはいけない。

 それが出来ないようでは、何をやっても日本は世界からまともな国に見られない。

 これ以上世界の笑いものにならないためにも、この東京新聞の一大スクープを活かさなければいけない。

 はたしてきょう12月10日の東京新聞のスクープ記事は、他のメディアが後追い記事を書いて、ひろく国民の知るところになって、世論を気にする対米従属の安倍首相を追い込む事になるだろうか(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2017-12-11 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
さようなら原発! 

12・2 唐津
九州総決起集会

a0043276_31850.jpg
a0043276_313171.jpg
a0043276_314218.jpg
a0043276_315370.jpg

# by kuroki_kazuya | 2017-12-10 07:07 | 写真 | Comments(0)
燃料搬出へ準備進む

=変わる姿、線量低下も
―3号機最上階・福島第1


時事通信 12/9(土) 15:08配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000051-jij-soci

 東京電力福島第1原発3号機で、使用済み燃料プールに残された核燃料の取り出しに向けた準備が進んでいる。

 プールがある最上階は、がれきが撤去され事故直後から大きく姿を変えたが、放射線量を下げるのに時間がかかり、東電は搬出開始の目標時期を2回延期した。今月初め最上階に入り、廃炉作業の現場を取材した。

 福島第1原発1~4号機のうち、停止中で炉心溶融(メルトダウン)が起きなかった4号機は、プールからの燃料搬出が完了している。1~3号機は高い放射線量に阻まれて作業が難航し、3号機は搬出開始目標を2015年度上半期から18年度中頃に変更した。

 3号機の取材では、
口と鼻を覆う半面マスクと
防護服を着用

原子炉建屋を囲む作業用足場のエレベーターで、最上階の5階に上がった。水素爆発で折れ曲がった鉄骨や散乱したがれきは撤去され、事故直後の面影はない。建屋上部は、かまぼこ型カバーで覆われ、核燃料を取り出す装置が設置されている。地上36メートルの足場から下を見ると、破損したままの建屋やがれきが残っていた。

 3号機のプールには核燃料566体が残されている。
6メートル上からのぞき込んだが、
水の中は暗く燃料は見えなかった


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-10 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
北電
「活動性否定できず」 

志賀原発西側海域の断層2本


北日本新聞 12/9(土) 2:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00092074-kitanihon-l16

 北陸電力は8日、都内で開かれた原子力規制委員会による志賀原発2号機(石川県志賀町)の新規制基準適合性審査(安全審査)の会合で、志賀原発の西側の海域にある2本の断層について「活動性を否定できない」と説明し、これまでの評価を変更した。この2本を含め志賀原発の敷地から半径5キロ以内の周辺部にある活断層は計3本となるが、北電は「いずれも志賀原発に影響を及ぼす規模の断層ではない」としている。

 8日、
北電が
新たに活断層であると説明したのは
碁盤島沖(ごばんじまおき)断層(全長約4・5キロ)と
兜岩沖(かぶといわおき)断層(同約3・0キロ)。


2014年8月に
志賀2号機の安全審査を規制委に申請した時点では、
いずれも活動性がないと主張していた。


 ボーリング調査で得た試料を再分析した結果、活動性評価の基準にしてきた地層は詳細な年代特定が難しいと判断。代わって、より古い時代の地層を評価し「活動性を否定できない」と結論付けた。

 志賀原発の敷地周辺部には
この2本に加え、
北電が活動性を認めている
福浦断層(同約2・7キロ)がある

北電はこれらの特徴や周辺地形の調査などを踏まえ、いずれも志賀原発の敷地付近に影響を与える断層ではないとした。
また、敷地から
半径30キロ圏外も含めて
これまで明らかになった周辺の
陸域、海域の活断層は
25本になると説明した


 規制委による志賀2号機の審査会合は6月23日以来、約5カ月半ぶり。今回は、焦点となっている敷地内断層の活動性を判断していく上で関連が深い周辺部の地形や地質をテーマに議論が進められた。

 北電の説明に続き質疑応答があり、規制委側からは「(志賀原発の北に位置する)富来川(とぎがわ)南岸断層の詳細な調査を行うべき」「堆積物の形状や分布も説明してほしい」など、さらなるデータ拡充を求める意見が相次いだ。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2017-12-10 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)