スキーにはまっています。


by 幸田 晋
梅 
a0043276_1252790.jpg
a0043276_12521820.jpg
a0043276_12523097.jpg

# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 07:11 | 写真 | Comments(0)
ドーム設置完了 

福島第一原発秋にも燃料取り出しへ


テレ朝 news 2/21(水) 11:56配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180221-00000015-ann-soci

 福島第一原発3号機で放射性物質の飛散を防ぐ屋根の設置が21日朝に完了し、東京電力はこの秋にも使用済み核燃料の取り出しを開始するとしています。

 午前7時半すぎ、ドーム型の屋根の最後の部分がはめ込まれて設置が完了しました。
屋根は全長約57メートル、
高さ17.5メートルで

使用済み核燃料をプールから取り出す時に放射性物質が飛散するのを防ぎます。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
<経産省>
送電線の運用柔軟化へ 

再生エネ導入拡大目指す


毎日新聞 2/21(水) 20:08配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000103-mai-bus_all

 再生可能エネルギーの導入拡大に向け、経済産業省は2018年度から送電線の運用ルールを段階的に見直す。固定価格買い取り制度(FIT)導入で再生エネ電力が急増し、送電線の空き容量不足が深刻化していることに対応。既存の送電線の容量を最大限活用することで再生エネの新規参入を進める「コネクト・アンド・マネージ」と呼ばれる手法を取り入れる。

 12年のFIT導入以来、北海道や東北、九州など地価の安い地方で大規模太陽光(メガソーラー)や風力発電が急増し、送電線がパンク状態となっている。このため経産省は15年度、複数の新規参入者が送電線の増設費用を分担する制度を導入。電力会社は送電線の増強工事とセットで新規参入者を入札で募っている。

 ところが、東北電力が16年10月に東北地方北部で送電線増強とセットで約280万キロワット分の入札希望者を募集したところ、17年8月時点で風力発電を中心に1545万キロワット分の応募があった。このままでは落札価格が高騰し、再生エネ事業が成り立つかどうか見通せない状況となった。

 そもそも東北電力は、280万キロワット分の空き容量について、停止原発も含めた全ての発電所が同時にフル稼働する前提で計算していた。だが全発電所がフル稼働するケースは現実的でなく、「再生エネを導入できる空き容量はもっとあるはず」と指摘されていた。

 再生エネ導入で先行する欧州では、まず再生エネを導入して送電線が容量オーバーになった場合に発電量を抑制する「コネクト・アンド・マネージ」という手法を取っている。再生エネ導入に積極的な経産省の有識者委員会などから「欧州のように柔軟な運用が必要」との声が高まった。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)
<NUMO>
核のごみ説明会再開 

直営に切り替え


毎日新聞 2/21(水) 18:41配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000079-mai-soci

 資源エネルギー庁と原子力発電環境整備機構(NUMO)は21日、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた住民との意見交換会を再開した。NUMOの孫請け業者が謝礼を約束して学生らを動員した問題を受けて昨年12月から中断していたが、
直営に切り替え、
名称も「対話型全国説明会」と改めた


 この日の説明会は東京都港区の貸し会議室で開かれ、45人が参加した。うち8人は電力会社社員やNUMOの評議員ら関係者で、一般参加者に紛れないよう別席に案内し、発言しないよう求めた。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
北ミサイル。

政府は“意図的に”
脅威を煽っている


BEST TIMES 2/21(水) 18:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00008358-besttimes-pol

日本の政治の裏の裏まで知る、元経産省官僚・古賀茂明氏と、菅官房長官に鋭く斬り込んだ話題の記者・望月衣塑子氏。空気を読まない二人の過激な対談をまとめた新刊『国難を呼ぶ男! 安倍晋三 THE 独裁者』で、安倍政権のミサイル防衛における無責任が指摘されている。

ーーアメリカは本当のところ、北朝鮮の脅威をどのように見ているのでしょうか。そのうえで、日本に何を求めているのでしょうか。

■脅かされているのは、日本ではなくアメリカだ

望月 エドワード・ルトワックという、トランプ大統領の補佐人である、アメリカの戦略研究家がいます。この人が10月末、フジテレビの『新報道2001』のインタビューに答えて、アメリカが、いくつもの軍事オプションの準備が整っていることを示唆しているのは、つまり「いくつも軍事オプションがあるが、現状ではやりませんよ」という意思表示です。

「だけど、あなたたちも、分かっているように、一年か一年半後には、北朝鮮は確実に大陸間弾道ミサイル(ICBM)と核弾頭の開発を完了させる。そのときには、もうまさにそれを使って日本が脅かされかねないですよ」と、いう趣旨の発言をしています。 

 本当は、脅かされているのはアメリカです。でも、彼は、「私たち(アメリカ)は、(いまは)何もしません。ただ、一年後、一年半後に脅かされるのは日本ですよ。だから、日本が、いま何をするかを決めるときです」と詰め寄っているのです。 

 この人は、小池 百合子都知事とも会談しているし、安倍首相とも個別会談をしています。日本の政治の中枢にいる人たちがこのような人に焚きつけられているのかと思うと暗澹とします。

エドワード・ルトワック

1924年、ルーマニア生まれのユダヤ系アメリカ人。ロンドン大学、ジョンズ・ホプキンス大学に学ぶ。戦略家、歴史家、経済学者。米国防省の官僚や軍のアドバイザー、国家安全保障会議のメンバーなど軍事アドバイザーとしても有名。トランプ大統領当選後の政権移行チームにも参加。現在、戦略国際問題研究所(CSIS)上級アドバイザー。国力(パワー)を対外強硬路線として使う国は周辺国の敵対的な問題を発生することで、影響力(ソフト・パワー)を破壊してしまい、国家全体のパワーを損なう、という戦略のパラドックスを主張している。特に中国の台頭に批判的。近著『戦争にチャンスを与えよ』のなかで、安倍首相との会談に触れ、「稀代の戦略家」とほめちぎっている。

■アメリカは日本にトリガーを引かせようとしている

 北朝鮮から日本に向けたミサイルはずっと前から数百基設置されているといわれていて、ICBMが開発されても直接の脅威が増すわけではありません。また核弾頭がなくても日本の原発をミサイルで破壊すれば核爆弾と同じ効果が得られるので、核の脅威もずっと前から存在しているのです。


古賀 異次元の脅威というのは、アメリカにとっての脅威です。

 これまでアメリカは、北朝鮮のミサイルは米本土まで届かないから自国がやられる心配はないとおもってきたが、今後は直接自分たちが核の脅威にさらされることになる。だから、アメリカにとっては異次元の脅威になるわけですよね。

 我々はいま、北朝鮮危機は、アメリカにとっての危機だということに気付かなければなりません。少なくとも北朝鮮には、日本を占領しようという意図はありません。なぜ、いま北朝鮮との関係で日本が危ないかといえば、アメリカが自国の脅威に対応するためにに北朝鮮を攻撃するかもしれない、そして、それに日本が協力すれば、北朝鮮の報復攻撃を受けるかもしれないという意味での危機なのです。ところが、日本人は錯覚に陥っています。いつも、何か北朝鮮が日本を攻めようとしている、というところから話が始まっています。だから、アメリカに守ってもらう必要がある。したがって、アメリカの言うことを聞かなければならない。そう考えているのではないでしょうか。この考えに支配されていると、日本は本当に危ないと思いますよ。 

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 06:25 | 反動 | Comments(0)
脱原発大賞・自然エネルギー大賞にご応募ありがとうございました
  脱原発大賞には31団体、自然エネルギー大賞には25団体のご応募

       原自連事務局次長 木村結(東電株主代表訴訟事務局長)

たんぽぽ舎です。【TMM:No3296】
2018年2月21日(水)午後 09:05
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■2.脱原発大賞・自然エネルギー大賞にご応募ありがとうございました
 |  脱原発大賞には31団体、自然エネルギー大賞には25団体のご応募
 | 原自連の登録団体は徐々に増え、267団体になりました
 └──── 原自連事務局次長 木村結(東電株主代表訴訟事務局長)

◎設立1年にも満たない当連盟が、長年活動してこられた団体を顕彰するなどお
こがましいことですし、応募してくださるものだろうか?と不安な幕開けでした。
それでも脱原発大賞には31団体、自然エネルギー大賞には25団体のご応募があり、
事務局の密かな目標には届かないまでも胸をなでおろす結果となりました。忙し
い中、自薦文を書き資料を集めていただきありがとうございました。

◎「原発ゼロ・自然エネルギー推進基本法案」の発表で衆目を集めたためか、登
録団体は徐々に増え、267団体になりましたが、まだまだ周知されているとは言え
ず、ご応募された団体でご登録されている団体は半数の状況でした。

 市民運動を30年以上続けてきて感じているのは、時間も労力もそして知恵もお
金も全て自前での活動は自己犠牲を伴うもので、長続きしない、できない理由で
もあります。活動はできないけれど、お金なら出せるという方にはお金を出して
いただく、そんなシステムができればという思いで加わりましたが、ようやくこ
れまで長きに渡って活動してきた団体を顕彰することができます。それぞれ賞金
がありますので、そのお金は団体でご自由にお使いいただけます。

◎現在厳正な審査を行なっております。発表は下記の通りに行います。入賞の団
体の担当者には2月末までに直接ご連絡を差し上げますのでお問い合わせはご遠
慮ください。選考に漏れた団体もご参加いただき、表彰団体を讃えていただけれ
ば幸いです。

期日:3月7日(水)17時より18時
出席:吉原毅会長、小泉純一郎顧問、河合弘之幹事長、他原自連幹事多数
会場:城南信用金庫 本店4階講堂 品川区西五反田7-2-3
   http://www.jsbank.co.jp/search/001.html


【原自連関連催し物】
☆『決断の時』―トモダチ作戦と涙の基金― 小泉純一郎著
 集英社新書(864円) https://www.amazon.co.jp/
☆小泉純一郎講演会
「日本の歩むべき道」3.11から7年。政治家は何をすべきか。
2018年3月9日(金)19時開演 料金1500円
会場:紀伊國屋サザンシアター(タカシマヤタイムズスクエア南館7階)
https://www.kinokuniya.co.jp/
☆福島原発事故が問いかけるもの シンポジウム 鎌田慧さん、佐々木寛さん
 福島原発事故から7年-ともに考える市民のつどい
 映画「日本と原発 4年後」ダイジェスト版上映
2018年3月4日(日)13時30分から 会場:アオーレ長岡
料金500円 https://nkyod.org/event-list/15439
☆原発シンポジウム 吉原毅原自連会長講演と
 映画「日本と原発」「日本と再生」ダイジェスト版上映
2018年3月24日(土)13時30分 北海道恵庭市民会館大会議室
恵庭市教育委員会後援 http://eniwa-civichall.jp/index.php
料金300円

※原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)
メールマガジン第16号2018/2/21より抜粋


┏┓ 
┗■3.「原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆」からのお知らせ
 |   http://npg.boo.jp/
 └──── 片山純子(『原発なくす蔵』)

 「原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆」からのお知らせです。
2月19日(月)更新しました。毎週月曜日に更新しています。

1.最初に記事の紹介です。
当サイトに投稿してくださっているドイツ在住の川崎陽子さんが、岩波書店『科
学』2月号に記事を掲載。
 「放射線被ばくの知見を生かすために国際機関依存症からの脱却を―小児甲状
腺がん多発の例から考える」次のリンク先でも読むことができます。
https://drive.google.com/file/d/1HI9dNehq1J3pqIN2501Ac5tadn1raYiq/view
【集会・訴訟などの予定】を左クリックしてください。

2.川内行訴の2月28日第7回口頭弁論が近づいてきました。原告団が作成した
裁判長への応援メッセージ葉書のチラシを掲載しています。
裁判長に結審を迫る葉書作戦に是非御協力ください。

3.「再生可能エネルギーの可能性」で、記事を新たに掲載しました。
 Newの記号が目印。大分・小坂正則さんによる第2話です。
 パリ協定が牽引する脱炭素革命に着目。
 再生エネとEVに転じる世界の動向を紹介し、化石燃料にすがる日本の政府・
企業に警告を発しています。同じく【消えゆく原発】を左クリックしてください。

4.【STOP!玄海原発再稼働】【過去の原発関連の動き】では、2月分を更新。
 年表担当者からのコメントです。
 先週は、原子力規制委員会の更田豊志委員長らが、九州電力玄海原発原発から
30キロ圏内の11自治体の首長らと意見交換会を行いました。
そのなかでは、反対意見も表明されています。
 ところが議論は、ほぼ無視された状態で、玄海原発3号機再稼働に向け、原子
炉に核燃料を装填する作業が始まりました。大飯原発3号機も同様です。
既成事実を作って、力で押し切る手法は、今の国会運営と同じです。
【消えゆく原発】を左クリックしてください。

(2月19日「再稼働阻止全国ネットワーク」MLより抜粋)

*****
# by kuroki_kazuya | 2018-02-22 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
梅 
a0043276_3492291.jpg
a0043276_3493072.jpg
a0043276_3494133.jpg

# by kuroki_kazuya | 2018-02-21 07:11 | 写真 | Comments(0)
東海第二、廃炉の可能性…

審査の見通し立たず


読売新聞 2/20(火) 21:01配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00050158-yom-sci

 11月末に運転可能期間の40年を迎える日本原子力発電の東海第二原子力発電所(茨城県、停止中)をめぐり、原子力規制委員会は20日、「(運転延長に必要な審査の手続きが)終わる見通しが立たない」との見解を明らかにした。

 日本原電による
資料の提出が遅れているためで、
東海第二原発は
時間切れで廃炉に追い込まれる
可能性が出てきた


・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-21 06:55 | 核 原子力 | Comments(0)
<福島地裁>男性自殺、

東電に賠償命令
「原発事故負担影響」


毎日新聞 2/20(火) 20:05配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000110-mai-soci

 東京電力福島第1原発事故による
強制避難を前に
自殺した
福島県飯舘村の大久保文雄さん
(当時102歳)の遺族が
東電に計6050万円の損害賠償を求めた訴訟で、
福島地裁(金沢秀樹裁判長)は
20日、「原発事故による耐え難い精神的負担が
自殺の決断に大きく影響を及ぼした」と
原発事故と自殺の因果関係を認め、
東電に計1520万円を支払うよう命じた

原告弁護団によると、原発事故の避難住民の自殺を巡る訴訟で東電の賠償責任を認めたのは3例目。

 判決によると、大久保さんは飯舘村で生まれ育ち、事故前は日課の散歩や、縁側で友人との茶飲み話を楽しんでいた。だが、事故から1カ月後の2011年4月11日、原発の北西約30~50キロにある飯舘村が避難指示区域に指定されたことをテレビで知り、翌12日朝に自室で首をつって亡くなった。

 裁判で原告側は「全ての知人と財産、生きがいが村にあり、原発事故で避難を強いられた以外に自殺の原因は考えられない」と主張。東電側は「自殺との因果関係は不明」と反論していた。

 金沢裁判長は、100年以上にわたって築いた村の生活を失い、帰還の見通しすら持てない精神的負担が「最終的な自殺の引き金となった」と認定。一方で大久保さんが、高齢の自身が避難生活に入り、家族に負担をかけたくないと遠慮していたことなども自殺に影響したとして、東電の責任割合は6割が相当と判断した。

 東電広報部は「判決を精査した上で真摯(しんし)に対応する」とコメントした。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-21 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
核ごみ住民会合、東電社員17% 

6カ所、81人が参加


東京新聞 2018年2月20日 21時40分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018022001002363.html

 東京電力は20日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場建設に向けた住民意見交換会への社員の参加状況を発表した。
昨年に管内で開かれた計6カ所の会合に、
来場者の約17%に当たる
少なくとも81人が
一般参加者に紛れて参加していた


営業拠点の一部では、グループ会社などに人数を指定して参加を呼び掛けていた。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-02-21 06:35 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)