スキーにはまっています。


by 幸田 晋
イルカランド
a0043276_794959.jpg


a0043276_710418.jpg


a0043276_7101696.jpg


a0043276_7103322.jpg


a0043276_7104711.jpg

# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 07:08 | 写真 | Comments(0)
今春まで全て解散 

飯舘村民の避難先18自治会


2/16(土) 9:28配信より一部

福島民報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00001293-fminpo-l07

 東京電力福島第一原発事故に伴う飯舘村民への仮設・借り上げ住宅の無償提供が三月末で終了するのに伴い、村民が避難先で組織した十八自治会の全てが今年春までに解散する。村は福島市の松川事務所を三月末で閉鎖するなど避難者の支援規模を縮小し、帰還者らによる新しい村づくりに施策の重点を移す。

 二〇一七(平成二十九)年三月末の村内の帰還困難区域を除く避難指示解除後、役員の担い手不足などを理由に十二自治会が解散した。残る六自治会も四月までに総会を開き、解散の手続きを取る。

 村は自治会に対し、役員報酬や世帯数に応じた活動補助金、人数に応じた運営交付金の助成、各二人の担当職員配置などで避難生活を後押ししてきた。菅野典雄村長は「村の再建のため、無償提供終了のタイミングで一つの区切りを付けた。(村外居住者に)イベントなどで村を訪れてもらう機会をつくりたい」との考えを示す。

村が福島市の村飯野支所閉所に伴い昨年四月から同市の松川第一仮設住宅に設けた松川事務所も三月末で閉じ、四月から村職員全員が村内で勤務する。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
社説:

原発デブリ調査 

確実な廃炉につなげよ


2/16(土) 11:08配信より一部

京都新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000006-kyt-l26

 廃炉に向けた最難関の作業への一歩となるのだろうか。

 東京電力が、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内で溶け落ちた核燃料(デブリ)の接触調査を初めて行い、外部への取り出しが可能との認識を示した。

 デブリとみられる堆積物の一部を持ち上げることが可能と分かったためだ。30~40年かかるとされる廃炉作業を進めるうえで最も困難とされるデブリ取り出しへの端緒が見つかったといえるだろう。

 調査は遠隔操作できる装置をケーブルで格納容器の底に下ろし、大きさ数センチの小石状の堆積物などが動くことを確認した。

 ただ、硬い堆積物もあり、削るための機器の開発が必要となることも分かった。デブリの状況はまだ不明な部分が多い。安全、確実な廃炉に向け、今後も研究を重ねていかねばならない。

 福島第1原発の廃炉工程では、2021年からデブリの取り出しを開始する計画で、2号機がその先陣を切ることになりそうだ。

・・・(途中略)

 気になるのは、そのバックアップ体制が継続されうるかという点だ。

政府の試算では、
賠償などを含む事故処理費用は
当初想定の11兆円から21兆5千億円に倍増、

廃炉だけでも2兆円の想定が
8兆円に膨らんでいる。


 新たな技術開発などで想定外の費用がかかる可能性もある。
 長期にわたってコスト負担していく意味を、事故発生時に生まれていなかった世代も含む国民全体に納得してもらうことが重要となる。国や東電は、情報公開や説明に労を惜しんではならない。
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:54 | 核 原子力 | Comments(0)
世界最大の洋上風力発電所、
電力供給開始へ


英国


2/15(金) 15:10配信より一部

The Guardian

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010000-clc_guard-eurp

【記者:Adam Vaughan】
 英イングランド北部ヨークシャー(Yorkshire)沖で建設中の世界最大となる予定の風力発電所、ホーンシー・ワン(Hornsea One)が今週、英国の電力網に送電を開始する。

 同風力発電所には、タービン174基が設置されることになっている。その初回分を納入するのは、洋上風力発電を主とするデンマークの電力大手エルステッドだ。同社は計画を拡大し、破綻した原発建設計画を埋め合わせる用意もあると述べている。

 同プロジェクトの規模は、急成長している洋上風力発電事業を、化石燃料による火力発電と比肩する規模に推し進めるものだ。

 ホーンシー・ワンの面積は407平方キロメートル、最大出力は1.2ギガワットで、約100万世帯への電力供給が可能。今年後半に全工程が完了すれば、現時点で世界最大の洋上風力発電所を抜き、その2倍の発電能力を持つことになる。

 エルステッドの英国法人を統括するマシュー・ライト(Matthew Wright)氏は、「気候変動に対する喫緊の取り組みが必要とされている今、これだけの規模のクリーンな洋上風力発電が可能になったことは、世界的にも画期的な出来事だ」と述べた。

 同地域ではこの発電所を1番目として、4か所の発電所が計画されている。2番目の発電所は2020年代初頭に完成予定で、すでに計画は承認され、交付金が支給されている。

 この第1と第2の発電所では、ロンドンの高層ビル「ガーキン(Gherkin)」を超える高さの7メガワット風力タービンが使用される。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:45 | 学ぶ | Comments(0)
バイトに賞与なし「違法」 

大阪高裁
「正社員の6割」支給命令


東京新聞 2019年2月16日 夕刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201902/CK2019021602000277.html

 大阪医科大(大阪府高槻市)の元アルバイト職員の五十代女性が、正社員らと同じ仕事なのに賞与がなく、待遇格差は違法として大学側に差額の支給を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は十五日、女性敗訴の一審大阪地裁判決を変更し、労働契約法二〇条に違反するとして差額分など約百九万円の支給を命じた。

 弁護団によると、アルバイト職員への賞与支給を認める判決は異例といい、「短期間で雇い止めを受ける非正規労働者を救う画期的判断だ」と評価している。

 判決理由で江口裁判長は、大学の賞与額が年齢や成績ではなく基本給に連動し、就労自体への対価の趣旨を含む点を踏まえ「(月給制で正社員より労働時間が短い)有期契約社員へは正社員の約八割の賞与があるが、アルバイト職員には全くないのは不合理だ」と指摘。本来なら約六割分が支給されるべきで、これを下回るのは不合理としたほか、夏の有休や病欠中の賃金、休職給の格差も一部違法とした。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:35 | 労働 | Comments(0)
地銀8割超 減益や赤字 4~12月期 超低金利など影響

東京新聞 2019年2月16日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201902/CK2019021602000164.html 

東京証券取引所などに上場する地方銀行七十九社の二〇一八年四~十二月期決算が十五日までに出そろった。超低金利による貸し出し利ざやの縮小に加え、外債運用などの損失拡大が響き、純利益の合計は前年同期比16・0%減の六千九百三十八億円となった。不正融資問題で巨額損失を計上したスルガ銀行(静岡県沼津市)など三社が赤字になり、全体の八割を超える六十五社が減益または赤字となった。 一九年三月期の通期予想は純利益合計が前期比9・5%減の八千七百六十八億円で、二年連続で一兆円を割り込む見通し。日本経済は安倍政権下で成長を続け、景気拡大期間は戦後最長を更新したとされる。しかし人口減少や高齢化で地方経済の疲弊は進んでおり、大都市部との格差は拡大。地銀の収益悪化に歯止めがかからない状況だ。 今回の決算では、米中貿易摩擦を背景とした株安と米金利の上昇が昨年後半に進んだことも直撃。多くの地銀が株式や外債運用で多額の損失計上を迫られた。・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:25 | 経済危機 | Comments(0)
原発産業は存亡の岐路を迎えつつある
 
経産省が役割を果たせていないことこそ
   
中西(経団連会長)の悩みの種だった
      
『消えた原発輸出 1』「民間に限界 万策尽きる」
  
日本経済新聞記事の紹介
          
柳田 真(たんぽぽ舎)


たんぽぽ舎です。【TMM:No3578】
2019年2月16日(土)午後 07:06
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■1.原発産業は存亡の岐路を迎えつつある
 |  経産省が役割を果たせていないことこそ
 |  中西(経団連会長)の悩みの種だった
 |  『消えた原発輸出 1』「民間に限界 万策尽きる」
 |  日本経済新聞記事の紹介
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

 日本経済新聞が、このところずっと原発記事でよみごたえがある。
 かつて「原発賛成」の日本経済新聞として有名だった会社の新聞である。
 読者は「東京新聞」より多い。
 その日本経済新聞の2月14日の見出しも関心をそそる。
 大見出しは、『消えた原発輸出 1』「民間に限界 万策尽きる」
 「ルポ迫真」…だ。
 記事の中味はさらにふみこんだ内容だ。全体で1840文字位のかこみ
記事だが、その中の2つの部分を紹介(約660文字ほど)する。


 日立製作所は1月、英国で進めてきた原子力発電所の新設計画を凍結する
と発表した。「もう限界だ」。会長の中西宏明(72)が昨年12月の段階で
吐露した苦渋が行き着いた結論だった。日本が国策に掲げる原発輸出の案件
が事実上ゼロになった瞬間だ。
 2018年11月19日。中西は東京・霞が関の経済産業省を訪れ、経産相の世耕
弘成(56)に切り出した。「このままでは事業を続けられません」。世耕は
「もう少しがんばってください」と応じたと関係者は明かす。
 日立の計画は英中部アングルシー島で原発2基を稼働させるものだ。総額
3兆円の事業費のうち3千億円は日本企業の出資でまかなう方針だったが、
難航していた。
 世耕の言葉に中西は複雑な思いを抱いたはずだ。日立と日英政府が
結んだ覚え書きには「日本企業の出資者は日本政府が責任を持って集め
る」とある。
 経産省が役割を果たせていないことこそが、中西の悩みの種だった。
 (中略)

 日立だけでない。東芝の英国事業や三菱重工業のトルコ事業。日本の官民
が挑んだ海外計画は軒並み頓挫した。このままでは国内原発の再稼働や
廃炉に必要な技術や人材の維持も危ぶまれる。
 IHI横浜工場。原子炉圧力容器や格納容器の製造が主力だった建屋内に
いま横たわるのは、トンネルの掘進機だ。ピーク時に約600億円あった
原子力関係の売上高は半減した。工場長の丸山隆行(53)は「従業員のモチ
ベーションをどう維持するのか悩む」と話す。
 原発産業は存亡の岐路を迎えつつある。
 国を挙げての原発輸出はなぜつまずき、どこへ向かうのか。企業や政府
の現場を追った。…
     (2月14日、日本経済新聞『消えた原発輸出 1』
     「民間に限界 万策尽きる」「ルポ迫真」より抜粋)


┏┓ 
┗■2.N4護岸工事現場は究極の環境破壊
 | カヌー他の没収…海上保安庁の「悪質な行為」
 | 2/15辺野古レポート
 └──── 千葉和夫(たんぽぽ舎ボランティア、在沖縄)

 2月15日(金) 天候:曇り、朝から海上では風強く7から8m/秒、波と
ウネリがあり1から1.5m、これくらい波があるとカヌーを漕ぐのは大変
だ!(個人的にはこれぐらいの波は悪くはないが)

<N4護岸工事現場>
 朝はクレーンで“汚濁防止膜”を設置していた。と聞くとこれを設置する
と投下した土砂から汚濁の拡散を防ぐようにイメージすると思うがあまり
効果があるとは思えない。単なるイメージ操作と言える。

<抗議/阻止行動>
チームは午前中、2度オイルフェンスを越えて抗議/阻止行動をおこ
なった。1度目は空振り、2度目は1人が現場に到達した。工事は20分以上
ストップした。その際、カヌーを引き離され、持っていたカヌーのロープも
引き離された。
 近くのGB(ゴムボート)の艇長が「カヌーを放棄した」との宣言をし、
結局カヌー、パドル、靴(片方)を没収される。
 えっ?!こんな理屈がなりたつのか、1人の男性に海保の若者数人がか
りで寄ってたかって押さえつけカヌーからムリムリ引き離されれば誰でも
握っていたカヌーから手を離す。
 こんなことが誰も見てない沖縄の海の上では普通に行われる。
 このような話を聞いてもにわかに信じることができないでしょう。
 その後、私たちの船の責任者が、海保の責任者に連絡したが結局「放置
カヌー」ということになってしまった。

*放置カヌーとみなされるとカヌーは米軍に引き渡される。こちらの責任
者が米軍と交渉し数日から数週間かかり返してもらえることは可能である
が、私はあえて「悪質な行為」と言っておく。
 これは私たちを拘束しGBに乗せて1時間30分以上も時間をかけて浜
まで戻すのと同じ悪質な行為である。これらは単なるイジメと言うより
組織的なリンチ(私刑)ではないだろうか?


┏┓ 
┗■3.安倍首相は「韓国は約束を破ってばかりいる」
 |  「全ては解決済み」と言うけれど…
 |  いずれの問題も日本の植民地支配に由来する
 | 竹島への韓国議員上陸問題  「その1」(5回の連載)
 └──── 渡辺マリ (たんぽぽ舎ボランティア)

1.2018年10月22日 竹島(独島)への韓国議員上陸問題

・1904年、アシカ漁を独占的に行うため、島を朝鮮領土と信じていた漁師
が日本政府から朝鮮政府に全面的に借りられるよう依頼してもらおうと
農商務省を訪れた。
 農商務省は「島の所属が分からず」、海軍省に問い合わせた。肝付水路
部長は「島の所属は未定である。しかし距離を測ると日本の方が10哩(マ
イル)も近い。その上、日本人漁師が島を利用しているのだから、日本領に
編入して然るべきだ」
・1905年、「今より」竹島を編入と閣議決定。「旭日旗」を掲げた軍艦
「橋立」を竹島に向かわせ海軍人夫を上陸させて仮設望楼を建設。
→なぜか?折からの日露戦争に勝利するためで、「アシカ漁のため」で
はない。
 そして朝鮮は日本帝国主義の保護国となり、5年後の1910年に併合され
てしまう。
⇒朝鮮から奪い取った島=竹島編入は植民地支配の第一歩

・韓国では、独島(日本名・竹島)は日本軍が朝鮮半島から最初に奪い取った
地として広く知られている。
・島根県が独島の島根県編入100周年の2005年2月22日を「竹島の日」
とする条例案を県議会に上程するに及んで、韓国側の対日批判が一挙に
噴き出した。
 日本大使館などへのデモが頻発し、一部には焼身による抗議行動さえ
あった。(新・韓国現代史 著:文京沫247頁より)
・「竹島問題」は日本にとっては単なる「領有権問題」だが、韓国にとって
は民族の尊厳が絡む「歴史問題」。
・これに対し日本側は:「わが国の立場に照らし、到底受け入れられず
極めて遺憾だ」

☆文大統領は2018年3月1日の記念式典で「竹島」問題を朝鮮半島略奪の
歴史として取り上げた。
 (註:竹島とは島根県編入と同時に、日本が勝手につけた名前。韓国では
独島という)
 (註:3月1日の記念式典=3・1抗日独立運動)
 1919年、朝鮮半島で日本の植民地支配に抵抗して起きた最大の独立運動
が起きた日。今年はその100周年記念が南北共同で開催される。
                     「その2」に続く

※関連の報告会と学習会のご案内

◆3/4(月)緊急報告第2弾~2月27日-28日の
 ハノイ第2回「朝米首脳会談」
 メディアが伝えない「本当の」最新取材報告

 お 話:浅野健一さん(「人権と報道・連絡会」世話人)
     [シンガポールに続きハノイで朝米首脳会談取材予定]
 日 時:3月4日(月)19:00~21:00
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円

◆3/12(火)学習会
 朝鮮半島の平和の動きと日本の責任~日本による植民地支配に抵抗した
 「三・一独立運動」は私たちに何を問いかけるか~

 お 話:鄭 栄桓(チョン・ヨンファン)さん
  (立命館大学コリア研究センター専任研究員)
 日 時:3月12日(火)19:00~21:00
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円

*****
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

東京五輪までに韓国・北朝鮮との関係改善が
必要になった安倍首相


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月16日より転載


 きょう2月16日の各紙が報じた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は15日、東京五輪の4競技で南北合同チーム結成の方針で韓国・北朝鮮と合意したと。

 その協議の中には日本が重視する柔道も入っている。

 この合意によって、安倍首相は、その時までに、韓国及び北朝鮮との関係改善にこぎつける事が不可欠になった。

 もしこのまま日本が韓国・北朝鮮との関係を悪化させたままなら、両国は東京五輪をボイコットするという脅しをかけてくる可能性がある。

 ボイコットされたら、主催国日本の面目丸つぶれだ。

 ましてや憲法9条を持つ平和国家を世界に誇る日本だ。

 いくら他のすべての事がうまく言っても、南北合同チームが不参加のまま行われる五輪はそれだけで失敗となる。

 おまけにプーチンのロシアは選手の薬物汚染問題がまだ尾を引いている。

 米国との関係いかんでは、あるいは北方領土問題に対する日本の出方いかんでは、ロシアも悪乗りして東京五輪をボイコットすると言い出しかねない。

 プーチンなら言い出しかねない。

 原発事故はコントロールされているとまで強弁して招致した東京五輪だ。

 みずからブラジルまで出かけて行って、マリオの姿までして東京で会いましょうとパフォーマンスした安倍首相だ。

 東京五輪を自分の手で主催するために三選まで果たした安倍首相だ。

 東京五輪は絶対に成功させなくてはいけない。

 特に、韓国・北朝鮮との関係は改善しなければいけない。

 安倍首相は、どんなに不愉快でも、韓国・北朝鮮との関係をこれ以上悪化させられないのだ。

 私が、「それでも天皇謝罪発言は大きな問題にならないと思う」理由がここにある(了)

*****




トランプ大統領のノーベル平和賞受賞を
推薦していた安倍首相


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月16日より転載


 今朝7時のNHKニュースが、笑い話のような、しかし、衝撃的なニュースを流した。

 なんとトランプ大統領が、昨年のノーベル平和賞受賞に際して、安倍首相がトランプ大統領を推薦する書簡をノーベル平和委員会に出していた事を伝える書簡を安倍首相からもらっていた事を誇らしげに暴露したのだ。

 記者会見でそうトランプ大統領が語っている映像が流されていたから、これはフェイクニュースではない。

 NHKのスクープ報道でもない。

 もはや世界中に知れわたった事実だ。

 しかもである。

 その理由としてトランプ大統領は語っていた。

 昨年6月の米朝首脳会談で北朝鮮との和解が出来た。

 これで日本に北朝鮮からのミサイルが飛んでくる危険性がなくなった。

 ありがとうと、その感謝を込めて、安倍首相は私をノーベル平和賞受賞に推薦したと伝えて来たと語っているのだ。

 これはものすごい暴露だ。

 さすがはトランプ大統領だ。

 外交儀礼もへったくれもなく、自分の宣伝なら何でもしゃべってしまうのだ。

 国会はこのNHKのニュースを徹底追及すべきだ。

 そして、その推薦状を国民に公開する事を求めるべきだ。

 そうすれば安倍外交の欺瞞が一瞬にして明らかになる。

 安倍首相は、米朝首脳会談の成功を日本の安全保障にとって良かったと大歓迎していたのだ。

 ならばなぜ、安倍首相は米朝会談の足を引っ張るような事ばかりしてきたのか。

 今からでも遅くない。

 安倍首相は公言すべきだ。

 日本は2月末に行われる2回目の米朝首脳会談の成功を日本の安全保障の為にも期待すると。

 米朝首脳会談で朝鮮戦争の終結宣言が実現し、本格的に朝鮮半島の和平が実現されるなら、それは日本の安全保障にとっても歓迎すべき事であることを安倍首相はいますぐ公言すべきだ。

 そして、今年こそ、それを実現したトランプ大統領はノーベル平和賞に値すると、もう一度推薦状を出すべきだ。

 安倍外交を揺るがすトランプ大統領の笑ってしまうような衝撃的な暴露発言だ。

 それを真っ先に報じたNHKは殊勲だ。

 はたして、他のメディアはこのトランプ大統領の暴露発言をどう後追い報道するだろうか。

 今朝一番のビッグニュースである(了)

*****



最後まで天皇陛下をいじめ通した
安倍首相は許せない

「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月16日より転載


 私は2月24日に行われる天皇在位30年記念式典は取りやめるべきだと思っている。

 間違いなくそれは天皇陛下の気持ちにそぐわないものであるからだ。

 かつて 2013年4月28日に安倍首相は、憲政記念館でサンフランシスコ講和条約発効の日を記念して「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を行った事があった。

 しかしその同じ日に沖縄では、宜野湾市の海浜公園において、「4.28『屈辱の日』がってぃんならん(許せない)沖縄大会」が開催された。

 すなわち沖縄にとっては、その日は日本から切り離されて米軍の統治下に置かれた屈辱的な日であるのだ。

 沖縄が悲しみ、怒る日にあわせて祝賀式典を行い、最後は万歳三唱までさせた。

 あの時の天皇陛下の戸惑った表情を今私は思い起こす。

 今度の天皇在位30年記念式典もまさしくそのようなものになる。

 いずれも自らの支援団体である日本会議の意向に沿ったものだ。

 日本会議の意向を天皇の意向より優先する首相など、この国の首相にとどめていいと言うのか。

 しかも、天皇在位以30年記念式典を企画・閣議決定した時と今では更なる情勢の変化がある。

 すなわち戦犯の子息である天皇陛下の謝罪を求めた韓国との間で、いま日本は底の見えない日韓関係の悪化の中にある。

 一番心を痛めておられるのは天皇陛下に違いない。

 そんな時に天皇陛下の在位30年式典など天皇皇后両陛下を苦しめるだけだ。

 天皇陛下は自ら反対の意思を表明できない。

 これは安倍首相の究極の天皇陛下いじめだ。

 最後の最後まで天皇陛下をいじめ通した安倍首相を国民は許していいのか。

 いまこそメディアはそう国民に問いかけるべきである(了)

*****




「天皇在位30年記念行事」の政府広報を
ひとり掲載した東京新聞

「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月16日より転載


 2月24日は沖縄で辺野古移設の賛否を問う県民投票が行われる日である。

 しかしその日は同時に天皇在位30年を祝う式典が行われる日である。

 その事を新聞報道の小さな記事で知った私は、その日の2月5日のメルマガ第87号で書いた。

 なぜメディアは天皇在位30年式典の事を大きく報じないのかと。

 辺野古移設の是非を問う住民投票と同じ日に祝賀式典を行うのは天皇を悲しませるだけではないかと。

 ところが、それ以来、沖縄住民投票に関する記事は毎日のように報じられるのに、天皇在位30年記念式典に関する記事は皆無だ。

 ましてや、私のように、天皇在位式典に疑義を持つ識者の意見はどこを探しても見当たらなかった。

 そう思っていたら、きょう2月16日の東京新聞が大きく報じた。

 祝賀式典の正式名称は政府主催による「天皇陛下御在位30年慶祝行事」であると。

 天皇皇后両陛下の御臨席のもと、各界の皆様が出席して、東京・国立劇場で2月24日の午後2時から執り行われると。

 なんと、沖縄の住民投票が行われているその真っ最中に、そしてその結果を皆が固唾を飲んで見守ってる真っ最中に、祝賀式典が行われるのだ。

 しかし、私が驚いたのは、その内容ではない。

 この東京新聞の記事が、東京新聞の取材記事ではなく、安倍政権の下で税金を使って行われた政府広報だったことだ。

 それに気づいて他の主要紙を見比べてみると、この政府広報を掲載したのは東京新聞だけである。

 他の大手紙はなぜ掲載しなかったのか。

 明日の新聞で掲載するのだろうか。

 それとも内閣府は東京新聞だけに広告を出したのか。

 あるいは東京新聞への広告を先行させて様子を見たのか。

 東京新聞は広告依頼を内閣府から受けた時、他紙にも広告を依頼したかどうか、確かめなかったのか。

 いずれにしても、きょうの東京新聞だけがひとり天皇在位30年記念の政府広報を大きく掲載した。
 
 政府広報を掲載するなとは言わない。

 広告収入も新聞社にとって重要な収入源だ。

 しかし、その前に東京新聞がする事がある。

 すなわち天皇在位30年記念式典について、取材報道し、その適否について社の意見を書くべきだ。

 天皇在位30年記念式典の政府広報を、ひとり今朝の紙面で掲載した東京新聞の真意を私は訝しく思う(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2019-02-17 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
イルカランド
a0043276_754877.jpg



a0043276_76499.jpg


a0043276_761740.jpg


a0043276_763162.jpg

# by kuroki_kazuya | 2019-02-16 07:08 | 写真 | Comments(0)
泊原発停止7年、
緩む現場 

北海道電力への不信広がる


2/15(金) 11:05配信より一部

北海道新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010001-doshin-hok

非常用発電機接続不良や消火設備凍結

 北海道電力泊原発(後志管内泊村)でここ数カ月、非常用発電機の接続不良の放置や、消火設備の凍結による一部損傷など、安全管理上のトラブルが相次いでいる。背景として、2012年5月の全3基停止から7年近く経過する中、「現場の緊張感や危機対応への想像力が低下している」などの指摘が専門家のほか、北電内部でも上がっている。北電は泊原発の再稼働を目指すが、道民の不安と不信感は募るばかりだ。

 「現場の緩みがここまで来たか」。電力事業を所管する経済産業省幹部は、このところ続く泊原発の問題に危機感をあらわにする。

 9日、北電が公表した泊原発の消火設備の損傷は、1、2号機の各消火栓に水を送る給排水処理建屋のポンプ室で発生。室内の暖房が不具合で停止中に、8日以降の記録的寒波で凍結したためとみられる。担当者は、周囲の別の暖房で補えるなどと判断し、事前に予想された寒波への特段の対応をとらなかったという。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2019-02-16 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)