スキーにはまっています。


by 幸田 晋

福島第1原発事故 スリーマイル島事故での担当者 「より深刻」と懸念表明

福島第1原発事故 
スリーマイル島事故での担当者、
「より深刻」と懸念表明

フジテレビ系(FNN)
3月17日(木)14時44分配信より


1979年に
アメリカ・スリーマイル島で
起きた原発事故の際、
現場で対応にあたった
原発の専門家が
FNNの取材に対し、
福島第1原発の事故について、
「スリーマイル島の事故よりも深刻だ」
として、懸念を示した。

アメリカ・NRC(原子力規制委員会)の
元担当官・バレット氏は
「スリーマイル島の事故よりも、
福島第1原発の事故の方がより深刻で、
難しい状況。

とにかく水で冷やして、
核物質を封じ込めるしかない」と語った。

さらに、
バレット氏は
「スリーマイル島の事故の時は、
その後、10年にわたって洗浄作業を行ったが、
福島第1原発の場合はもっと長くかかるだろう」
との見解を示した。

一方、
原子力規制委員会のヤツコ委員長は16日、
上院での公聴会で、
火災が発生した4号機の
使用済み核燃料プールについて、
「大部分の水が失われており、
放射能レベルがかなり高くなっているため、
処置を行うのに影響が出ている」
としたうえで、
「状況が更に悪化している」
と懸念を示した。

by kuroki_kazuya | 2011-03-17 15:14 | 核 原子力 | Comments(0)