スキーにはまっています。


by 幸田 晋

何と、いい加減な官僚ども  保安院検査官原発から1週間離れていた

何と、いい加減な
官僚ども
>
記事によると
西山英彦審議官は
22日の記者会見で、
一時撤退した理由について
「安全性に問題があり、
人間が暮らすには不便が多かった」
と述べた。

と、のこと。命を掛けて
日本国民を守るのでは、ないのか???
日本の官僚組織は!!!
            黒木

以下記事より
保安院検査官、
原発から1週間離れていた

読売新聞
3月23日(水)1時34分配信より


東京電力福島第一原子力発電所の事故に絡み、
経済産業省原子力安全・保安院の検査官が
事故発生後に約1週間、
同原発を離れていたことが分かった


西山英彦審議官は22日の記者会見で、
一時撤退した理由について
「安全性に問題があり、
人間が暮らすには不便が多かった」と述べた


検査官は各地の原発に赴いて、
原発の運営を監督している。

保安院によると、
今回の事故では検査官7人が
同原発で業務に当たっていたが、

15日に現地本部が福島県庁に移った際、
ともに県庁へ移動。


22日に、検査官2人が
同原発内の施設に戻った。


西山審議官は、
「食料をどう運ぶかという問題もある。
組織的な後方支援体制が取れなかった」と説明。


「最前線で実態を見ずに
東電側にアドバイスできるのか」と問われると、


「そこは選択の問題。
色んな困難を考えて当時は出たが、再配置した」
と答えた。

by kuroki_kazuya | 2011-03-24 02:40 | 核 原子力 | Comments(0)