スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日本出資の原潜解体費着服 元所長刑事訴追

日本出資の原潜解体費着服 
元所長刑事訴追

日テレ 
< 2011年3月11日 10:13 > より

老朽化した
ロシアの原子力潜水艦を
解体するため
日本が出資した資金のうち、
約1800万円を解体工場の元所長が着服していた。

 ロシア国営「イタル・タス通信」によると、ロシア極東連邦管区の警察は9日、ウラジオストクに近い極東の町・ボリショイカメニにある原子力潜水艦の解体施設「ズベズダ」の元所長を詐欺容疑で刑事訴追した。



ズベズダでは、
老朽化して放置されていた
ロシアのビクター3級原潜を解体するため、

07年に国際的な支援態勢が組まれ、
日本はその費用として
総額7億8000万ルーブル(約23億円)
を出資した。

この資金のうち600万ルーブル(約1800万円)を、
当時の所長のアンドレイ・ラスソマヒン容疑者が
架空の発注をするなどの手口で着服していたという。



 ロシア極東ではソ連崩壊直後から老朽化した原潜が放置され、放射能汚染のおそれが出ていたため、日本などが資金を提供し、原潜の解体事業を支援してきた。
by kuroki_kazuya | 2011-04-13 02:50 | 核 原子力 | Comments(0)