スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原発怖くてパニックの派遣自衛官、車両盗み逃走

第1特殊武器防護隊に所属する
前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹(32)
「当然の権利」を行使しただけ、だ。


なのに、以下の人間どもは、何だ!!!


東京電力の清水正孝社長が、
福島第1原子力発電所が深刻な事故に見舞われた
3月11日の東日本大震災の当日、
奈良市の「平城宮跡」を視察していたことが18日、分かった。

4月13日の会見では、
「関西の財界人との会談に出席していた」
とだけ説明していた。
東電広報部は
「具体的にどこにいたかは発言を控える」としている。

この処分は、どうなるのか!!!

又、この人間たちは、どう処分するのか!!!
国の原子力安全委員会
(班目=まだらめ=春樹委員長、委員5人)
の委員が17日、

東日本大震災後初めて福島県庁を訪れた

国の原子力災害現地対策本部に
「緊急技術助言組織の専門家」

として派遣されたためだが、

国の防災計画では原発事故の際には

「直ちに」現地入りすると定められた立場。

県から同本部に参加している内堀雅雄副知事は

「震災38日目にして初めて委員と話した。


現地に足を運んで被災者の声を聞き、
きちんと対応するよう伝えた」と、
同夜の県災害対策本部会議で報告した。

現地入りが遅れたことについて、
安全委事務局は記者団に
「国の災害対策本部や関係省庁から
の問い合わせに追われていた」
と釈明した。

これまで事務局員が加わっていた。


 委員は県の本部会議には顔を出さず、
本部長の佐藤雄平知事にも面会しなかった。

 佐藤知事は
「顔を出すのが常識じゃないだろうか。
何で今ごろ来たのか」と不快感をあらわにした。





原発怖くてパニックの派遣自衛官、
車両盗み逃走
読売新聞
4月19日(火)23時59分配信より


 福島第一原発への対処のため
福島県郡山駐屯地に派遣された
陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)
第1特殊武器防護隊に所属する

前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹(32)が、
自衛隊車両などを盗み、逃走したとして、
同駐屯地は19日、逮捕、
送検された3曹を懲戒免職にしたと発表した。

 
「原発事故への恐怖心でパニックになり逃走した」
と供述しているという。


 同駐屯地によると、
前床3曹は3月13日に郡山駐屯地に派遣されたが、
14日夜に自衛隊のトラックで逃走。
別の乗用車を盗んで逃走を続けた。
by kuroki_kazuya | 2011-04-20 01:26 | 核 原子力 | Comments(0)