スキーにはまっています。


by 幸田 晋

1号機「燃料が溶融の可能性」…  東電認める

1号機「燃料が溶融の可能性」…
東電認める


読売新聞
4月20日(水)22時30分配信より

 東京電力の松本純一・原子力立地本部長代理は20日、
燃料の約70%が損傷している

とみられる福島第一原子力発電所1号機の原子炉について
「燃料が溶融している可能性がある」と認め、
「圧力容器の中ほどに水あめのような状態で引っかかり、
底までは落ちていないだろう」と述べた。

 
理由として、圧力容器の底部の温度が上部より低いことを挙げた。


 東電はこれまで、
燃料の損傷状況について「表面に穴が開いたり、
燃料を詰めた合金製の被覆管が割れたりしているのではないか」
と説明し、溶融については明言していなかった。
by kuroki_kazuya | 2011-04-21 05:30 | 核 原子力 | Comments(0)