スキーにはまっています。


by 幸田 晋

女性社員、被ばく限度超える=消防機材を管理―福島第1原発

女性社員、
被ばく限度超える=
消防機材を管理―
福島第1原発


時事通信
4月27日(水)12時46分配信より
 

東京電力は27日、

福島第1原発で働く
50代の女性社員の被ばく線量が、
法定限度を超えたと発表した。

女性の1~3月の3カ月間の放射線量は、
上限の5ミリシーベルトを上回る17.55ミリシーベルトだった。


東電は、健康に影響はないと説明している。

 東電によると、女性は消防機材の管理を担当。

3月11日の震災発生後、屋外で消防隊を案内したり、
敷地内の免震重要棟で作業したりしていた。

事故前の放射線量は、計測限界値以下だった。

 東電は
「高濃度のダストが舞っている中で作業し、
防護服やマスクを脱ぐ際に
体内に取り込んでしまったのではないか」
としている。
by kuroki_kazuya | 2011-04-28 03:30 | 九電労組 | Comments(0)