スキーにはまっています。


by 幸田 晋

東電、尾瀬の土地売りたいけれど…

東電、
尾瀬の土地売りたいけれど…


読売新聞
4月30日(土)14時31分配信より


 群馬、福島など4県にまたがる
尾瀬国立公園(総面積約3万7200ヘクタール)
の約4割を占める
東京電力の所有地の行方が注目されている。


 福島第一原子力発電所事故の
被害者への補償金を捻出するため、

東電は保有資産の売却・整理を進める方針だが、

国立公園内の土地の売却は難しいためだ。


原発賠償金へ 

東電は尾瀬国立公園に
約1万6000ヘクタールの土地を所有している。

前身の電力会社が
1900年代前半から持っていた土地で、

現在は環境保護などのために毎年約2億円を拠出している。

東電の所有地は、
尾瀬ヶ原を含む特別保護地区では全体の約7割に達する。


 東電はホームページで
「日本の宝でもあり、世界の宝でもある」とうたい、

湿原の保護や観光客が歩くための
木道の整備などを行っている。

尾瀬は無料で開放されており、
収入はほとんどない。
by kuroki_kazuya | 2011-04-30 20:56 | 核 原子力 | Comments(0)