スキーにはまっています。


by 幸田 晋

首相、原発事故処理には「数十年単位」

首相、
原発事故処理には「数十年単位」

TBS系(JNN)
7月9日(土)18時49分配信より


「(福島第一原発)事故の処理をめぐっては、3年、5年、10年、いや最終的には数十年単位の処理の時間がかかる見通しになっております」(菅首相)

 菅総理はこのように述べた上で、今後のエネルギー政策をめぐり国民的な議論をしていく必要があると強調し、週明けには原発の安全基準に関する政府としての統一見解を示すことを明らかにしました。

 また、エネルギー政策をめぐる菅総理の最近の言動について、野党側が政権の延命のためではないかと批判していることに対しては次のように反論しました。

 「この問題を政局とかそういうことのためにやっているという報道があるとすれば、少なくともそれは私自身、あるいは内閣の全てのメンバーの気持ち、あるいは考えとは全く違います」(菅首相)

 一方、会議では、玄海原発の地元・佐賀県の県連幹部から、海江田経済産業大臣が現地入りする際にも連絡がまったくなかったなど、党本部に対する不満の声が出たということです。(
by kuroki_kazuya | 2011-07-10 05:31 | 核 原子力 | Comments(0)