スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<自民>原発推進転換へ…「縮」キーワードに

<自民>
原発推進転換へ…
「縮」キーワードに

毎日新聞
7月13日(水)22時51分配信より


 自民党は、原発増設など「原子力政策の推進」を軸とする政権与党時代からのエネルギー政策の転換に着手した。東京電力福島第1原発事故を受け、次期衆院選で原発問題が争点になる可能性が出てきたため、推進一辺倒では有権者の支持を得られないと判断した。ただ、政策の抜本見直しにつながる「脱原発」には党内に抵抗感が強く、原発数を減らす「縮原発」や、エネルギー政策の転換を図る「超原発」といったキーワードが浮上している。

 自民党は10年参院選の選挙公約で「地球温暖化問題の解決には原子力発電所の活用は不可欠であり、増設も含め、体制を整備する。発電量に占める原子力の比率向上に向け、整備点検や国の安全審査体制のあり方を再検討し、原子力政策を推進する」と明記した。

 しかし、谷垣禎一総裁は3月17日の記者会見で「これから後の原発立地が非常に困難になるのは間違いない。原子力政策を推進していくことはなかなか難しい状況になっている」と政策変更に言及。その後、党内論議は進まなかったが、菅直人首相が原発問題を争点に衆院解散に踏み切るのではないかという見方が広がり、同党もようやく重い腰を上げた格好だ。

 石破茂政調会長は「7月末や8月という時間的感覚を持たなければならない」として、衆院選に備えた新たなエネルギー政策の早期とりまとめに着手。5日には「総合エネルギー政策特命委員会」(委員長・山本一太参院政審会長)を設けた。

党内では
大胆な政策変更には慎重論が根強いものの、

山本委員長は
特命委の初会合で
「あらゆる政策をゼロベースで見直す」と述べた。

西村康稔経済産業部会長は13日、
「古い炉を廃炉していくと、
『縮原発』の方向になるだろう」と語った。


【念佛明奈】
by kuroki_kazuya | 2011-07-14 01:06 | 核 原子力 | Comments(0)