スキーにはまっています。


by 幸田 晋

天然ガスがいま熱い、効率は原発の約2倍!

天然ガスがいま熱い、
効率は原発の約2倍!

週刊SPA!
7月15日(金)16時29分配信より



★広瀬隆も太鼓判
[企業の自家発電能力]だけで
原発60基分!!


■天然ガス

「世界のエネルギーの趨勢は原子力からガスに移行するということが既に常識になりつつあります。天然ガスはCOなどの排出量が少ないクリーンなエネルギーです。それを燃料とする効率のよいガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電に火力の3割を切り替えれば原発なんて必要ないのです。タービンはジェット機のエンジンと同じようなもので、ものすごい出力があります。原発やほかの火力よりもずっと効率がいい」



原発推進に警鐘を鳴らし続けてきた
ジャーナリストの広瀬隆氏は
こう断言する。

その発電設備を持つ電力会社に聞いた。

「従来型の汽力発電方式では、ボイラーの蒸気で発電していました。GTCCはそれにガスタービンを組み合わせたもの。まず燃焼ガスでガスタービンを回し、次にその排熱を利用して蒸気タービンも回すのです」
(関西電力・地域共生広報室)



 発生した熱をなるべく逃がさずに利用する、いわば「一粒で二度おいしい」優等生である。関西電力・堺港発電所では三菱重工業製の世界最高水準の高効率を誇る最新鋭機が’09年から運転開始し、現在5台で200万キロワットの出力で原発2基分に相当する電力を生み出す。

「堺港発電所は
旧設備比で二酸化炭素を30%削減でき、
熱効率は41%から58%にアップしました」
(関西電力)。


 
原子力発電の熱効率は30%程度なので、

いかにこの方式が効率よいかがわかるだろう。

関電では2015年までに順次、

火力の部分をGTCC発電に転換していき、

636万キロワットまで高める計画だという。

by kuroki_kazuya | 2011-07-19 06:41 | 核 原子力 | Comments(0)