スキーにはまっています。


by 幸田 晋

玄海原発プルサーマル:MOX差し止め訴訟 九電、数値示さず /佐賀

玄海原発プルサーマル:
MOX差し止め訴訟 
九電、数値示さず 
/佐賀

毎日新聞
7月23日(土)14時47分配信より



九州電力玄海原発3号機で
実施されているプルサーマル発電の

MOX(プルトニウムとウランの混合酸化物)
燃料使用差し止め訴訟の

第3回口頭弁論が22日、
佐賀地裁(野尻純夫裁判長)であった。

原告側が求めていた12点の確認事項について、

九電側が説明の書面を提出。
しかし、企業秘密として示さない数値もあったため、

原告側は
「福島でこれだけの事故が起きているのに
示さないのはおかしい」と反発している。



九電側が示さなかったのは、
燃料棒の内圧に関する数値など。

原告側はこの数値が燃料棒の
不純物の含有率などとも関連し、

MOX燃料の危険性を検証する上で
重要だと主張している。


原告側の冠木克彦弁護士は
「福島の事故以降に企業秘密は通用しない。
真面目に安全性を立証するなら明らかにすべきで、
今後の弁論で数値を出さざるを得なくなるよう
追及していきたい」と話していた。

by kuroki_kazuya | 2011-07-24 04:38 | 核 原子力 | Comments(0)