スキーにはまっています。


by 幸田 晋

四国電のやらせ質問、元副社長が事前了承

四国電のやらせ質問、
元副社長が事前了承

読売新聞
7月31日(日)3時10分配信より


経済産業省原子力安全・保安院が
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の
プルサーマル計画に関するシンポジウムで

四国電力に動員などを要請していた問題で、

シンポジウムにオブザーバー出席した
当時の副社長(71)が30日、

読売新聞の取材に応じ、

「シンポへの社員らの動員や質問依頼は
実務者レベルで決まったことだが、
自分が了承していた」と述べ、

社員らによる「やらせ質問」を事前了承したことを認めた。



関係者などによると、2006年6月のシンポでは、社員の一人が四国電力作成の例文に沿い、「プルサーマルで発電所の特性や運転方法は変わらないのか」と質問。これに対し、元副社長は「燃料を受け入れる時には遮蔽つきの検査装置で検査します」と安全性を強調していた。
by kuroki_kazuya | 2011-07-31 03:13 | 核 原子力 | Comments(0)