スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中国・大連で化学工場撤去求め1万人抗議行動

中国・大連で
化学工場撤去求め
1万人抗議行動

読売新聞
8月15日(月)1時40分配信より



【大連(中国遼寧省)=角谷志保美】

中国東北部最大の経済都市・大連で
14日、
郊外にある化学工場の撤去を求める
市民ら約1万2000人が
地元当局施設前の広場で抗議行動を行った。



 当局側は市民らの要求を受け入れる形で工場の即時閉鎖を発表したが、一部では治安部隊と市民の小規模な衝突も起きた。

 抗議行動は14日午前9時ごろから開始。市民らが広場を埋めつくし、「危険な化学工場はいらない」「大連を守れ」などと連呼した。午前中に地元指導者が登場して群衆に向けて工場移転を約束したが、市民らは「信用できない」と抗議を続けた。

 午後には若者ら数千人が街頭でデモ行進。当局側は約3時間後、武装警察など治安部隊を大量投入して道路を閉鎖し、デモを解散させた。その際、一部のデモ参加者が治安部隊と衝突した。

 問題となっているのは、沿海部にある大連福佳大化石油化工有限公司の工場。ポリエステル繊維などの原料となる化学物質パラキシレン(PX)を製造している。今月8日の熱帯低気圧接近の際に近くの防波堤が決壊。有毒物質が流出する恐れが一時強まったことから市民らに反発が広がり、ネットなどでデモが呼びかけられていた。
by kuroki_kazuya | 2011-08-15 02:01 | 学ぶ | Comments(0)