スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<福島第1原発>サリーの放射線 作業員被ばく3.47ミリ

<福島第1原発>
サリーの放射線 
作業員被ばく3.47ミリ

毎日新聞
8月23日(火)23時45分配信より


福島第1原発で導入している
高濃度の放射性汚染水浄化装置「サリー」
の配管から、

毎時3シーベルトの高い放射線量
が計測された問題で
東京電力は23日、

作業員の最大被ばく量が
3.47ミリシーベルトだったと発表した。


計画線量5ミリシーベルトを超えた作業員はいなかった。


 東電によると、22日午前7時過ぎから計23人が交代で、放射性セシウムを吸着する部品交換作業をしていた。松本純一原子力・立地本部長代理は「(配管に付着していたとみられるセシウムの)塊は数グラム程度と思われるが、なぜ配管に付着したのかは分からない」と述べた。

 また、東電は、4号機使用済み燃料プールの水を循環冷却する装置の配管で、微量の水漏れが見つかったことも明らかにした。

 水漏れが見つかったのは、4号機廃棄物処理建屋内のステンレス製配管。縦14センチ、横15センチほどのにじみがあり、30秒に1滴程度、水がたれているという。同プールの放射性物質の濃度は低く、1リットルあたり約10ベクレル。配管の下に受け皿を置いて、冷却装置の運転は継続している。

【藤野基文】
by kuroki_kazuya | 2011-08-24 02:01 | 核 原子力 | Comments(0)