スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<福島第1原発>大津波試算 東電と保安院に見解の相違

<福島第1原発>
大津波試算
 
東電と保安院に見解の相違

毎日新聞
8月25日(木)21時18分配信より


 
東京電力が「福島第1原発に10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある」との試算を08年にまとめていながら、経済産業省原子力安全・保安院に今年3月7日まで報告せず、公表もしていなかった問題で、東電と保安院の間で見解の相違が表面化している。

 保安院の森山善範対策監は25日の会見で、「試算であったとしても、それまでの想定(1~4号機で最大5・7メートル)と大きな違いがあるのだから早く公表し、専門家の前で説明をすべきだった」と東電の対応を批判。一方、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「東電が勝手な想定をして原発の安全性を評価するよりも、(原発の津波対策の基準を策定する)土木学会の評価に基づいた方が合理性があり、その上で報告すべきだと思っている」と反論する。

 さらに保安院は、3月7日に東電から報告を受けた際、対応した耐震安全審査室長が東電に「設備面で対応が必要」と口頭指導したと説明。だが東電側は「そういう事実はない」(松本本部長代理)と否定している。

 
また、東電は25日、

08年の試算結果を経営層も把握していた
ことを明らかにした。

東電は08年10月、土木学会に対し、津波対策の基準となる「原子力発電所の津波評価技術」の改訂を要請した。

その際、当時の原子力・立地副本部長で、
事故後は副社長として会見などに出席していた
武藤栄顧問に報告し、了承を得ていた。

武藤顧問は事故後「想定外の津波」との説明を繰り返していた。

また、学会への要請後、
当時原子力・立地本部長だった武黒一郎フェローにも
報告していたという。


 一方、東電は25日、同原発3号機で26日から始める予定だった注水方法の変更を延期すると発表した。水を送り込むために使用予定だったステンレス製配管が、4号機使用済み燃料プール循環冷却装置で23日に微量な漏えいが見つかった配管と同じものだったため。

【藤野基文】
by kuroki_kazuya | 2011-08-26 04:01 | 核 原子力 | Comments(0)