スキーにはまっています。


by 幸田 晋

実習の刃使用、1週間で切断=鉄格子から脱走の少年―大阪府警

実習の刃使用、
1週間で切断=

鉄格子から脱走の少年―
大阪府警

時事通信
10月3日(月)20時0分配信より


 大阪府茨木市の浪速少年院で8月、収容中の少年(18)が脱走し、約40日後に逮捕された事件で、少年は実習で使った電動のこぎりの刃を切って部屋に持ち帰り、1週間かけて鉄格子を切断したことが3日、府警茨木署への取材で分かった。少年院は実習工具の破損に気付かず、管理に不手際があったことを認めた。
 同署によると、少年は7月末、職業訓練の一環で金属加工実習を受けた際、電動のこぎりの刃約10センチを金切りばさみで切り、持ち帰った。
 8月1日以降は巡回の少ない午後6~7時、個室窓の外側にある幅約2センチの鉄格子の溶接部分1カ所を少しずつ切り、同7日に切断した。同13日未明、鉄格子のもう一端の溶接部分をへし折って屋外に出て、持ち出した毛布で有刺鉄線のフェンスを乗り越え脱走。タクシーに乗って、堺市に向かったという。
by kuroki_kazuya | 2011-10-04 01:41 | 権力 暴力装置 | Comments(0)